股関節まわりの筋肉を連動させながら体幹を鍛える!【団長安田の自転車大サーカス】

バイクがなくてもいつでもどこでもできる体幹トレーニングを
先月に引き続き、平田コーチに習った!!

平田栄史コーチ
元近代五種選手。2006年アジア選手権と2007年世界選手権の日本代表。アジア選手権では2位という好成績を残す。現在は株式会社エスセンスでパーソナルやグループの講師受託でトレーナーとして活動。延べ4000人を超える大人や子どもの指導をする

最終レースに向けて後悔のないように!少しの合い間でもできる「体幹を入れて動くトレーニング」を教わった!!平田コーチのいう「体幹を入れて動く」とは、「体幹はしめるけど、ゆるめるところはゆるめて動く」ことです。

教わったトレーニングの動きは自転車の動きに関係ないやんけーーー!!って感じなんですが、「股関節まわりの筋肉の柔軟性と連動、体幹を入れて動かす」ので、バイクでもランでもスイムでも生かせます!

ただ、できそうでなかなかできない……むつかしいんです!!この動きができたらバイクの動きなんて単純!乗るの簡単やん!って思うくらい、むつかしいんです。でも、コツコツやっていくとスムーズに身体が動くようになり身体の動かし方がわかるようになる、身体が器用になる感じです。

じっさいスイムのタイムもバイクのFTPもランのタイムもあがりました!!

しっかりと体幹を意識しながら脚を動かす!

四つんばいになり、片脚ずつ1 〜 7の動作をヒザをつかずに連続して行う。各動きは団長さんレベルで各10回ずつ。「股関節まわりの筋肉をしっかり動かすことが重要なので、体幹が抜けない範囲で股関節まわりの筋肉を使って脚を動かしていきます」と平田さん。ヒザをついているほうのつま先を床につけると簡単になり、つま先を伸ばして浮かすと難易度が上がる。

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load