BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

アウトドアに最適!ランチジャーで温かいご飯を食べよう!

保温効果が高く、時間が経ってもホカホカ弁当が食べられるランチジャー。さらにランチタイムが楽しみになります。温かい料理だけでなく、サラダや麺料理など冷たい料理もヒンヤリと美味しい温度をキープ可能です。

今回はランチタイムを充実させるランチジャーについて、以下の内容で詳しく紹介します。

  • ランチジャーはアウトドアにもおすすめ
  • ランチジャーを選ぶときのチェックポイント
  • 【容量別】おすすめのランチジャー16選!

アウトドアでのお弁当にもおすすめなランチジャー。さらに美味しいランチを楽しみたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

保温できるランチジャーはアウトドアにもおすすめ

通常の弁当箱に比べて、保温性が高いものをランチジャーと呼びます。温かい料理は温かく、冷たい麺料理なども冷たいまま、美味しく食べられるのが魅力です。カレーだってお弁当にできてしまいます。

さらにランチジャーは、職場や学校だけでなくアウトドアにもおすすめです。デイキャンプやピクニックでは、調理をしているとバタバタ忙しくなってしまうことも…。ランチジャーでお弁当を持って行けば、のんびりと時間を過ごせます。登山の風が冷たい山頂や、肌寒い時期のお花見では温かい料理に癒されるでしょう。

また夏の炎天下のアウトドアでは、普通の弁当箱では弁当が傷みやすくなります。温度変化の少ないランチジャーを使えば、暑い時期でも安心です。

ランチジャーにはさまざまなタイプがあり、弁当の何を保温したいかで選ぶ製品が変わってきます。ランチジャーの主なタイプは、以下のようなものがあります。

  • ご飯もおかずも保温できるタイプ
  • ご飯だけ保温できるタイプ
  • 丼タイプ
  • スープジャータイプ

スープジャーでは、熱いスープに具材を入れるだけの「保温調理」も可能です。保温による加熱で、食べる頃には美味しいスープが完成します。スープジャーは、忙しい朝の時短にもなる便利グッズです。

ランチジャーを選ぶときのチェックポイント

ランチジャーといっても、さまざまなタイプやサイズの製品があり、どれを選んでいいか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで、ここからはランチジャーを選ぶ際のチェックポイントを紹介します。しっかりポイントを押さえて、自分にぴったりのランチジャーを選びましょう!

食べる量に合わせた容量

ランチジャーを選ぶ際にまず悩むのがサイズです。基本的には、自分の食べる量に合わせてサイズを選びましょう。小ぶりなものをいくつか揃えて、複数使いするのもおすすめです。

男女別おすすめサイズ

性別や年代、食欲によってランチジャーの適したサイズが違います。以下は性別・年代別の目安となるランチジャーの容量です。

  • 子供/小食の方:300~400ml
  • 女性/中学生:400~600ml
  • 男性/中高生男子:700ml~
  • たくさん食べたい方:800ml~

入れる料理別

おにぎりとスープジャーの味噌汁など、ランチジャーに単品だけ入れる使い方もおすすめです。温かい料理が1つあるだけで、ランチの気分がぐんと上がります。

  • スープ:200~300ml
  • 多めのおかず(肉じゃが・おでん・カレールーなど):400ml~

アウトドアで使いやすい携帯性

アウトドアに持って行くなら、中身が崩れにくいランチジャーを選ぶのがおすすめです。平たいタイプよりも縦型タイプの方が、バックパックに入れてもランチジャーが横にならず中身が崩れません。

また専用トートバッグやショルダーベルト付き収納ケースが付きのランチジャーは、持ち歩きがぐっと楽になります。

保冷・保温機能をチェック

できるだけ保冷・保温効果が高いものを選んだ方が、出来立てに近い美味しい温度で食べられます。衛生面でいうと、20~40℃は一番雑菌が繁殖しやすい温度です。長時間、入れたての温度をキープできる製品を選ぶと、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままなので、雑菌が増えにくく安心です。目安の保温力は、40度以上の温度を6時間キープできるものであれば衛生的にも問題ありません。

お手入れのしやすさ

毎日使うランチジャーは、衛生的に使いたいもの。洗いやすさもしっかりチェックしましょう。パッキンが外せるものは、隅々まで洗えて清潔を保てます。また食洗器対応の製品を選べば、洗う手間が省けるので毎日のお手入れがかなり楽になります。

【容量別】おすすめのランチジャー16選!

