BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【バイシクルオブザイヤー2020】DE ROSA・MERAK

今年も始まった「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」!
栄えある栄冠はどのバイクに!? 選考委員会による10台のインプレッションをレポートする。

新しいブランドロゴとともに現代のロードシーンに再臨した名作

2000年に世界選手権を制覇したアルミバイクをルーツとするメラク。その後カーボンバックから、フルカーボンへとマテリアルを変更。しばらくの充電期間を経てハイエンドの軽量カーボンバイクとして蘇ったのが新生メラクだ。フレーム重量800gながら単なる軽量バイクにとどまらず、デローザのもつテクノロジーを結集し、現代のロードバイクに求められるスペックを追求したモデルとなっている。ディスクブレーキの採用に加えて、ハンドルまわりのケーブル類の完全内装化やフレーム形状の最適化によるエアロダイナミクスの向上など、与えられた性能は名作を現代へと復活させるのにふさわしいものだ。走りにおいても軽さを生かした卓越したクライミング性能だけでなく、振動吸収性にも配慮することで、あらゆる条件に対応する。ブランドロゴも、よりシャープな印象を与えるものに一新。性能面の高さは言うに及ばず、由緒正しきデローザの血統を所有する楽しみ、喜びさえもユーザーに与えてくれるバイクへと仕上げられた。

デローザ・メラク

Spec.
●67万円(完成車/税抜)
●フレーム:カーボン
●フォーク:カーボン
●コンポーネント:カンパニョーロ・コーラスディスク
●ホイール:カンパニョーロ・シャマルウルトラディスク
●タイヤ:ミシュラン・パワーレース
●サイズ:43、46、48、50、52、54、56
●実測重量(ペダルレス):7.37kg(52)
※試乗車用スペック

十分な剛性を持ちながら重量もそれなりに軽く仕上がる

【IMPRESSION RIDER】山口博久
ヘッドまわりの剛性が高く、直線では安定感がある。いっぽうコーナーでは、軽く傾けるだけで素直に曲がっていくので、狙ったとおりに走れる素直な走りが印象的だ。さらに路面からの振動もマイルドに吸収し、小さいノイズから、大きいショックまでバランスよく収めてくれるので扱いやすい。また、全体としては剛性も十分ありながらも、重量もそれなりに軽くなっている。それでいて、踏み込んだときにBBがある程度しなってくれるのでほどよいテンポで上っていける。

スチール時代から変わらないデローザらしさ

【IMPRESSION RIDER】難波賢二
スチールフレーム時代から変わらない、デローザらしいビヨヨンとしなる走りの気持ちよさ。もちろん最新世代のメラクならば、どんなライダーが乗っても不満のない速さを手に入れているのだが、その芯にデローザらしさが生きている。故にホイールを変えるとその走りの変化が大きく感じられ、自分に合った走りに仕立てていく対話の過程が趣味性そのもの。ネオプリマートオーナーとしては期待も大きいが、テクノロジー革新とインテグレートではあと一捻りあってもよかった。

問:日直商会
derosa.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load