BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

愛媛県松山市・BIKE CAFE CAIENDO【TOUR de CAFE-サイクルカフェ物語】

「なんでこんな店やってるんでしょう、私」

静かな港町の旧市街、古い民家をリフォームした味わい深い店構えのカイエンドー。店主の田中雅明さんは、もともとセラミック関係の研究者。光学系やクルマのメーカーで働いていた。それがどうしてこういう店を開くように?「そこですよね!

なんででしょうね?」まるで人ごとのように笑う田中さんが、仕事をやめて生まれ故郷に戻ってきたのは5年前。「最初は、イタリアでビンテージバイクがたくさん売られているのを見て、これは商売になるかもと。でも全然なりませんでした(笑)。3年前に店をオープンしたんですが、イタリアンビンテージの部分はどんどん縮小していって、今はわりとフツーの自転車屋ですね」

屋号からわかるように、カフェ&バイシクルがコンセプト。「経営上の理由ですよ。このあたりは閉鎖的なんで、お客さんがつくまでに時間がかかります。それまでの日銭稼ぎになればと」

ヒマすぎるのでカフェと自転車屋が兼業できる、と自嘲する。「さっさと東京に戻って、クルマ関係の仕事を探せばいいんでしょうけどね。3年前の自分に会えるなら、首を絞めてでもこんな店開くのやめろと言いたいですよ」

そうぼやきながら、ここでのゆったりした時間の流れに身を任せるのを楽しむ田中さんがいた。

学生時代はトライアルの競技に熱中し、その流れでストリート系に傾倒していった田中さん。だが店は旅自転車やグラベルをメインにする。ビンテージバイクの店ではなく、ブリーザーやラレーをメインに扱う
古い民家を改装した店舗。人気メニューは地元産のレモンを使った無添加のホットレモンやレモンソーダが人気。コーヒーはエスプレッソだ
最初に仕入れた全然売れないエリオス

バイクカフェ カイエンドー
東愛媛県松山市三津2丁目13-6
TEL. 089-952-8186
営業時間:11:00〜18:00
定休日:不定休
席数:8(座敷含む)
サイクルラック:3台分

過去から最新のバックナンバーまで連載はこちら

TOUR de CAFE-サイクルカフェ物語

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load