BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

Wilier Triestina・OTHER Model【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

2019モデルでエアロロードのチェント10プロが登場。
その後、2020モデルとして誕生した軽量モデルのゼロSLR。
現役の両モデルを融合させた先に生まれた新たな軽量エアロロード。3モデルの特徴を比較していく

OLD VS NEW 新旧比較

チェントとゼロの完全融合を果たした意欲作

先に断りを入れておくと、今月は新旧比較ではなく、いずれのモデルも現役の最新モデルだ。エアロロードのチェント10(ディエチ)プロと軽量クライミングモデルのゼロSLRが持つテクノロジーを融合し、万能モデルとして誕生したフィランテSLR。

カムテールチューブを特徴とするチェント10プロのチューブ形状をベースに新設計する一方で、ゼロS LRで初めて採用されたハスモッドカーボンに、液晶ポリマー技術(L.C.P)を加えた最先端素材でフレームを成型。

重量比較は、ゼロSLRがケーブル完全内装の軽量ディスクモデルとして、超軽量のフレーム780g、フォーク345g。チェント10プロがフレーム990g、フォーク350g。そして、フィランテSLRはフレーム880g、フォーク335gになっている。

十分な軽さを実現しながら、最先端の空力性能を獲得したモデルがフィランテSLRだといえる。シートチューブ集合部やフォーククラウンのインテグレーションなどの細部設計はチェント10プロをアップデート。そして、スピードリリースシステムやプレスフィットBBなど実績のある機構は引き継ぎ完成度を高めている。

CENTO 10 PRO

2006年から始まるウィリエールの看板モデル、チェントシリーズ。エアロロードとして創業110周年の2016年に誕生したチェント10エアー。その後継モデルで、ディレクトエネルジーの選手の要望により剛性強化を果たしたモデルがチェント10プロだ

ZERO SLR

フレーム重量750gを実現した2012モデルのゼロ7(ゼロセッテ)にはじまる軽量シリーズ。110周年記念モデルとして登場したゼロ6(セーイ)は680gの究極の軽さを追求。その後、ディスク専用モデルとしてケーブル完全内装モデルのゼロSLRが誕生

FILANTE SLR

フィランテSLRは、カムテール後端の角を丸めたチューブ形状とワイドなタイヤクリアランスを特徴とし、幅広いヨー角の風に強いエアロロードとして登場。2021シーズンはアスタナ・プレミアテックとトタル・ディレクトエネルジーの主戦機となる予定だ

SECOND GRADE
Wilier Triestina/CENTO 10 SL

ウィリエールのエアロロードシリーズであるチェント。
チェント10プロをベースに開発されたディスクブレーキ専用モデルをインプレッション。

美しいスタリングに負けない加速性と巡航性

専用コックピットとケーブル内装によるスタイリッシュなデザインを実現し、フラッグシップと見間違えるほど。気になるのはその走りだ。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load