BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車レースでアヒル柄のヘルメットとクールなデザインジャージを着ただけで罰金1千万円⁉

アヒルのヘルメットとクールなジャージを着ただけで罰金50万円というのが、話題になっている。これは10月3日から開催となった、イタリア一周の自転車レース「ジロ・デ・イタリア」でのこと。

10月3日に開催された第1ステージで、アヒルのヘルメットとクールなジャージを着て走った選手8人、そしてファブリツィオ・グイディ監督に対してそれぞれ500スイスフラン(5万7000円、1スイスフラン=114円として換算)に対して、合計51万3000円の罰金が、ジロ・デ・イタリアのコミッセールから支払いが命じられた。もし、このまま21日間のジロ・デ・イタリアを走り切ると、その罰金総額は1千万円超になるというのだ。

大会カラー、マリアローザのピンクに敬意を表したはずが裏目に⁉

ジロ・デ・イタリアでは総合成績トップの選手がピンクのジャージ「マリアローザ」を着用する。PHOTO:RCS sport/LaPresse

ジロ・デ・イタリアでは総合トップの選手がリーダージャージとしてピンク色のマリアローザ―を着る。そこでFEプロサイクリングチームではそのジャージに敬意を表し、普段着用するピンクのジャージから別のデザインを採用。ジロ・デ・イタリア限定で「EFプロサイクリングチームキット」としてデザインのジャージを用意したとしている。

ツール・ド・フランスではピンクのジャージを着用して走ったEFプロサイクリング PHOT:A.S.O./Pauline Ballet

EFプロサイクリングが採用したジロ・デ・イタリア2020限定で採用したジャージはイギリスのウエアブランド「ラファ」がスケートボードブランド「パレス」、とコラボしてデザインした。こんのほかヘルメットブランド「POC」、バイクブランド「キャノンデール」もコラボしたデザインの機材を選手たちが使う。そして、10月3日の第1ステージで登場し、さらに注目を集めたのがアヒル柄のヘルメットだった。

新たにジロで採用した「EFプロサイクリングキット」。10月1日のプレゼンテーションで公開され、賛否を含め議論を呼んだ PHOTO:RCS sport/LaPresse

国際自転車競技連合の定めるルール、21ステージでは1千万円超

ジャージの背面デザイン PHOTO:rapha.cc

今回、ルール違反とみられているのは登録されたジャージと違うデザインのジャージを着ている点だ。国際自転車競技連盟(UCI)の定めるルールによると。

「UCI ワールドチームおよびプロフェッショナル・コンチネンタル・チームは,製作前の承認のために,その衣服の 見本 1 着を,使用当該年前年の 12 月 1 日までに UCI に提出しなければならない.その他のチームは,その衣服の見本1着を,当該年前年の12月10日以前のチーム登録時にチームの属する国内連盟に承認のために提出しなければならない.」

とあり、今回のジャージは届け出のあるジャージとデザインと異なるデザインのため、ルール違反となり、罰金が科せられることになる。あくまでも規定はジャージの柄であり、ヘルメットのアヒル柄は問題にならないようだ。

ちなみに、ジロ・デ・イタリアは21ステージあるため、罰金総額は約1077万円に及ぶ計算となる。じつは選手が罰金を払ってまであえてルール違反のジャージを着るのは珍しいことではない。かつてはイタリアの名物スプリンター、マリオ・チポッリーニが全身筋肉柄のジャージで走ったことは有名だ。

ただ、チームでそろってというのは珍しい。チームは1千万円という高額を支払うのか? 10月4日の第2ステージでEFプロサイクリングがどっちのジャージで登場するか注目が集まる。

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

 

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load