BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フリーカット素材採用、好きな長さにカットできるカペルミュールのアームカバー

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回はどこで切ってもほつれないフリーカット素材を使ったアームカバー「カペルミュール・フリーカットアームカバーUVホワイト」を編集長のイワタがテスト!

カペルミュール
フリーカットアームカバーUVホワイト

価格:3080円(ペア)
サイズ:S-M、L-XL
素材:ナイロン68%、ポリウレタン32%
機能:シームレス(接着仕様)、フリーカット可能、UVカット(UPF50+)
カラー:ホワイト(ブラックもあり)

身長181cmやせ型の俺が、L-XLサイズを切らずに着用。S-Mサイズが手に入らなかったのだが、伸縮性に優れているため、このサイズでも腕にフィットする

どっち側を切るかでサイズ調整

ウエアは基本的に標準体型の人に合わせて作ってある。だから、俺のように身長はあるがやせている人だと、長さと幅のバランスが合わず、サイズ選びで悩むことになる。アームカバーも、腕が細いのに長いから、Mサイズだと腕まわりはピッタリだが長さが足らない。かといってLサイズだと長さは合うが腕まわりがユルユルでズリ落ちてくる、なんてことに。腕が太い人だと、その逆の場合もあるだろう。そんな悩みを一気に解決するのがこれ。どこで切ってもほつれないフリーカット素材を使ったアームカバーだ。これなら腕まわりのサイズに合わせて商品を購入し、希望する長さにカットすればいい。これで手首まわりの肌が露出しているところだけ日焼けするのを防げる。標準体型じゃない人に福音だ!

まっすぐ切るのにコツがいる。できれば切るラインに印をつけて、大きな洋裁用ハサミで切るのがいい。小さいハサミだと切り口がギザギザになる(経験ずみ)
切り口はまったくほつれない。多少ギザギザに切ってしまっても、まったく大丈夫なのには驚いた。同シリーズでレッグカバーもある

 

イワタのひとこと

腕の付け根側の太いほうを切れば、より腕まわりを細く、逆に手首側を切れば太くできる!

モチのその他の記事は
こちらから

問:ウエイブワン
www.wave-one.com

出典

SHARE

PROFILE

岩田

BiCYCLE CLUB / 編集長

岩田

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

岩田の記事一覧

No more pages to load