BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

トップライダーから新星まで ジロ・デ・イタリア2021ヒーロー名鑑|ロードレースジャーナル

vol.7
ひとりひとりに感動のドラマが!
ジロ・デ・イタリア2021ステージ優勝者まとめ

国内外のロードレース情報を専門的にお届けする連載「ロードレースジャーナル」。530日に感動のもと閉幕したジロ・デ・イタリア2021から、大会のスター選手を一挙総まとめ。数々のヒーローの中から、今回はステージ優勝者にフォーカスし、その人となりやキャリアにおけるバックボーン、勝利コメントなどのトピックをまとめてみる。トップスターから新鋭まで、ジロを盛り上げた男たちを称えよう!

1・第21ステージ優勝 フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアーズ、イタリア)

©︎ LaPresse

大会の開幕と閉幕を飾ったのは、いまのプロトンではダントツのTTスペシャリスト。もともとはトラック・中距離種目を専門としていて、4km個人追抜の世界記録保持者でもある。ジロに向けては、有力視された北のクラシックを回避して高地トレーニングに励んだ。来る東京2020五輪では、個人TTとトラック・チームパシュートでの金メダルが目標。今大会終了後は、バンクでのトレーニング比重を高める予定だ。

2ステージ優勝 ティム・メルリール(アルペシン・フェニックス、ベルギー)

©︎ LaPresse

一見、マチュー・ファンデルプールのワンマンチームに思えるアルペシン・フェニックスだが、侮ることなかれ。いまやUCIワールドチームと対等に渡り合えるだけの戦力を整える一大勢力だ。特にスプリントに強く、大将の1人が28歳のメルリール。センセーショナルなスプリント勝利で見せた「W」サインは、2011年大会での事故で死去したワウテル・ウェイラントへささげたもの。ジュニア時代は同じトレーニンググループに属し、憧れの大先輩だった。

3ステージ優勝 タコ・ファンデルホールン(アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ、オランダ)

©︎ LaPresse

トップカテゴリーに昇格したばかりのチームに今季最初の優勝とジロ勝利をもたらしたのは、27歳のファンデルホールン。オランダでは“逃げ屋”として知られていて、2018年のビンクバンクツアー第3ステージでも大逃げを決めていた。それを機にユンボ・ヴィスマで2年間走ったが、グランツールメインのチームでは戦力になれず。新たな環境で自由を与えられての大勝利だった。あまりの興奮に「最後の100mで喜びすぎてしまった」。

 

SHARE

PROFILE

福光俊介

福光俊介

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

No more pages to load