BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

GIANT・ガヴィア コース 0 タイヤ【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回はジロ・デ・イタリアでも屈指の厳しさを誇るガヴィア峠に由来し、その名が付けられたGIANT・ガヴィア コース 0 タイヤを、編集部の山口がチェック!

最上級にしてオールラウンドなチューブレスレディータイヤ

高密度170TPIケーシングを採用したチューブレスレディタイヤのトップモデル。シーラントは必須となる

完成車ブランドにとどまらず、優れた総合パーツブランドとしても広がりを見せるジャイアント。近年は新たなパーツブランド「カデックス」を立ち上げるなど、ますますその勢いを増している。
そんなジャイアントブランドのなかで、今期新しく出てきたのがこの「ガヴィア コース0 タイヤ」だ。ジロ・デ・イタリアでも屈指の厳しさを誇るガヴィア峠に由来するチューブレスレディータイヤに、最新モデルが追加されたかたちだ。とくにオールシリカベースのRR-Sコンパウンドが優れた転がり効率を実現。それでいて最上位モデルにありがちな耐久力不足に対しても、ケーシングにケブラーの新素材を組み込ませることで耐刃性を強化。軽やかでスムーズな乗り心地が長続きするように設計されている。
またホイールへの固定力が重視されるチューブレスレディータイヤとして、カーボン・ケブラーコンポジットビードを採用。シーラントの注入と合わせることで空気の漏れをしっかりと防ぐ。ホイールも含めたトータルブランドならではの高品質なモデルだ。

ホイールとの組み合わせを考えた、最新チューブレスレディー

軽く丈夫なカーボンケブラーコンポジットビードで、しっかりリムに固定できる。しかし全体としてはしなやかで、ケーシングの密度が乗り心地のよさに貢献
オールシリカベースのRR-Sコンパウンド採用(緑の部分)。幅広い路面条件下で高い転がり効率とグリップ性能を発揮。トレッドパターンでも転がり抵抗低減

 

GIANT・ガヴィア コース 0 タイヤ

7500円(税抜)
●規格:チューブレスレディー ●サイズ:700×25C、28C ●ケーシング:170TPI ●重量:315g(25C)

トータルブランドの強みを生かしたチューブレスレディー

このタイヤの特徴は、なんといっても従来のチューブレスレディーにはない取り付けやすさだ。リムにタイヤを取り付ける際、ビードははめやすく、さらに空気を入れると簡単にビードがあがる。一連の流れがスムーズに行えるのはタイヤとホイールをともに設計しているトータルブランドだからといえよう。チューブレスレディーの取り扱いに躊躇しているライダーにお勧めしたいタイヤだ。
また、走りの軽さ、コーナーリングでの安定感がわかりやすい。重量は315g(25C)と、チューブレスレディーとしては決して軽くはないが、とくに転がり抵抗は少なく、走りの軽さを感じる。ロードレースからロングライドまで幅広く対応できる。また、ケーシングは柔らかいというより、やや硬めで、シリカベースコンパウンドのグリップによりコーナーを安定して曲がっていくタイヤのように感じられる。ライダーの腕にかかわらず、安心してコーナーを走ることができ、さらにウエットコンディションでも安心して乗れるタイヤだ。

TESTER/ヤマグチ

かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。44歳を迎えた現在、体力の衰えをカバーしつつもロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究する

問:ジャイアント www.giant.co.jp

 

その他のTEST MEの記事はコチラから。

「TEST ME」一覧

出典

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load