BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

Qリーグは岡本選手が、Nリーグは工藤選手がリーダージャージ奪還|ツール・ド・はなわ 2022

10月22日(土)、福島県東白川郡塙町で「第 5 回ツール・ド・はなわ 2022」が開催された。公道をダイナミックにレイアウトした風光明媚(ふうこうめいび)なコースが特徴で、女子リーグ「クイーン・リーグ(Qリーグ)」、中学生リーグ「ニュー・エイジ・リーグ(Nリーグ)」の第10戦として実施。Qリーグは岡本選手が、Nリーグ中学生男子Nは工藤選手がリーダージャージ奪還に成功した。以下、プレスリリースよりレースレポートをお届けする。

大会延期を乗りこえ、万全の体制でレースを実施

8月28日に予定されていた今大会は、福島県内で新型コロナウイルス感染急拡大のため延期となった経緯がある。そこで主催の地元・塙町では優勝選手に地元産の新米を用意するほか、準備万全の体制で参加選手たちを迎えてくれた。

公道を使用するロードレース、朝のスタッフミーティングから万全の準備で対応
今回は地元・塙町産の美味しい「はなわ米」を副賞に用意

QリーグとNリーグ中学生女子NWが「Wクラス」、Nリーグ中学生男子Nは「Eクラス」のどちらも朝一番スタートとなる第1レース。雨の心配もなく風も穏やかなコンディションのなか、それぞれの対象レースでリーグポイント獲得のため熱いレース展開が繰り広げられた。

コースはメイン会場となった温泉施設「湯遊ランドはなわ」をスタートし、約2kmほど走行してから7.5km周回となる設定。周回に入ると前半が上りとなり、後半は一気に下っていくダイナミックなレイアウト。今シーズンのリーグシリーズ戦では、久しぶりの公道ロードレース。しかもクリテリウムのような平坦中心で登坂も短めが多かったレイアウトから一転、⻑い上りを得意とする選手たちはスタート前から気合の入った様子だった。

朝8時の開会式後、8時30分オンタイムでリーグ対象クラスが含まれる2周回を走る3つのクラスがスタート。まずEクラスがスタートした1分後に、MクラスをはさんでWクラスが時差スタート。周回コースに入る手前までローリングで選手たちをコントロールし、リアルスタートが切られてすぐに数名の逃げが出たのはNリーグ中学生男子Nが対象のEクラス。
「最初に軽い逃げが出て逃げ集団のメンバーが決まった。その後の下りや2周回目に入ってから、人数が絞られていってNリーグの稲葉(恵人)選手と2人になって最後のゴールに向かう下りで潰しあいになった。そのまま2人でのゴールスプリントになった」とコメントしてくれたのは、Eクラスで見事優勝を決めた工藤健太(ブラウ・ブリッツェンU15)。

自身レース初優勝を決め、豪華副賞の数々を受け取る工藤(写真中央)

「決め手はコーナーの番手だったと思います。落ち着いてコーナーのインをつけたのが良かったです」と冷静にレース展開を読み切った。ポイントリーダー授与式でプレゼンターとして登壇いただいた開催地元・塙町の宮田秀利町⻑は、レース初優勝を今大会でつかんだだけでなく、リーグ第7戦「第3回わたらせクリテリウム」以来のバトルマリンジャージ奪還に成功した工藤選手が中学2年生の13歳だと聞いた途端に「すごいね! そんな若くで優勝とは素晴らしい! この後の活躍が楽しみだねえ」と感激しきり。そんな宮田町⻑に応えるように工藤は「初優勝を決めた、この塙のコースは最高でした! この調子で、後のリーグ戦でも優勝を決めてリーダージャージを守りたい」と力強く宣言した。

なお、このEクラスでは上位3位がNリーグ登録選手が独占し、そのポイントランキング争いも現在リーダーの工藤136Pなのを筆頭に、ランキング2位の宮嵜(BMレーシング)が128P、3位の宇田川瀬那(ラバネロ)が125P、4位の稲葉が今大会で2位となり116P、5位の井上湧心が今大会3位で84P、とますます熾烈になっている。

Eクラスで表彰式を独占したNリーグ選手たち。左より2位の稲葉、優勝の工藤、3位の井上

Qリーグ対象レースとなったWクラスでは、スタート直後から地元・福島県在住の大関奏音(会津工業高等学校)が先行し、そのままゴールまで逃げ切って優勝となった。その後を追いかけたのがQリーグ登録の岡本彩那(ブラウ・ブリッツェン)と山田菜月(Team 一匹狼)、そして地元・福島県在住の佐久間優衣(学法石川)の3人。

Wクラス表彰式。左より2位の岡本、優勝の大関、3位の山田の各入賞選手たち

「3人で集団を回しながらゴールスプリントに入った。以前、山田選手にはゴールスプリントで負けてしまったことがあったので、勝たないと!という強い意識があって狙いました」とコメントした岡本が、狙ったとおりゴールに先着。Wクラス2位に入り、リーグ第8戦「秋のしもふさクリテリウム」でアメジストジャージを獲得した後、一時リーダーの座を明け渡していたポイントリーダーの座とジャージを再び取り戻した。岡本は「初めてこの大会に出場しましたが走っていて楽しいコースでした。来月の大磯クリテリウムで勝ってQリーグリーダーを守りたいです」と意気込みを語った。