ここからは、おすすめのランチジャーを容量別に紹介します。全部保温・ご飯だけ保温・丼・スープジャーと全てのタイプをピックアップしています。

日常使いにも!【300〜700ml】おすすめランチジャー

子供や女性、小食な方におすすめの300~700mlのランチジャー。スープジャーは、さまざまなサイズの製品をピックアップしました。

THERMOS(サーモス) ステンレスランチジャー JBC-801

保温性の高い真空断熱構造容器で、ご飯・おかず・スープ容器を保温するランチジャー。箸と箸ケース、収納バッグも付いており、これ一つあればホカホカ弁当ライフが始められます。容器が多いですが、食洗機が使えるのでお手入れが簡単です。

  • メーカー参考価格:6,050円
  • サイズ:13×11.5×高さ17.5cm
  • 容量:690ml
  • 重量:600g
  • 保温効果時間(6時間後):61℃以上
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:可※保温容器は除く
  • 付属品:専用バッグ、箸、箸ケース

公式サイトでみる

ASVEL(アスベル) ランタスBS ステンレス保温ランチボックス 700mL

ご飯・おかず・スープ容器を、真空断熱構造のステンレス容器で保温。6時間後もホカホカ弁当が食べられます。中の容器はレンジ使用可能なので、朝早い時は前日に中身を詰めておけば、朝はチンするだけで準備完了です。銀イオンが抗菌加工されており、衛生面も安心です。

  • サイズ:幅13×奥行11.4×高さ18cm
  • 容量:700ml
  • 保温効果時間(6時間後):65℃
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:可※保温容器は除く

公式サイトでみる

THERMOS(サーモス) 保温ごはんコンテナー JBP-250

「ご飯だけ温かければ満足」という方におすすめの「保温ごはんコンテナー」。ステンレス製の真空断熱構造の保温ケースと専用ポーチで、ご飯をしっかり保温します。デイキャンプでは、ホカホカご飯を持って行き、レトルトカレーを湯煎で温めるなんて使い方もアリです。

  • メーカー参考価格:4,400円
  • サイズ:9.5×9×高さ10.5cm(専用ポーチは含まず)
  • 容量:250ml
  • 重量:300g
  • 保温効果時間(6時間後):50℃以上(専用ポーチ無し)、53℃以上(専用ポーチに入れた状態)
  • 食洗機可否:可※保温ケースは除く
  • 材質:ステンレス、その他
  • 付属品:専用ポーチ

公式サイトでみる

象印マホービン 保温弁当箱 お・べ・ん・と SZ-JB02

「傷みやすいおかずはしっかり冷ましたい」という方におすすめなランチジャー。ご飯だけを保温するタイプで、常温用おかず容器が2個付属しています。スリムな縦型の専用ポーチ付きで、バックパックにもすっきり収まります。専用ポーチは開くとランチョンマットになるので、アウトドアでも気軽に弁当が広げられます。

  • メーカー参考価格:6,600円
  • サイズ:10.5×9×20.5cm(ポーチなし)、15×9.5×25cm(ポーチ含む)
  • 容量:620ml
  • 重量:440g
  • 保温効果時間(6時間後):49℃以上(ポーチなし)、53℃以上(ポーチに入れた場合)
  • 食洗機可否:不明
  • 付属品:専用ポーチ、箸

公式サイトでみる

Skater(スケーター) 真空 保温 弁当箱 550ml スヌーピー

スヌーピーが可愛いランチジャーは容量550mlで、女性にちょうどよいサイズです。ご飯とおかずを2段で入れられます。汁漏れしにくいので、上段にはカレールーや牛丼の具などを入れて丼弁当も楽しめます。

  • メーカー参考価格:4,730円
  • サイズ:直径11.6×高さ12cm
  • 容量:550ml
  • 重量:415g
  • 保温効果時間(6時間後):保温効力/51度以上、保冷効力/13度以下
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不可

公式サイトでみる

TIGER(タイガー) 真空断熱フードジャー MCL-B025

小さめサイズのスープジャー。弁当にプラスするのにちょうどよいサイズです。ジャーの底が丸底で口径7cmの広口タイプなので、スプーンで食べやすくなっています。汚れが付きにくい「スーパークリーン加工」がされており、汚れや匂いが付きにくく、洗う際も汚れがサッと落ちます。

