BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車雑誌バイシクルクラブが新ロゴに! 3月号の付録はフロントバッグ|1月20日発売

バイシクルクラブがリニューアルし、ロゴも新しくなる。1月20日発売の3月号では「自転車×アウトドア」特集をお届け。さらに「自転車復帰トレーニング計画」では「今年こそ自転車に復帰したいな~」と思っているあなたを応援する。このほかジャーナリストがNo.1ロードバイクを決める「バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」も誌面上で発表。そして特別付録は「耐水フロントバッグ」、雑誌の付録というレベルを超えた作りになっている。

1985年創刊当時をオマージュした新ロゴへ

新ロゴは1985年創刊の『バイシクルクラブ』が使用していたものをオマージュし、ヨーロピアンなロゴへ変更。映像やSNS等、デジタルコンテンツを中心としたコミュニケーションへチャレンジし、変化していく中でも、創刊当時から約40年変わらず提案し続けている「自転車の楽しさ」への思いを込めているものだ。さらに表紙にはいまインスタグラムで世界中のサイクリストにブレイクしている自転車LOVEな髭オジサン「アンクルリンネ」が登場。よりディープな自転車趣味の世界を描いている。

特別付録! いまプロ選手の間でも人気の「フロントバッグ」

特別付録はなんでも入れられて取り出しやすい「耐水フロントバッグ」。プロレーサーのトレーニングアイテムとしても話題の、ハンドルバーに装着できる便利バッグがついに付録になった。ハンドリングをジャマしないちょうどいい小ささもポイントだ。ベルトをどこにでも通せ、ライトやベル、サイコンなどがジャマな場合は、隣にあるベルト通しを使って回避すればスマートに装着できる。複数のサイクルアイテムで常にスペース不足のハンドル上部でも本体を簡単装着できる。

ゆるく楽しむグラベルライド「自転車×アウトドア」

自転車でアウトドアを楽しむ、あるいはアウトドアで自転車を楽しむ。そんなシチュエーションに向いているのが、最近ぐっと増えてきたグラベルバイク。マルチパーパスな自転車で、身近にあるアウトドアを満喫してくつろぐ幸せな時間。そんな遊びの達人たちのスタイルを紹介する。

今回は人気ユーチューバー、けんたさんによるグラベルロードのインプレッション、ほかにもバイクロアで見つけたダートなカッコイイ自転車。車中泊女子の自転車&キャンプスタイルなどなどバラエティーに富んだアウトドア、そしてグラベルバイクの魅力をお伝えする。

このほか近年ラインナップが増えてきたグラベルロードの基本&グラベルの走り方も紹介する。

第2特集 楽しく体力を取り戻せ!
自転車復帰トレーニング計画

自転車趣味は楽しいけど、寒い冬はお休みしたり、家庭や仕事など環境の変化で乗れない時期があるのも事実。そこでしばらく自転車をお休みしたときにどうやって復帰すればよいのかを著名人に聞いてみた。「バイシクルクラブは自転車へ復帰したいガチなあなたを応援します!」

・道端カレンさん
・団長安田さん
・唐見実世子さん
・高岡亮寛さん
・武井 裕さん

最強のホビーレーサーと称される高岡亮寛さんも自転車から6年も離れていた時期があるのだ

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022発表!

自転車ジャーナリスト、自転車メディアスタッフが選ぶ「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」。その選考の詳細をお届けする。

このほか新連載など盛りだくさん!

  • NEW 辻 啓の「La Strada」
  • NEW 今野真一の「スチール自転車職人」
  • NEW UCI公認代理人山崎健一の「こちらパリ凱旋門前自転車諜報部」
  • 新城幸也の「ユキヤのワールドレポート」
  • 日向涼子のやっぱり坂が好き●埼玉県山の神峠
  • 自転車あるあるマンガ夏福の「自転車どうでしょう!?」
  • エル・プロタゴニスタ●ブリヂストンサイクリングチーム窪木一茂
  • ふじいのりあきのロードバイク研究所●コーナリングの科学
  • 疋田 智の自転車オヤジ

『バイシクルクラブ』新編集長・山口博久よりご挨拶

「1月より編集長となった山口です。私自身の体験として自転車に乗り続けたことで、体調不良も改善でき、さらに若いときに諦めたレース活動への復帰もできました。もちろん、自転車の魅力は家から出れば気軽に旅気分を味わえる移動手段、機能美を愛でたり機械をいじる楽しみ、アウトドアを楽しむグラベルロードやMTBなど無限にあります。それぞれのフィールドで感じられる自転車の魅力、新たな発見を読者のみなさまへ直接お伝えする、そんな自転車専門メディア『バイシクルクラブ』へ進化していきます。新たなバイシクルクラブをよろしくお願いいたします」

略歴

1998年、自転車専門メディア『バイシクルクラブ』へ配属。近年は『バイシクルクラブ』WEBやSNSを担当し、デジタル発信にも従事。20年来自転車専門メディアに携わるなかで、自身もレース活動を行い、国内トップカテゴリーのレース、全日本選手権ロードレースやシクロクロスに参戦。海外のグランフォンド世界選手権に出場するなど、国内外のレースを経験。ほか、シェア・ザ・ロード活動などを通して、自転車全般に精通する。

バイシクルクラブ3月号はこちらで購入できます

amazon

 

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load