BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第17ステージ|ロペスが大統領が祝うクイーンステージでツール初優勝

ツール・ド・フランス2020のクイーンステージとなる第17ステージが9月16日、グルノーブルからメリベルに至る170kmのコースで行われ、ミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)がマイヨジョーヌを着るログリッチを振り切ってツール初優勝。個人総合争いでも3位に浮上した。2位でフィニッシュしたログリッチは個人総合争いのリードを拡大。ステージ3位のポガチャルはヤングライダー賞だけでなく山岳賞争いでもリーダーに躍り出た。

前回優勝のベルナルとキュングがツールを去る

ツール・ド・フランス2020のクイーンステージ(最難関ステージ)となる第17ステージ。この日はエマニュエル・マクロン大統領も訪れるほどの最大のみどころ。カテゴリー山岳の数こそ107.5km地点の超級山岳マドレーヌ峠(距離17.1km、平均勾配8.4%)と170km地点の超級山岳ロズ峠(距離21.5km、平均勾配7.8%)の2つだが、いずれもピークの標高は2000mを越え、獲得標高は4200mという過酷な山岳コースだ。

このレースのスタートラインには、前回優勝者のエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアス)の姿はなかった。また、本大会で幾度となく逃げ、積極的な走りが光ったシュテファン・キュング(グルパマFDJ)もスタートラインに立たなかった。

152人のライダーがグルノーブルをスタート。この日も序盤からステージ優勝を狙うライダーやスプリントポイントを稼ぎたいライダーが積極的にアタックを仕掛ける展開になった。先制攻撃を仕掛けたのはトーマス・デヘント(ロット・スーダル)で、そこに20人ほどの追走グループが追いつく。さらにその中からジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ゴルカ・イサギレ(アスタナ)、レナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)、リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)、ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション)の5選手が逃げグループを形成した。個人総合争いの上位の選手がいないこの逃げは容認され、ようやくレースが落ち着いた。

スプリントポイントでベネットがポイント賞争いのリード拡大

スタートから45.5km地点のスプリントポイントでは、逃げグループとメイン集団とのタイム差は3分程度に拡大。逃げグループではアラフィリップが先頭でポイントラインを通過した。

メイン集団ではポイント賞争いを独走するサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)がチームメートとの連携で同賞2位のペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)とマッテオ・トレンティン(CCCチーム)を抑えて集団先頭で通過し、ポイント差を拡大した。

マドレーヌ峠でキンタナやピノら総合系の選手がメイン集団から脱落

超級山岳マドレーヌ峠の上りに入ると、メイン集団でミケル・ランダ(バーレーン・マクラーレン)を個人総合上位に送り込みたいバーレーン・マクラーレン勢がペースアップ。この動きで、最大6分あった逃げ集団とのタイム差はみるみる減っていった。さらにスプリンター勢だけでなく、総合系の有力選手ナイロ・キンタナ(アルケア・サムシック)やピエール・ロラン(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)、ティボー・ピノ(グルパマFDJ)、ダニマル・マルティネス(EFエデュケーションファースト)らまで集団から遅れてしまった。

追われる逃げグループは、前日逃げ切りでステージ優勝を果たしたレナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)が脱落し、4人に人数を減らした。マドレーヌ峠のピークはカラパスが先頭通過し、アラフィリップが2位通過した。

これに遅れること1分15秒、山岳賞リーダー争いを繰り広げるブノワ・コヌフロワ(AG2Rラモンディアール)がメイン集団の先頭で峠を通過。この時点で再び山岳賞ポイントの単独トップに躍り出た。

ロズ峠で激化したマイヨジョーヌ争い

マドレーヌ峠を下り、逃げグループはメイン集団とのタイム差を2分40秒に拡大。フィニッシュ地点のメリベルに向かうロズ峠の上りにさしかかると、アラフィリップがアタックを仕掛ける場面も見られたが、やがてカラパスとイサギレの2人になり、最終的にカラパスが独走に持ち込んだ。

これを追走するメイン集団では、マイヨジョーヌをかけた争いが激しくなる。ダビ・デラクルス(UAEチームエミレーツ)がペースアップを図ると、個人総合7位に着けるランダや同3位のリゴベルト・ウラン(EFプロサイクリング)、同5位のアダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)ら個人総合上位の選手が集団から脱落していった。ほどなく単独で最後まで逃げ続けたカラパスも吸収された。

カラパスをとらえた直後にセップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)がアタック。単独で抜け出したクスにロペスが追いつき、しばらく2人で併走するが、ロペスが単独で飛び出していく。これを3番手からマイヨジョーヌを着るログリッチが猛烈に追走。個人総合2位のポガチャルを振り切り、クスを抜かして2番手に上がって自らロペスを追走した。

ロペスは軽快なペダリングでそのままフィニッシュまで独走。2位には15秒差でログリッチが入り、さらに15秒遅れの3位にポガチャルが入った。

ラスト1㎞

ログリッチが個人総合のリード拡大。山岳賞はポガチャルの手に

この結果、個人総合ではログリッチがマイヨジョーヌを守り、2位ポガチャルとのタイム差を15秒拡大し57秒差とした。この日ステージ優勝したロペスは、個人総合の3位に浮上した。

山岳賞は、ポガチャルがトップに浮上。ポガチャルはヤングライダー賞でも首位を独走するが、規定により明日からマイヨアポア(山岳賞ジャージ)を着用し、マイヨブラン(ヤングライダー賞ジャージ)は同賞2位のエンリク・マス(モビスター)が着用する。

ポイント賞はベネットがリードを拡大。敢闘賞には序盤から積極的な走りを見せたアラフィリップが選ばれている。

この日の表彰式にはフランスのマクロン大統領も姿を見せた。

ツール・ド・フランス2020 第17ステージ結果

ステージ順位

1 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)
2 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
3 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
4 セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィズマ)
5 リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)
6 エンリク・マス(スペイン、モビスター)

マイヨジョーヌ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+57秒
3 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)+1分26秒
4 リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)+3分5秒
5 アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+3分14秒
6 リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)+3分24秒

プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)

 

マイヨヴェール(ポイント賞)

サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)

 

マイヨアポワ(山岳賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

 

マイヨブラン(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
ただし、ポガチャルがマイヨアポアを獲得したため、繰り上げとなる。エンリク・マス(スペイン、モビスターチーム)が着用する。

 

敢闘賞

ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

モビスター

動画 ダイジェスト版

第17ステージのルート

 

ツール・ドフランス出場選手リストはコチラから。

「ツール・ドフランス出場選手リスト」

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load