BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|アヒルジャージのカイセドがステージ優勝! 個人総合争いは大波乱|第3ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第3ステージはイタリア・シチリア島のエンナからヨーロッパ最大の活火山・エトナ山への150kmのコースで行われ、ジロ・デ・イタリア仕様のチームキット・通称“アヒルジャージ”を着るEFエデュケーションファーストのヨナタン・カイセドが逃げ切ってステージ優勝を果たした。一方、個人総合争いはゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアス)が落車で大きく遅れるなど、早くも大波乱に見舞われた。

ニュートラル走行中にトーマスが落車

ジロ・デ・イタリア開幕から3日目にして、早くも1級山岳エトナ山の山頂フィニッシュという難易度星4つの山岳ステージが登場した。このステージで個人総合の本命たちが本格的に始動し、今後の戦いの勢力図が少しずつ明らかになっていくはずだった。

写真はゴール地点でトーマス。トップから12分19秒遅れのゴールとなった。落車の原因はほかの選手が落としたボトルに乗り上げたことが原因とされる。

しかし、スタート地点のエンナを出てすぐ、下り区間をニュートラル走行中に個人総合争いの本命のひとり、トーマスが落車に見舞われた。トーマスが集団復帰したところでニュートラル走行が解除され、正式なスタートが切られた。

レースは序盤にカイセドやローソン・クラドックらEFエデュケーションファースト勢2人を含む8人の逃げグループが形成され、メイン集団がこれを追う展開となった。

落車の影響でトーマスが遅れ、Sイェーツもエトナ山で遅れる

メイン集団は最大5分以上あった逃げグループとの差を少しずつ詰めていく。ところが、エトナ山の上りまで残り10kmのあたりでトーマスがメイン集団から遅れ始めた。マリアローザを着るガンナらチームメートのサポートもむなしく、残り30kmを切ったあたりでトーマスはメイン集団から脱落してしまった。このままフィニッシュまで集団復帰することなく12分以上遅れてこのステージを終え、事実上個人総合トップの証・マリアローザ争いから脱落した。

逃げグループは少しずつ人数を減らしながら、カイセド、ヴィクトール・カンペナールツ(NTTプロサイクリング)、ミッケル・ビョーグ(UAEチームエミレーツ)、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ヴィーニザブKTM)、マシュー・ホームズ(ロット・スーダル)の5人でメイン集団より3分30秒先にエトナ山の上りにさしかかる。

上りでカイセドとヴィスコンティが抜け出し、さらにカイセドが単独で抜け出すことに成功。そのまま単独でフィニッシュラインを駆け抜け、ステージ優勝を果たした。

一方、個人総合で2位に付けていたホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ヤコブ・フルサン(アスタナ)やヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)といった個人総合有力候補は先頭から1分程度の遅れにとどめ、それぞれ個人総合成績をランクアップした。

もうひとりの個人総合争いの有力候補、サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)もエトナ山の上り途中の残り9km地点でペロトンから遅れた。イェーツは最終的にトップから4分22秒差の31位でフィニッシュした。

この結果、ホアン・アルメイダが個人総合トップに立ち、ヤングライダー賞でもトップに立った。ステージ優勝を果たしたカイセドは、山岳賞でトップに躍り出て、個人総合も2位にジャンプアップした。ポイント賞トップはディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)が守っている。

ジロ・デ・イタリア2020 第3ステージ結果

ステージ順位

1 ヨナタン・カイセド(EFプロサイクリング)
2 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ヴィーニザブKTM)+21秒
3 ハーム・ファンフック(ロット・スーダル)+30秒
4 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)+39秒
5 ヤコブ・フルサン(アスタナ)+51秒
6 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)
7 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)
8 ジョナタン・カストロビエホ(イネオス・グレナディアス)
9 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(NTTプロサイクリング)
31 サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)+4分22秒
69 ゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアス)+12分19秒
114 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+21分29秒

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ヨナタン・カイセド(EFプロサイクリング)
3 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)+37秒
4 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)+42秒
5 ハーム・ファンフック(ロット・スーダル)+53秒
6 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)+55秒
25 サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット) +3分46秒
53 ゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアス)+11分17秒
114 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+25分49秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ヨナタン・カイセド(EFプロサイクリング)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

ドゥクーニンク・クイックステップ

第3ステージのルート

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load