BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

23人が大逃げ、ベッティオルが終盤独走でグランツール初勝利|ジロ・デ・イタリア

ジロ・デ・イタリアは現地5月27日に第18ステージが行われた。前半に形成された23人の逃げ集団での戦いから、アルベルト・ベッティオル(EFエデュケーション・NIPPO、イタリア)が終盤単独で抜け出しに成功。独走でチーム今大会初勝利、自身グランツール初勝利を挙げた。総合各賞は完全休戦の一日となり、エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア)がマリアローザをキープしている。

前日落車のエヴェネプール、チッコーネらがリタイア

この日は今大会の最長ステージ。ロベレトからストラデッラに至る231kmはほぼ平坦だが、ラスト35kmから4級山岳を含む4つの丘越えが連続する。集団スプリントか、逃げでの戦いか、いずれにせよ焦点はステージ優勝争い。翌日以降は山頂フィニッシュと個人タイムトライアルのみとなるため、ステージ優勝狙いのチーム・選手にとっては実質ラストチャンスとなる。

ステージ未出走は前日終盤の下りでの落車で負傷していたレムコ・エヴェネプール(ドゥクーニンク・クイックステップ、ベルギー)、ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード、イタリア)、ニック・シュルツ(チーム バイクエクスチェンジ、オーストラリア)の3人。エヴェネプールは今大会一時総合2位で走り、チッコーネは前日まで総合10位、シュルツは現総合3位のサイモン・イェーツ(イギリス)の山岳アシストという、いずれも有力選手のリタイアとなった。

©︎ LaPresse

レースはスタート直後から逃げを狙うアタックが繰り返された。30分余りの攻防を経て、ようやく23人の大きな逃げ集団が形成。優勝したベッティオルのほか、ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ、イタリア)、ゴルカ・イサギレ(アスタナ・プレミアテック、スペイン)といったグランツール勝利経験者も複数入った強力なグループだ。

メイン集団はしばらくの間、逃げに乗り損なったチームによる追走が続いていたが、これもレース開始1時間を過ぎて沈静化した。逃げは完全に容認され、残り100km地点ではメイン集団から11分差と大きく先行。ステージ優勝争いはこの時点で逃げの23人に絞られた。

©︎ LaPresse

終盤まで協調した逃げ集団内での戦いが始まったのは、やはりラスト35kmからの丘越え。サムエーレ・バティステッラ(アスタナ・プレミアテック、イタリア)が先陣を切ると、各選手入り乱れての激しいアタック合戦となる。アタックと追走、けん制が繰り返されたが、2つ目の上りとなる4級山岳でレミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)が単独抜け出しに成功。追走グループに対して一気に20秒の差を築くことに成功した。

©︎ LaPresse

タイムトライアルスペシャリストらしい、低い乗車姿勢で飛ばすカヴァニャ。一方で追走は各選手の思惑が統一されずペースが上がりきらない。しかし3つ目の丘に入り、ここまでも積極的に動いていたベッティオルがペースを上げ、単独2番手に浮上する。下りで追いついたニコラス・ロッシュ(チームDSM、アイルランド)に構わず追走を続けるベッティオルは、最後の丘の上りでロッシュを引き千切ってカヴァニャとの差を一気に詰めていった。

©︎ LaPresse

ベッティオルは上りの途中でついにカヴァニャに追いつくと、そのままカウンターアタック。カヴァニャは反応したものの、しばらくして力尽き一気に失速してしまう。先頭に躍り出たベッティオルは、最後の下りも独走してフィニッシュへ。2019年のロンド・ファン・フラーンデレンでの勝利と同様、終盤の力強い単独逃げで、自身初のグランツール勝利、さらに今年からチームスポンサーに付いたNIPPOにもグランツール初勝利をもたらした。2位は後続からロングスパートを決めたシモーネ・コンソンニ(コフィディス、イタリア)、3位にはロッシュが入った。

メイン集団はリーダーチームのイネオス・グレナディアーズが率いて、中盤以降はサイクリングペース。優勝したベッティオルから最終的に23分30秒差で、この日のレースを安全に終えた。新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス、日本)もチームメイトらと共に、メイン集団内の区間34位でフィニッシュしている。

©︎ LaPresse

今大会も残すは3日間、いよいよ“最後の山場”へと突入する。運命の山岳2連戦の初日は、176kmの距離に3つの山岳が登場。まず中盤に1級山岳モッタローネ(登坂距離15.4km、平均勾配6.7%)。3級山岳を挟んで最後は1級山岳のアルペ・ディ・メーラ(9.7km、9%)でフィニッシュする。ジロ初登場のこの上りは九十九折りが連続。中腹から10%級の勾配が続き、残り3kmを前に最大勾配14%に達する。上位勢は我慢比べの一日となりそうだ。

ステージ優勝 アルベルト・ベッティオル コメント

©︎ LaPresse

「こういう勝利が本当に欲しかったんだ! 今朝キャプテンのヒュー・カーシーが、アタックの許可を出してくれた。彼とチームに感謝したい。このチャンスを逃したくなかったが、ジロの第3週で逃げに乗るのは常に難しく、多くのライダーが今日勝ちたがっていた。終盤は多くの選手が私をマークしていた。私はカヴァニャが何かをすると確信していたよ。そして上手く彼を捕らえて、すぐにアタックした。彼の気持ちを折ろうとしたんだ。本当にこの成功に満足している。この勝利を昨年亡くなった元マネージャーのマウロ・バッタリーニに捧げたい」

ジロ・デ・イタリア2021 第18ステージ 結果

ステージ結果

1 アルベルト・ベッティオル(EFエデュケーション・NIPPO、イタリア)5:14’43”
2 シモーネ・コンソンニ(コフィディス、イタリア)+0’17”
3 ニコラス・ロッシュ(チームDSM、アイルランド)+0’18”
4 ニキアス・アルント(チームDSM、ドイツ)ST
5 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ、イタリア)ST
6 サムエーレ・バティステッラ(アスタナ・プレミアテック、イタリア)ST
7 フィリッポ・ザナ(バルディアーニCSFファイザネ、イタリア)ST
8 ナトナエル・テスファツィオン(アンドローニジョカトリ・シデルメク、エリトリア)ST
9 レミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)+0’24”
10 ジャコポ・モスカ(トレック・セガフレード、イタリア)+1’12”
35 新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス、日本)+23’30”

マリアローザ(個人総合成績)

1 エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア) 77:10’18”
2 ダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・ヴィクトリアス、イタリア)+2’21”
3 サイモン・イェーツ(チーム バイクエクスチェンジ、イギリス)+3’23”
4 アレクサンドル・ウラソフ(アスタナ・プレミアテック、ロシア)+6’03”
5 ヒュー・カーシー(EFエデュケーション・NIPPO、イギリス)+6’09”
6 ロマン・バルデ(チームDSM、フランス)+6’31”
7 ダニエル・マルティネス(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア)+7’17”
8 ジョアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ、ポルトガル)+8’45”
9 トビアス・フォス(チーム ユンボ・ヴィスマ、ノルウェー)+9’18”
10 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション、アイルランド)+13’37”
78 新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス、日本)+2:47’58”

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ、スロバキア)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ジョフリー・ブシャール(アージェードゥーゼール・シトロエン チーム、フランス)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア)

チーム総合成績

チームDSM

 

ジロ・デ・イタリア スタートリスト&コースプレビュー

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load