今大会のポイントリーダー授与式においても、QNリーグ・各ポイントリーダー賞として「アメジストジャージ」「バトルマリンジャージ」の各リーダージャージご提供はBioracerさま、副賞ご提供は武田レッグウェアー株式会社さま、株式会社隼さま、アイリス株式会社さま、そしてリーグ登録選手全員に試供品を株式会社アミックグループさまからご提供いただいている。改めて厚く御礼申し上げます。

最新ポイントリーダー、左よりQリーグ岡本、Nリーグ工藤、そして塙町⻑の宮田氏

ジュニアギヤ撤廃とその予兆

Qリーグ岡本は高校1年、Nリーグ工藤は中学2年とジュニア年齢の選手が現在、ポイントリーダーとなっていることもあり、ジュニアギヤとコース選定について併せて書いてみたい。というのも、世界の自転車競技を統括するUCIより今年の6月に「男女ジュニアのギヤ比規制を2023年1月1日より撤廃する」という発表があり話題となった。今までは、男女ジュニアが大会で使用できるギヤは、最も重いギヤでペダル1回転あたりの走行距離が7.93mになるようにしなければならない、となっていた。その規制が来年からなくなるのだが、この予兆は以前からあった。

元プロ選手で現在は山梨県を中心に自転車レース普及活動をおこなうトム・ボシス氏のブログでも紹介されているとおり、すでにフランスでは一足先に若手選手のギヤ規制が無くなっているという。
しかし、そもそもなぜギヤ規制が設けられていたのか?というと、多くの方々がご存じのように「成⻑期に高い負荷をかけることが、若手選手の成⻑に影響をもたらすことが懸念されているから」というのがある。だが、これについてもブログには非常にわかりやすく解説がなされている。

トム・ボシス氏のブログはコチラをご覧ください。

弊リーグでは3年前の初年度においてギヤ比制限を設け、対象とするシリーズ戦でギヤ比チェックをおこなってきた。しかし、一番気になったのは、普段から指定ギヤ比を使っていない状況を散見していたことだった。自転車に乗る若手選手と、その管理をする指導者や保護者がギヤ比の仕組みや利点を理解し普段からジュニアのギヤ比で練習からレース出場まで、通年走らせているのであれば問題がないのだが、ギヤ比規制のあるレースの車検直前になるとギヤやホイールを交換するのを何度も見てきた。ひどいケースだと、車検の前にホイールを検査員の目の前で交換し「大丈夫かどうか測ってほしい」と言われたときには、あきれて何も言えなかった。これでは規制をしても意味がないと察し、翌年度からリーグでのジュニアギヤ比制限を撤廃することにした。

ただし、リーグに登録している選手たちの多くは自転車競技への関心が高く、普段から理解したうえでジュニアギヤ比を基にして軽いギヤで走り、きれいに回転を上げられる選手がほとんどのため、そんな選手が他のギヤ比制限の対象外となっている選手と混ざって走っても大きな差にならないようなコース選定を考慮するようにしている。ポイントとしては、激坂や⻑すぎる登坂区間、踏まないと進まない下り区間ができるだけ無いようにと考えている。

この条件を踏まえると、回転でスピードをコントロールする術を自然に身に着けてもらいながら、ギヤチェンジで小まめにコントロールしながらレースを運ぶことを覚えてもらいたいと思う。

もちろんトルク力の向上を狙うような、しっかりとした軸を作る筋力増加トレーニングも非常に重要だ。しかし自転車を始めたばかりの選手や、トルクだけに頼りやすい走り方をする選手にも自転車ならではのギヤをコントロールする走り方を覚えるチャンスになると考えている。一方の極端にならないバランスの良い強化方法として、このギヤ比撤廃を期に今後もジュニアを含めた育成の方法を模索していきたい。

須藤むつみ(スドウムツミ)プロフィール

ミュージシャンを目指すなかで自転車と出会い、のちに実業団チーム所属選手となりレース活動を本格化。1997年1月、オランダで開催されたシクロクロス女子ワールドカップ「CYCLO-CROSS HEERLEN」に参戦、完走。1999年、第6回全日本シクロクロス選手権大会・優勝。2003年に現役を引退後、NPO法人および女子レースチームを設立。その後、2014年から自身のチーム所属として選手活動に復帰。
現在は女子エリート選手として、国内外のシクロクロスレース活動をおこないながら、「MC牛」としてもレースMCや大会運営活動を通して、シクロクロスを中心とした自転車レース普及を実施。2020年からは女子とジュニアのための自転車リーグ「Qリーグ・Nリーグ」を発足した。

PHOTO:Takashi Saito

Qリーグ・Nリーグ公式サイト
http://www.jbrain.or.jp/q-n-league

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x