BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【1/23発売】ランドネ3月号の特集は「ちょうどいい3時間の山歩き」です。

ランドネ3月号の特集は「ちょうどいい3時間の山歩き」です!

さまざまな山を歩き、旅をするうちに”3時間”がひとつの時間の目安になると気づきます。山歩きって、疲れすぎず、物足りなすぎず、3時間くらいがちょうどいいよね。そんな会話をしたことがありませんか?日の短い冬の山旅で、山もふもとのまちも、できれば半分ずつ、充実させたいときも、やっぱり3時間がちょうどいい。「3時間」を軸に、山を歩き、まちを歩きながら、その土地の魅力をたっぷり味わうためのヒントを詰め込んだ内容です。

ランドネ3月号をAmazonで購入

一日の休みを充実させる桐生の山とまちを歩く旅[群馬県桐生市]

▲山とまちの距離がとても近くて地元の人の暮らしのなかにはつねに山がある、群馬県桐生市。一日あれば山とふもとのまちをたっぷりと楽しむことができ、休みの日の山旅にはぴったりの場所です。そんな山もふもとも楽しめる歩き方を桐生市出身の上久保匡人さんから案内していただきました。

山では冬だからこそ感じられる自然の魅力につつまれ、ふもとのまちでは、山で食べるごはんや行動食の調達、下山後のお買いものまでたっぷりと満喫しました。

わたしの山×まちの歩き方

▲全国の山のふもとで暮らす人がおすすめする「山×まち」の楽しみ方もご紹介。埼玉県のときがわ町に移住した青木達也さんと江梨子さんには、まちに暮らしながら、ふたりが出会い見つけたアウトドアな一日の楽しみ方を教えてもらいました。ふもとのまちを巡るにはレンタル自転車がおすすめだそう。行く先々ではアウトドアを愛する地元の人が営む素敵なお店と出会うことができました。

山旅上手さんの持ちものを拝見

▲山もまちあるきも楽しむ山旅上手さんはどんな持ちものを持って、どんなふうに楽しんでいるのでしょうか?今回は山好きさん3人のバックパックの中身を拝見!山とふもとでのウエアリングや、サコッシュとポーチの中身うあこだわりの山旅アイテムなどはもちろんのこと、山旅を身軽にめいっぱい楽しむための工夫なども教えてもらいました。次の山への準備から旅プランまで参考にしてみては。

山とふもと旅のエッセイ「マイヤマ山行記」

▲編集者・文筆家の若菜晃子さんによる、山旅の記録を綴ったエッセイも収録。山に行きたいなと思ったときに、気軽にさっと行ける山を、若菜さんは「マイヤマ」と呼ぶ。今回のエッセイでは若菜さんが「マイヤマ」へ行き、いままで歩いたことがなかった道を歩いたときに感じたことや呼び起こされた古い記憶がぎゅっと詰まっています。山に登ったことがあるひとなら、それぞれが覚えたであろう感動や、自分のホームマウンテンを思い起こさせるエッセイです。

3時間で歩く”プチ縦走”のルート集

▲”縦走”と聞くと、標高の高い山を思い浮かべるかもしれないけれど、日本には気軽に”縦走”を楽しめる低山が実はたくさんあるんです!プチ縦走の旅へ赴くためのルートアイデアや楽しむための準備チェックリスト、ギモン解決Q&Aなど、”プチ縦走”を満喫するためのガイドも。

ステップアップ連載:ワーケーションで住みたい町を探す旅へ

▲ステップアップ連載はワーケーションと移住がテーマです。
「いつか自然のそばで暮らしたい」。アウドドア好きなら一度はそんな思いを抱いたことがある方も多いのでは。そんな思いに共感する編集部員が八ヶ岳のふもとで体験した一泊二日のワーケーションをレポート!さらに、移住に踏み切り山のそばで暮らす山好きさんのインタビューや、さまざまなワークスタイルに合わせて選んだ全国のワーケーションスポットの紹介をしています。

ランドネ山大学オンライン「おいしい山コーヒーがのみたくて」

▲2カ月に1回開催している「ランドネ山大学」のテキストブック。今月は代々木のレストラン「ライフサン」の小木戸寛さんに、山で美味しいコーヒーを淹れるコツと合わせて食べたい山ごはんレシピを教わりました!このページを参考にしながら、1月30日(月)21:00から配信のランドネ山大学オンラインもお見逃しなく!

今月の付録は「エコ折りたたみランチBOX」

▲今月の付録は、手ごろな大きさで、食べたあとは折りたためる「エコ折りたたみランチBOX」。ちょっと小さめのおにぎりをふたつ入れたり、サンドイッチを入れたりするのに、ちょうどいいくらいの大きさです。大福やクッキーなどの行動食を入れるのにもぴったりです。デザインはシンプルながらもカラフルなカラーが自然のなかで映えそうな山並みをプリントしました。なかには、山の形の仕切りも付いています。蓋も底も、広げることでカッティングボードとしても使えます。アウトドアでも家でのちょっとした調理でもたくさん使っていただけるとうれしいです。

ランドネ3月号をAmazonで購入

 

 

Info

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load

x