BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|冷たい雨の山岳ステージでイザギレ兄弟が奇襲、ログリッチがリーダージャージを手放す|第6ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は25日、第6ステージはビエスカスからアラモン・フォルミガルまでの距離146.4㎞で行われた。本来のコースはフランス国境を越え、ツールマレー峠で頂上フィニッシュの予定だった。ところが、コロナウイルスまん延のためフランス国内を通過できなくなり、スペイン国内のコースに変更された。ヨン・イザレギスが逃げ集団から単独でアタックしステージ優勝を果たした。さらに個人総合にも動きがあり、個人総合トップがったプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)が遅れ、リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)が首位に立ち、マイヨロホを手に入れた。

雨予報のなかスタート、序盤から強烈な逃げが決まる

第6ステージは中盤まではほぼ平坦の周回コースを2周し、後半にカテゴリー山脈が立て続けに3つ現れる。残り70kmを切ってから3級山岳アルト・デ・ペラルバ(標高1205m)と2級山岳コテファブロ峠(標高1423m)を越え、最後は27㎞ほぼ上りっぱなしになる1級山岳アラモン・フォルミガル(標高1790m)での頂上フィニッシュが待っている。

この上り、そして雨予報であることから、「先行するほうが有利」と考えたライダーが逃げ集団を形成。ヨンとコルカのイザギレ兄弟(アスタナプロチーム)、ギヨーム・マルタン(コフィディス)、ルイ・コスタ(UAEエミレーツ)、マイケル・ウッズ(EFプロサイクリング)、ディラン・ファンバーレ(イネオス・グレナディアス)、ホルヘ・アルカス、カルロス・ベローナ(モビスター)、ロブ・パワー(チームサンウェブ)、ミケル・ヴァルグレン(NTTプロサイクリング)など有力チームを含む20人近い集団が形成された。

一時は仮想リーダーが逆転するほどのタイム差

いっぽう後方の集団ではリーダージャージのプリモッシュ・ログリッチを擁するユンボ・ヴィズマが4分以上の差が開かないようにコントロール。しかし、先行する集団にはログリッチから総合順位のタイム差3分37秒差しかないヨン・イザギレがおり、アルト・デ・ペラルバでは3分45秒差まで広がり、バーチャルリーダーが逆転するほどになった。最初の2級山岳のコテファブロ峠でダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション)がペースアップしたことで先頭集団とのギャップはわずかに詰められた。しかし、フィニッシュまで残り40.9kmの山頂で付近で3分30秒差のままと、差はなかなか詰まらない展開となる。

先頭集団からイザギレ兄弟が連続アタック

激しく雨の降るなか、2つめの山岳、コテファブロ峠の下りでまずしかけたのが弟ゴルカ・イザギレ、そのままビエスカスの中間スプリント(119.7 km地点)を通過する。その後、最後の上りアラモン・フォルミガルに差し掛かっても弟コルカはペースを緩めず、マルタンが中心となって先行集団の9人が弟ゴルカ追いついてのは残り7㎞地点だった。

そしてラスト3㎞。今度は兄ヨン・イザギレがアタックをしかける。もはやほかの9人に兄ヨンを追いかける力はなかった。兄ヨンはそのま後続を突き放して勝利を収め、総合でも前日の19位から、12位まで順位を上げた。また、兄ヨンはツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアにつづき、3つのグランツールすべてでステージ優勝したことになる。つづいて25秒差でウッズが2位、コスタが3位でフィニッシュ。さらに弟ゴルカは53秒遅れの10位でレースを終えている。

カラパズがログリッチを引き離し、総合トップへ

いっぽう後方集団ではラストの上りでカラパスがヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)ともに加速し、これにログリッチがエンリク・マスとともに反応し食らいつく。しかし、カシーの加速にカラパスはついていけたが、ログリッチに余力はなかった。そのままカシーが先行集団からドロップしてくる選手をキャッチしながら8位、続いて12位でカラパスがフィニッシュした。

総合順位では前日までログリッチから13秒差で3位につけていたカラパスが逆転、ログリッチを抜いて首位に立つことになった。また、カシーも2位へジャンプアップしている。

さらにトップから遅れること1分38秒、20位でフィニッシュしたログリッチ。この日18位だったマーティンからも遅れてしまい、総合順位でトップのカラパスから30秒差の4位へ転落してしまった。

ログリッチコメント

「途中、頂上でレインジャケットを着るのに失敗し、それを挽回するために下り坂、最後の上りを前にフルガスを使わなければなりませんでした。ただ、まだ終わっていません。私たちは最善を尽くすためにここにいるし、そして私たちはそれのために戦うでしょう」とコメント。レースでの失敗、しかしあきらめていないことをアピールした。

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第6ステージ 結果

ステージ結果

1 ヨン・イザギレ(アスタナプロサイクリング)
2 マイケル・ウッズ(EFプロサイクリング) +25秒
3 ルイ・コスタ(チームUAEエミレーツ) +25秒
4 ロブ・パワー(チームサンウェブ) +27秒
5 ミケル・ヴァルグレン(NTTプロサイクリング) +27秒
6 ギョ―ム・マルタン(コフィディス) +27秒

マイヨロホ(個人総合成績)

1 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)
2 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +18秒
3 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +30秒
4 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) ⁺30秒
5 エンリク・マス(モビスター) +1分7秒
6 フェリックス・グロスチャートナー (ボーラ・ハンスグローエ) +44秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)

山岳賞

ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

ユンボ・ヴィズマ

敢闘賞
ギヨーム・マルタン(コフィディス)

第6ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load