  • メーカー参考価格:5,280円
  • サイズ:直径9×高さ10.5cm
  • 容量:250ml
  • 重量:240g
  • 保温効果時間(6時間後):保温効力/49℃以上、保冷効力/13℃以下
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不可

公式サイトでみる

STANLEY(スタンレー) クラシック真空フードジャー

真空断熱ボトルの先駆者である、アメリカのブランド「スタンレー」。耐久性が高く、カッコいいボトル類が人気です。「クラシック真空フードジャー」も、ちょっと無骨な雰囲気が魅力のランチジャー。保温性が非常に高く、6時間後も67℃以上の高温を保てます。スープだけでなく、麺類も食べやすいスポーク付きです。

  • メーカー参考価格:5,940円
  • サイズ:9.9×8.8×高さ13.9cm
  • 容量:410ml
  • 重量:340g
  • 保温効果時間(6時間後):保温/67℃以上、保冷/8℃以下
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不明
  • 付属品:スポーク

公式サイトでみる

ZWILLING(ツヴィリング)サーモフードジャー 700ML

ドイツのキッチンウェアブランド「ツヴィリング」。特にナイフなどの刃物製品が有名です。ツヴィリングの「サーモフードジャー」は、6時間後でも69℃と、最高レベルの保温性を誇ります。700mlの大きめサイズで、一食分に相当する容量が入ります。蓋には折り畳みスプーンが付属しており、さらに蓋は食器としても使用可能です。

  • メーカー参考価格:4,400円
  • サイズ:直径10×高さ17cm
  • 容量:700ml
  • 重量:500g
  • 保温効果時間(6時間後):保温/69℃以上、保冷/7℃以下
  • 材質:ステンレス
  • 食洗機可否:不明
  • 付属品:スプーン

公式サイトでみる

大容量!【800〜1400ml】おすすめランチジャー

とにかくたくさん食べたい方におすすめな、大容量ランチジャーを紹介します。中高生の部活男子も納得の大容量タイプや、ファミリーキャンプで使える大きめスープジャーなどをピックアップしました。

Skater(スケーター)抗菌 保温弁当箱 真空ステンレス ランチボックス 820ml

ステンレス製のシンプルなデザインがかっこいいランチジャー。生活感が出ないので、アウトドアでもおしゃれな食卓を作れます。ご飯・おかず容器が保温容器に内蔵。中の容器は電子レンジ可能なので、入れる前にチンするとさらに温かい状態をキープできます。

  • メーカー参考価格:4,400円
  • サイズ:直径13.5×高さ13.5cm
  • 容量:820ml
  • 重量:615g
  • 保温効果時間(6時間後):保温効力/64℃以上、保冷効力/9℃以下(6時間)
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不可

公式サイトでみる

パール金属 ホームレーベル 全真空ステンレスランチジャー HB-5668

保温性を高めるため、蓋まで真空断熱構造になっている保温容器。中にご飯・おかず・スープ容器が入ります。実勢価格が3,000円以下でリーズナブルな価格も魅力です。

  • メーカー参考価格:5,280円
  • サイズ:幅15×奥行13.5×高さ17cm
  • 容量:970ml
  • 重量:940g
  • 保温効果時間(6時間後):63℃以上
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗器可否:不明

公式サイトでみる

ASVEL(アスベル) ランタス 保温弁当箱 HLB-B1050CS 保温バッグセット

ブラックカラーがかっこいいランチジャー。おしゃれなポーチ付きで、ランチタイムをスタイリッシュにしてくれます。ご飯・おかず・スープ容器が保温ケースにコンパクトに収まります。バックパックにもすっきり収納可能です。

  • メーカー参考価格:4,098円
  • サイズ:幅13.1×奥行15.7×高さ23.3cm
  • 容量:1050ml
  • 重量:930g
  • 保温効果時間(6時間後):65℃
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:可※保温ケースを除く
  • 付属品:保温バッグ、箸、箸ケース

公式サイトでみる

THERMOS(サーモス) ステンレスランチジャー/JBG-1801

たくさん食べたい方におすすめな1300mlサイズ。部活男子も納得です。保温容器にご飯・おかず・スープ容器を収納。保温容器のストラップは、手持ちや肩掛けに長さ調節可能です。保温容器以外は食洗器使用OKで、毎日のお手入れも簡単です。

