BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|三度目の正直でウェレンスが逃げ切り勝利!|第5ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は24日、第5ステージがウエスカからサビニャニゴまで184.4kmのコースで行われ、ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)が逃げグループ3人によるスプリントを制してステージ優勝を果たした。メイン集団で終盤に落車があったため、個人総合上位陣はタイム差が付かず、個人総合トップはプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)が守っている。

序盤の14人の逃げグループは容認されず

第5ステージは中盤まではほぼ平坦で、後半にカテゴリー山脈が立て続けに3つ現れる。残り75kmを切ってから2級山岳ビオ峠(距離13.5km、平均勾配4.7%)と3級山岳ファンロ峠(距離6.4km、平均勾配4.6%)が立て続けに現れ、スプリント地点を経て残り20kmを切ってから2級山岳ペドラルバ峠(距離8.7km、平均勾配5.2%)を越える。フィニッシュまでのラスト2kmも上り基調で急勾配があるため、上りがこなせないスプリンターにはやや厳しく、パンチャー向けの逃げが決まりやすいコースと言える。

この日はレース開始から逃げ切りでのステージ優勝を目指そうという選手らが積極的にアタック合戦を繰り広げた。元世界選手権チャンピオンのルイ・コスタ(UAEチームエミレーツ)やギヨーム・マルタン(コフィディス)といった強力なメンバーを含む14人の逃げグループが形成された。

しかし、この逃げグループに選手を送り込めなかったEFプロサイクリングやカハルラル・セグロスRGA、NTTプロサイクリング、ブルゴスBHなどのチームがこの逃げを容認せず、メイン集団とのタイム差は大きく開くことはなかった。最初の逃げグループは残り80kmまでに吸収されてしまった。

レース中盤に新たに12人の逃げグループが形成される

その後も最初の2級山岳を前にウェレンスら4人が集団を飛び出すと、そこにセップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)や最初の逃げにも乗ったマルタンらが合流。新たに12人の逃げグループができた。このグループはメイン集団とのタイム差を1分半ほどに広げた。2級山岳ビオ峠の上りでウェレンスとティメン・アレンスマン(サンウェブ)が2人で先行し、ウェレンスがKOMを先頭通過。KOM通過後にマルタンが合流し、3人が先頭グループを形成した。残る9人は後にメイン集団に吸収された。

3人の先頭グループはメイン集団との差を3分ほどに拡大。メイン集団はこの逃げを容認し、3分程度のタイム差を保ったままレースが推移した。続く3級山岳ファンロ峠と2級山岳ペドラルバ峠のKOMもウェレンスが先頭で通過し、山岳賞ポイントを大きく稼いだ。

3人の少人数スプリントを制したウェレンスがステージ優勝

2級山岳ペドラルバ峠を下っても、逃げる3人とメイン集団とのタイム差は3分程度のまま。いよいよ逃げ切りが濃厚になり、フィニッシュ地点に向けて3人の間での駆け引きが始まった。

残り1kmを切ったところで、まずアレンスマンがアタック。これに2人が追いつくと再び互いの様子をうかがうようにひとかたまりに。残り200m前の急勾配区間で今度はウェレンスがアタックを仕掛けるとマルタンとの一騎討ちになった。ウェレンスは力強いダンシングでマルタンを振り切り、先頭でフィニッシュ。今大会第1ステージと第2ステージでも逃げに乗るなど積極的な走りを見せていたウェレンスは、三度目の正直を地で行くステージ優勝を決めた。

最終コーナーでメイン集団内で落車発生。ログリッチは個人総合の首位を守る

メイン集団ではフィニッシュ地点でのボーナスタイムをかけた総合上位陣によるスプリントが繰り広げられ、ログリッチが集団トップの4位でフィニッシュした。しかし最終コーナーで集団内で落車が発生し、総合2位のダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション)らが巻き込まれてしまった。

この集団落車に対しメイン集団全員をログリッチと同タイムにする救済措置がとられ、個人総合上位陣に動きはなかった。

その他の各賞では、山岳賞争いでこの日すべてのKOMを先頭通過したウェレンスがトップに立ち、マイヨモンターニャを獲得した。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第5ステージ 結果

ステージ結果

1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)
2 ギヨーム・マルタン(コフィディス) +4秒
3 テイメン・アレンスマン(サンウェブ) +12秒
4 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) +2分13秒
5 フェリックス・グロスチャートナー(ボーラ・ハンスグローエ)
6 アレクサンデル・アランブル(アスタナ)

マイヨロホ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
2 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +5秒
3 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス) +13秒
4 エンリク・マス(モビスター) +32秒
5 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +38秒
6 セップ・クス(ユンボ・ヴィズマ) +44秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)

山岳賞

ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

ユンボ・ヴィズマ

敢闘賞
ギヨーム・マルタン(コフィディス)

第5ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load