BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【9月】紅葉を楽しみながら歩く!編集部おすすめの山紹介 #1|北海道・旭岳

もうすぐ、皆さんお待ちかねの紅葉シーズンがやってきます。

気温が少しずつ下がりはじめ、山歩きへのモチベーションが高まる秋の季節。赤や黄に色づく草木や、美しい山肌を眺めながら、山歩きを楽しみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

今回の企画では、秋の山歩きを待ちわびている方に向けて、編集部がおすすめする「紅葉を楽しむことができる山」を、見頃の時期ごとに紹介します。今年の紅葉シーズンは色々なところに行ってみたい!と考えている方は、紹介している3つの山すべてに足を運んでもいいかもしれません。

当記事では、9月に紅葉を楽しむことができる『北海道・旭岳』についてまとめました。ぜひ、最後までご覧くださいね。

日本で一番早く紅葉を見ることのできる山

▲裾合平から見える景色(旭岳姿見駅から約2時間30分ほど)。

例年9月上旬から、紅葉していく様子を見ることのできる旭岳。標高は2,291mほどあり、北海道の中で一番高いとされている山です。

旭岳山頂までは、ロープウェイ駅から約2時間ほど歩くと到着できます。9月半ばを過ぎるといつ初雪が降ってもおかしくありません。防水性に優れたレインコート、ニット帽や、防寒手袋など防寒アイテムは必須です。北海道最高峰に登りたい方は旭岳へ、日本一広大なチングルマのお花畑が見たい方は裾合平が、体力に自信がある方は旭岳から裾合平一周コースがオススメです。

季節の移り変わりをロープウェイからみる

夏から秋にかけて、だんだんと色づき始める草木を眺めることのできるベストシーズン。ロープウェイからは、旭岳に自生しているナナカマドやダケカンバをみることができます。高山植物が彩る美しいコントラストは、一目見て驚くこと間違いありません。

駅の先にある「姿見の池」を散策するコースにかかる時間は、約1時間ほど。多くの高山植物で溢れた、旭岳でしか見られない絶景を楽しんでみてくださいね!

料金(6/1~10/20)

  • ・大人 往復:3200円 /片道:2000円
  • ・子ども 往復:1600円 /片道:1000円

9月の時刻表

  • 平日始発: 6:00 〜 最終17:30
  • 休日始発:6:00 〜 最終17:30

行動食の販売も!限定のフードまで盛りだくさん

▲ひがしかわ野菜ゴロゴロカレー
▲お山のコロッケ

旭岳周辺の施設では、北海道のおいしい食べものが味わえる施設がたくさん!紅葉シーズンは、旭岳ロープウェイ「姿見食堂」で販売するカレーやコロッケがおすすめです。どちらも旭岳オリジナルの商品で、地元の野菜をたっぷりと使用しているのが特徴。どちらも人気の食事メニューなので、美しい景色を楽しみながらお腹を満たしてみてはいかがですか?

行動食におすすめなのは「玄米おむすび ちゃみせ」が販売する、秋の新米を使ったおにぎり。地元では有名なお店で、朝7時半ごろから購入が可能です。登山の軽食として持っていくのにぴったりなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

  • OPEN:火、水曜/7:30-9:00
    木〜日曜→7:30-14:00 ※無くなり次第閉店
  • CLOSE: 月曜(不定休あり)

また、ひがしかわ道草館にて販売している「パンドゥランドネ」の『山のおとも(スパイシーカレー味・フルーツ味・ チョコレート味)』も、登山者に人気の商品です。登山携行食として展開している山のおともですが、地元で獲れた新鮮な野菜を使っており、手軽に食べることができるのが魅力。登山好きへのお土産にもぴったりですよ。

登山帰りに立ち寄りたい!周辺の温泉施設

▲宿泊者限定で入ることのできる「ユコマンの湯」

旭岳には、周辺に温泉施設が9件ほどあります。その中でも特に人気なのが、旭岳温泉地区で唯一たくさんの源泉を持つ「湯元湧駒荘」。 日帰り入浴はもちろんですが、宿泊者だけが楽しめる秘湯もあり、特別感を味わうことができますよ。登山で汗をかいた後に、美しい自然に囲まれながら温泉を楽しむ時間は、至福のひとときとなるはず。

施設ごとに泉質は異なるので、効能を調べてから温泉を選んでみるのも楽しいですよ。標高1000mの高地での入浴は、心身ともに安らぐことができそうです。

また、旭岳温泉は国立公園の中にあり、景観を配慮して建てられていることから、宿や施設には高さ制限が設けられています。建物も一定の距離を保っているので、広々とした印象があるのが特徴です。

旭岳ビジターセンターで自然について考える

麓にある旭岳ビジターセンターでは、まるで山に登ったかのような気分になれるVRゴーグルの鑑賞を始め、大雪山の歴史などを含めた展示や、登山情報の共有、高山植物の観察会なども行なっています。展示スペースでは、大雪山周辺に生息する動植物について、剥製や解説付きで学ぶことができます。北海道だからこそ出会える生き物について知る機会にもなるはず!

また、現地でしか購入ができない、旭岳ビジターセンターオリジナルのモンベル商品を売店にて販売。その他、大雪山にちなんだTシャツやステッカーなども準備しているので、興味がある方は要チェックです。

まとめ

旭岳には、遊歩道や、登山ルートがいくつかあるので、ご自身の体力と経験に見合ったコースを選んでみてください。旭岳線バス「いで湯号」を使えば、駅や空港からのアクセスも簡単ですよ。

とにかく眺望がよく、涼しい環境で山歩きを楽しむことができるので、紅葉の時期には特におすすめしたい山です。ぜひ日本で一番最初の紅葉狩りに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load