山登りの楽しさが2倍3倍に! 憧れの山小屋泊で思い出の夜に

刻々と色を変える夕暮れの空、空からこぼれてきそうなほど頭上を埋め尽くす満天の星空……。日帰り登山では見られない、そんな日没後の景色に出合えるのは、山小屋に泊まる夜の特別な楽しみ。食堂や談話室で、他の登山客や小屋のスタッフさんたちとお話するのも、山小屋の夜ならではの楽しい時間だ。たまたま同じ夜に、同じ山に居合わせる者同士、不思議な一体感が生まれるのも魅力だ。

ここでは、「山小屋泊が初めて」という人に向けて、簡単に利用の仕方を説明しよう。山小屋独特のシステムやルールを知って、自分もまわりの人も気持ちよく過ごせるようにしたい。

山小屋の中はこんな風になっている!

山小屋は、山を目指す人の拠点になる施設。小屋には管理人(スタッフ)のいない無人小屋(避難小屋)と、管理人がいる有人小屋(営業小屋)がある。有人小屋は一般的に、寝具が用意されていて、寝る場所と食事が提供されるほか、大きな山小屋では談話室や図書室、濡れた雨具などを乾かすための乾燥室が備えられたところもある。なかには温泉やカフェが併設されたところもあり、最近はキレイで女性でも過ごしやすい山小屋も増えてきている。

ここでは、比較的規模の大きい有人小屋の場合で紹介しよう。

食堂

20170312_03_1 食事は食堂に集まっていただく。混雑時には2、3回に分かれて入れ替え制になることも。メニューは昔ながらのカレーもあれば、定食風に小鉢が並ぶもの、ビールやスイーツが楽しめるところもある。

お風呂やトイレ

20170312_03_2 (左)基本的にお風呂がない小屋がほとんどだが、温泉の湧く小屋や一部の沢沿いの小屋では入れることもある。その場合も、石けんなどは原則として使わない。

(右)水が貴重な山小屋では水洗トイレはごくまれ。微生物が排泄物を分解するバイオトイレなど、さまざまな形式がある。トイレが外にある小屋ではヘッドライトが必須。

売店や部屋

20170312_03_3 (左)売店では、軽食やビール、日用品などが買える。充実度は小屋によってまちまちだが、運送コストがかかるぶん値段は高め。バンダナやTシャツなど小屋オリジナルのグッズが買えるところも。記念のお土産探しも楽しい。

(右)相部屋で雑魚寝か二段ベッドというスタイルが一般的。なので、自分のスペースは布団一枚分が基本。ハイシーズンにはかなり混雑し、布団が部屋中ぎっしり敷き詰められる光景も珍しくない。小屋によっては追加料金で個室が利用できることもある。

談話室

20170312_03_4

談話室は、宿泊者同士が話したり、お酒やおつまみを持ち寄っていただくなど、自由に過ごせるスペース。山を介して広がる交流が楽しい。お酒を飲むときは翌日の行動に支障が出ないよう、ほどほどに楽しく、を心がけて。

山小屋の物資は、どうやって運ばれる?

ところで、この山小屋の物資はどうやって運んでいるのだろうと疑問に思う人も少なくないのでは? 高山の小屋の多くは、物資をヘリコプターで荷揚げしている。一方、地方の山域などでは今でも歩荷(ぼっか)さんが人力で担ぎ上げている。山小屋の食事やモノの陰には多大な労力が費やされているのだ!
20170312_03_5 (左)背中に背負子(しょいこ)をつけて荷物を運ぶ歩荷さん。
(右)アルプスなど高山地域の山小屋ではヘリが活躍。

山小屋泊の注意点

山小屋に泊まるときに気を付けるマナーは大きく分けてふたつ。ひとつは他の登山客や山小屋のスタッフに迷惑になるような行為は控えること。もうひとつは、自然に負荷をかけないよう、環境に配慮した行動をとること。つまり、夜遅くまで騒いだり、自分で出したゴミを残していったりするのはもってのほか! 山小屋では、旅館やホテル並みのサービスや快適さを求めるのではなく、「泊めてもらう」という謙虚な気持ちを忘れずに、分別ある行動をとろう。

20170312_03_6 営業期間や利用料金、予約の有無は小屋によって違うので、山行前にホームページなどで確認しよう。

標高が上がるにつれ気温が下がることに加え、山の上では夏でも朝晩はかなり冷え込む。有人小屋は暖房設備もあるが、外で星空や朝焼けを眺めるときなど、軽く温かな防寒着、防寒小物が大活躍。また、お風呂に入れない小屋では、汗拭きシートで体を拭えば気分もさっぱり。手ぬぐいも顔や体を拭いたり、枕に巻けば寝具を汚さないなど多用途に使える。

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

ランドネ TOPへ

No more pages to load