BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

GORE WEAR(ゴアウェア)とカンチェラーラのコラボモデル「THE BEST BUY 8選!」

2020年、自転車乗りが買うべき「THE BEST BUYアイテム」。BCメンバーたちが実際に使用してみたインプレッションと合わせてご紹介!

〈GORE WEAR〉 C5 CANCELLARA BIB SHORTS+
(ゴアウェア C5 カンチェラーラ ビブ ショーツ+ )

透湿性や伸縮性に優れたゴアウェアのビブショーツの限定モデル。これを履けば、憧れのカンチェラーラになった気分に!

限定コラボのビブショーツ! カンチェラーラ×ゴアウェア

ロードレースファンにとって「ファビアン・カンチェラーラ」の名はやはり特別だ。パリ~ルーベ4度の優勝や、幾度ものTT世界選手権優勝、五輪の金メダル獲得など、その力強い走りは引退してなお記憶に残っている。

ファビアン・カンチェラーラ。現役時代、「剣闘士」と呼ばれた彼のインスピレーションが、製品作りに色濃く反映されている

そんな彼のストーリーとゴアウェアの機能がクロスしたコレクションがこの春限定登場。ジャージやジャケットなど全8モデルのなかから今回クローズアップしたビブショーツは、ミドルクラスながら随所にカンチェラーラを感じさせるモデル。

例えば、肩ヒモに刻まれた7つの名前は、現役時代のレースにおける彼の活躍を示す地名。全体に落ち着き、どこか高級感を感じるカラーリングも監修に関わる彼のセンスが詰まっている。

ポッジオやアーレンベルフなど、現役時にカンチェラーラが活躍した地名が肩ヒモにプリント。ファンなら「あのレースだ」とわかる!

ビブショーツとしてもゴアウェアの最新システムをしっかり備える。パッドフロント部に防風透湿素材のゴアウインドストッパーを採用し、前部からの風や内部の湿気に対してもしっかり対応する。

パッド前にある黒い部分がゴアウインドストッパーカップ。夏は涼しさを、冬は暖かさを与えてくれる有能システム

「着心地にも優れた高機能ビブショーツ」というだけでも価値があるのに、そこにカンチェラーラの意思や歴史が盛り込まれた豪華な一着。カラーもカンチェラーラがセレクトした「オービットブルー」で統一され、さりげないかっこよさを演出している。

[C5 カンチェラーラ ビブ ショーツ+]

1万7000円(税抜)

素材:ビブ・フルメッシュ素材

パッド:アドバンスシートインサート、ゴアウインドストッパーカップ

サイズ:S、M、L、XL

問:ピーアールインターナショナル

www.g-style.ne.jp

「肩ヒモとパッドがいい!カンチェラーラと感覚を共有できる!?」(浜田)

浜田幸紀。ロードレース好きの編集部員。日本にカンチェラーラが来た際に握手してもらったミーハーな面がある

【BCメンバーインプレッション! 】

昔サインをもらった「カンチェラーラ監修のビブ」というだけでテンションが上がる。元プロ選手監修というと、レース向けでハードな感じがするが、はいてみると太モモの締め付けがほどよく、パッドの量も厚過ぎず、薄過ぎず。極めてニュートラルで〇! とくにいいと感じたのはビブのメッシュヒモ部分。軽く、薄く、涼しく、よく伸びる。さらに腰のやや上までサポートされている感覚もある。「ゴアウインドストッパーカップ」システム搭載のパッド前方は少し涼しく感じるが、これは夏本番になってから本領を発揮しそうだ。そしてデザインがシックでかっこいい! これが限定品として2万円以下?「買い」でしょ?

 

自転車乗りが買うべき「THE BEST BUY」アイテム8選の記事はコチラから。
2020「THE BEST BUY」アイテム8選

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load