  • メーカー参考価格:8,250円
  • サイズ:16×13.5×高さ21cm
  • 容量:1,300ml
  • 重量:1kg
  • 保温効果時間(6時間後):68℃以上
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:可※保温容器は除く
  • 付属品:箸、箸ケース

公式サイトでみる

TIGER(タイガー) 真空断熱ランチジャー LWU-A202

魔法瓶で有名なタイガーのランチジャーは、6時間後も72℃をキープする最高レベルの保温性。保温容器にご飯・おかず・スープ容器を収納します。ご飯容器には茶碗4杯分も入る容量1,400ml超えで、体を動かす仕事の方や部活男子もきっと満足するはず。

  • メーカー参考価格:9,900円
  • サイズ:15×14.7×高さ23.6cm※ はし箱ポーチとベルトを含まない
  • 容量:1,410ml
  • 重量:1.1kg
  • 保温効果時間(6時間後):72℃以上
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不可
  • 付属品:箸、箸ケース

公式サイトでみる

象印マホービン 保温弁当箱 SZ-MB04

象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥2,970 (2024/06/15 21:18:56時点 Amazon調べ-詳細)

ランチ時間が遅くなりがちな方におすすめなのが、傷みにくいご飯だけ温めるランチジャー。保温できるご飯容器に常温用のおかず容器が2個付属。おかずは冷ましてから入れれば、傷む心配がありません。保温性を高めるポーチ付きで、ご飯はホカホカで食べられます。容器は抗菌作用のある銀イオン加工、ポーチは丸洗いできるので、衛生面はばっちりです。

  • メーカー参考価格:3,608円
  • サイズ:19×11×11(ポーチなし)、21.5×12×20(ポーチ含む)
  • 容量:960ml
  • 重量:600g
  • 保温効果時間(6時間後):54℃以上(ポーチ無し)、56℃以上(ポーチに入れた状態)
  • 食洗機可否:不可
  • 付属品:箸、箸ケース、ポーチ

公式サイトでみる

パール金属 ホームレーベル どんぶりランチジャー1060 HB-4744

丼弁当を豪快に食べたい方におすすめな「どんぶりランチジャー」。真空断熱構造の保温容器にご飯・おかず容器が内蔵。ご飯容器には茶碗2.7杯分が入るので、大盛りサイズの丼ランチが楽しめます。牛丼やカツ丼の丼料理だけでなく、冷たい麺料理にもぴったりです。

  • メーカー参考価格:5,170円
  • サイズ:幅17×奥行15.5×高さ11.5cm
  • 容量:870ml
  • 重量:620g
  • 保温効果時間(6時間後):43℃以上
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不可

公式サイトでみる

Hydro Flask(ハイドロフラスク) 28オンス フードジャー

2009年創業の、アメリカの人気断熱携帯ボトルブランド「ハイドロフラスク」。「28オンス フードジャー」は800mlを超える大きめで、一食分のランチが丸々入ってしまうサイズです。ファミリーキャンプなら、4人分のスープが入ります。本体には真空断熱構造、フタにはハニカム断熱構造を採用し、高い保温性を実現しています。

  • メーカー参考価格:6,490円
  • サイズ:直径10.9×高さ14.4cm
  • 容量:828ml
  • 重量:445g
  • 保温効果時間(6時間後):不明
  • 材質:ステンレス、その他
  • 食洗機可否:不明

公式サイトでみる

ランチジャーでアウトドアでも温かいご飯を!

お弁当の美味しい温度をキープでき、時短料理も楽しめるランチジャー。学校や職場だけでなく、デイキャンプなどアウトドアに持って行くのもおすすめです。

今回はいつもの弁当がパワーアップするランチジャーについて、以下の内容で詳しく紹介しました。

  • ランチジャーはアウトドアにもおすすめ
  • ランチジャーを選ぶときのチェックポイント
  • 【容量別】おすすめのランチジャー16選!

ランチジャーがあれば、ランチタイムがさらに楽しみなものになります。ぜひ皆さんのランチスタイルにぴったりのランチジャーを見つけて、ホカホカ、冷え冷えの美味しいランチを堪能してくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load