BIONTECH・バイオンテック インソール スーパーライト【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は家庭用の電子レンジで手軽に熱成型できるBIONTECH・バイオンテック インソール スーパーライトをテストしてみた。

手軽な価格で、自分の足型に熱成型ができる薄型インソール!

このバイオンテックインソールは、ランニングやサイクリングなど多くのスポーツシューズに使えるインソール。解剖学的形状に基づいた設計が、ヒザや足首、ひいては筋肉への衝撃を軽減する。今回紹介する「スーパーライト」は、ノーマルと比較してボリュームを20~30%減らし、軽量化を施したモデルだ。
その特徴は家庭用の電子レンジで手軽に熱成型が行えること。熱成型自体はインソールとしては珍しくないが、4000円を切る価格ではめったにない。成型にかかる時間もわずかで、まさにコスパに優れた一品といえる。今回は加熱後、MTB用ビンディングシューズに挿入して長時間ペダリングしてみた。

足裏アーチのサポートで、サイクリングにも歩行にも好影響!

あくまで歩行時の数値ではあるが、安定性が+44%、足首への衝撃はなんと126%も軽減される! 連鎖的に腰へのダメージも軽減される

裏地の黒い部分はハサミでカットして、サイズを調整できる。ビンディングシューズの種類によって微妙にソール形状が異なるのでありがたい

インソールをレンジに入れて500Wで40秒温めた後、シューズ内で足を2分間乗せる。その後1時間歩行(もしくはペダリング)してなじませる

ヒールカップ部分がやや高く、カカトを気持ちよくホールドしてくれる。前面からは見るとインソール全体の凹凸が確認できる

「スーパーライト」なのでノーマルと比較すると、少しボリュームダウンしている。ただし一般的なインソールと比較すると、それでもやや厚い

INFO
バイオンテック・バイオンテック インソール スーパーライト
3900円(税抜)
●ヨーロッパサイズ:35、36、37、38、39、40、41、42、43、44、45、46 ●重量:74g(ノーマルモデルは97g)

 

TESTER’S IMPRESSION

3900円で熱成型! 足への当たりが心地よく感じる!

まずは成型から。40秒の加熱後、ほどよい温度のうちに靴下で上に乗る。大きく形状が変わるわけではく、わずかにへこみが付くくらいだが、足への当たりは確かに変わる。靴に挿入するとカカト部分の高さが若干上がる。もともと入っていたインソールによってはフィーリングが異なるだろう。
そして気になるペダリングについて。足裏とインソールの密着度がシューズ内で増すのを確かに体感できる。とくに土踏まずとカカト部分だ。「一気にペダリングパワーがアップした!」とまでは言えないが、フィット感が増し、気持ちのいい安定感を得られる。個人的にうれしいのは、他のシューズインソールと比較して硬くない点。
ロード用シューズのインソールはパワー伝達のために硬いモデルが多いが、こちらはやや柔らかめ。歩きを含むツーリングやサイクリング、つまりロードシューズよりMTBシューズに最適なモデルだ! 重量減の効果は正直わからないが、デメリットはないのでOK(笑)。

TESTER
ハマダ
元サイクリングショップ店員の編集部員。足のサイズは43.5(約27.5㎝)で偏平足気味。学生時代、靴屋でアルバイトしていた経験もある。歩行用もサイクリング用も過去に複数インソールも試していて、やや柔らかめのモデルが好み

6

問:トライスポーツ www.trisports.jp
TEXT:浜田幸紀(編集部) PHOTO:荒木優一郎
(出展:『BiCYCLE CLUB 2019年3月号』TEST ME)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load