BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

TOPEAK・ローディーTT ミニ【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は低圧から高圧まで一定の抵抗感で加圧できるツインターボ構造を備えた携帯ポンプ、TOPEAK・ローディーTT ミニを編集部のハマダがテスト!

ツインターボ採用の極小ポータブルポンプ

ライトやツール、バッグ、キャリア、ワークスタンドなど自転車にかかわるあらゆるパーツをラインナップするトピーク。なかでもポンプのラインナップは豊富で、フロアスタンドタイプとポータブルタイプを合わせると数十種類ものアイテム数を誇る。
このローディーTTミニは、トピークのなかでもかなり小型(全長165mm)のポータブルポンプだ。しかし注目すべきは、サイズだけでなく「ツインターボ構造」を搭載していること。
これはフロアスタンドポンプですでに採用されていたシステムで、ハンドルを引く動作の際に、シリンダー内で空気を予圧縮し、押す際に空気をタイヤ側へ送り込むというものだ。
小さなポンプの1ストロークだとチューブへの空気の注入量はわずかになってしまいがちだが、果たしてトピークの最新システムは使い手にどれほどの恩恵を与えてくれるのか? さっそくチェックしてみた。

もう全モデルこのシステムにしてくれ!

ツインターボ構造のおかげで低圧から高圧まで一定の抵抗感で加圧できる。ムダのない効率的なポンピングを実現。

ほんとうに「手のひら(に収まる)」サイズ! ポケットや各種バッグにも入れやすい。しかも100g以下。やはり軽さは大事だ。

触ってわかったが、ボディに細かい溝が切ってあり、滑り止めになっている。これはセンスがいい。

作業に関しては従来型のポンプと変わることはない。リズムよくポンピングできる。

 

TOPEAK・ローディーTT ミニ

4000円(税抜)
●サイズ:W33×D165×H23.5mm ●カラー:シルバー、ブラック ●重量:90g

 

時短への貢献。そしてやはりトピークの堅牢さはいい!

実際に空気入れの作業を開始。元気なうちの作業としては「劇的に抵抗が減った!」は体感としてちょっとほめ過ぎになるので、「ポンピングの重みが減った」という表現がふさわしい。自前の他社製ポータブルポンプと比べるとそれは明らかだ。6気圧までのポンピング回数を比較したところ15回以上違う! 腕を酷使する時間が短くなるのは、「パンク」というトラブル時において救いだ。こういった非常時アイテムは、どれだけ実用的かが一番大事。「小さくてすごい!」ではなく、いつもと同じ「トピークらしい堅牢さ」をきちんと持っていることを評価したい。

TESTER/ハマダ

元ショップ店員の編集部員。今あるポータブルポンプは3台のバイクそれぞれに備え付けている。そういえば今年はまだパンクしていない。使っていないポンプ、摩耗していないだろうか?

 

問:マルイ https://topeak.jp

出典

SHARE

PROFILE

ハマダ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ハマダ

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

No more pages to load