BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

DIZO(ディゾ)・グローバー|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は繊維からカーボンシートを生産するなど非常に高い技術力をもつ台湾ブランド、DIZO(ディゾ)初のグラベルロード「DIZO・GROVER(ディゾ・クローバー)」をベテランライダーの管洋介がテスト!

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

台湾プレミアムブランドが手がけるグラベルロード

2016年に誕生したディゾは、多くのメーカーのOEM生産を手がけてきたアドバンスト・インターナショナル・マルチテックが、自社で展開する台湾のカーボンバイクブランドだ。
同社は自転車以外にもさまざまなスポーツ用品を製造し、繊維からカーボンシートを生産するなど非常に高い技術力をもつ。台湾ブランドというと多くが価格を抑えた商品展開にすることが多いなかで、ディゾは日本製のカーボンを使用したプレミアムなラインナップが中心となる。
グローバーはディゾ初のグラベルロードとして誕生したモデルだ。振動吸収性とペダリングの反応性を両立したフレームには東レのT800高弾性カーボンを採用。ホイールベースを長めに設定して、グラベルから舗装路まで安定した乗り味を実現した。
ボリュームがありながら滑らかなラインを描くフレームのデザインは、泥汚れなどの落としやすさに配慮したものだ。多くのキャリアマウントを装備し、大量の荷物を積むバイクパッキングスタイルにも対応可能。さらにフェンダー用のマウントも設けられる。フロントの変速はダブル、シングルの両方に設定可能。走行性能に妥協せず、さまざまなライディングスタイルにマッチするバイクがグローバーだ。

ケーブルはスムーズに取りまわされフレームに内装される。美しいグラデーションペイントも特徴だ
スルーアクスルを受けるナットはフォークにネジを切るのではなく、独立した構造で交換が可能。この構造によりフォークに余分な負荷がかからない
シートステーにはブリッジを設けてフェンダーの取り付けを可能にした。サイドのダボにはキャリアをマウントできる
45Cタイヤまで装着可能なクリアランスを確保した。試乗車には38Cが取り付けられていたが、条件に合わせてさまざまなタイヤが選択できる

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load