BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

高山植物(山の花好き)ライター・成清 陽の「ヤマノハナ手帖」#18 ニリンソウ

登山&撮影をライフワークとする花ライターがお送りする、高山植物の偏愛記。静かに、しかしアツ~く、お花をご紹介します!

咳に苦しめられ、ついにアレがキタかと思わされた年末。検査結果が陰性だった喜びもつかの間、気が気じゃなかった「正月に酒が飲めるか問題」(かなり重要)。そんなこんなで、ワタクシの年末年始は身も心も“バタバタ”のひと言でありました(結局飲めたので、“ズタズタ”にならずに済みました)。読者の皆様は、新年をまっさらな気持ちで迎えることができたでしょうか?ということで、本年の一番手は、清楚で有名、洗いざらしの洗濯物(?)のような爽やかさを放つこの花を……。ニリンソウ、満を持して登場です!!

二輪セットだから、ニリン草

Data
ニリンソウ(キンポウゲ科)
一般的な花期:5月~6月
主な生育場所:亜高山の林内など

「ニリンソウ、見~つけた♪」。名前には不思議な誘引力があるのか、山好きさんの山行記録にたびたび登場する、ニリンソウ。高山植物というカテゴリーにありつつも、実際に生えているのは、山麓~山中の湿った場所。めちゃめちゃ華美なわけでもないんですが、なぜだか人気者です。それは、やはりこの花が“清楚かつ、二輪そろって咲くから”。「うーん、納得!」……って、思ったアナタ、ちょっと待った。図鑑眺めると書いてある、ミステリーな一文がこちら。「二輪に限らず、三輪咲くこともある」。……ウソつき~!!

ナデシコじゃないのに“大和撫子”

ニリンソウの親類縁者には、「イチリンソウ」「サンリンソウ」など、まぎらわしい姉妹が存在するのも事実。まるで三つ子の清楚な娘がオトコを振り回す、アヴァンギャルドな小説のよう……とついつい妄想をしてしまいます。というのもこのお花、花びらに見えるガクの裏側に、じつはちょっとした“色仕掛け”が。そう、ほんのりピンク色に染まっているんです。だから、開花前のつぼみはなんとも控えめな色香漂う、大和撫子。その美しさに、胸ズッキュン♥です!!

判別は悩ましい?優秀な山菜

そんなステキなニリンソウは、新芽や葉が食べられるという優等生。これ、まあまあ有名な話ですが、チャレンジした人はどのくらいいるんでしょう。というのも、毒草が多いキンポウゲの仲間だけに、挑戦には少し勇気がいるかも。ニリンソウが生える湿った場所には、トリカブト(#3参照)も混生します。いっぽう、リサーチしてみると、肉料理に使うととても相性が良いのだとか……。コワイけど食べてみたい……でも、ちょっとコワイ。なかなか悩ませてくれる、まさに小悪魔な花ですね(笑)。

珍写真で見る、ちっこいタネ!

ニリンソウの花が咲く時期はそれほど長くありません。真っ先に春先の山中を彩ってハイカーの目を楽しませ、すっと消えていく……。そんな儚さも、人気のヒミツなのでしょう。そういった意味では、この写真はある意味、貴重。花の中心にあるライトグリーンの雌しべが、なんとなく膨らんでいるのがわかりますか?これ、タネになる途中なんです。「ったくもー、新年早々マニアックだな……」という声が聞こえそうですが、まあそんな楽しみ方もある、ということで。

頼むわ、ギフチョウさん!!

最後にご紹介したいのは、荒島岳登山中に撮影した、ニリンソウの群落写真。撮影に興じていると、ギフチョウがふわふわ……。「ニリンソウ✕貴重なチョウチョ=最高!!」。ワタクシ、つい先日まで自信満々だったんですよね。ところが、本連載の原稿を書きつつ写真を惚れ惚れ眺めていると、なんと吸蜜しているのはツボスミレ。ぬわにぃぃぃぃ!!……名誉のために書いておくと、ギフチョウのすぐとなりはニリンソウ。「いい連載にしたいんで、ギフチョウさん協力してよ~!」と思ったのでした。

さて、新年最初のニリンソウ、いかがでしたか?じつはかなりメジャーな植物かなと思いつつも、花の時期以外は、スルーされてしまうことも多いお花ですよね。かくいう私も例外ではなく、写真を探してみたら花ばかり。もう少し、時期を変えつつ追い求める必要を感じたのでした。ということで今年は、ますます植物の魅力をお伝えできるワンシーンを求めて、まずは春山を目指しますよ~!

それでは、また。
皆様のココロに、素敵な花が咲き誇りますように。今年もたくさん、山に登りましょう。

花ライター/会社員
成清 陽
大学時代から山を渡り歩いていた個性派キャラ。卒業後も、好奇心の赴くままに職を転々とし、自然ガイド、環境コンサル、ホテルマン、雑誌編集者、市営公園管理人を経て、現在は森づくり事業を担う会社員。好きな山は尾瀬、白山、御嶽、北岳。花が美しい山しか好きになれない、アルティメットな病なんです~!(笑)

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load