BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サクサク皮にとろ~り甘酢あん。揚げ餃子が悶絶するウマさ! 駒込『兆徳』

餃子といえば、まず「焼き」をイメージするところだが、忘れてはならないのが「揚げ餃子」。最近では、いろいろなお店がこだわりの揚げ餃子を出し、味を競っているのだとか。中でも注目は、パリッと焼きあげた餃子にとろみのある甘酢あんをかけた、名店「兆徳」の一皿。そのウマさのヒミツをご紹介しよう。

これが「兆徳」の揚げ餃子だ!

1200_DSC_4621

サクッ、とろっ、の絶品揚げ餃子が食べられるのは、東京は本駒込に店を構える「兆徳」。落語家の古今亭志ん朝がこよなく愛したという、古きよき街の中華屋さんだ。

1200_DSC_4526

さすがの手さばきで次々と餃子を包んでいく店主の朱徳平さん。少し薄めの皮に、豚挽き肉とキャベツ、長ネギなどの具を包んだ餃子の隠し味は、チャーシューの煮汁。旨味たっぷりでありながら、にんにくを使わないさっぱりとした後口に、女性ファンも多い。

1200_DSC_4614

そして味の決め手は、何と言っても甘酢あん。低温からじっくり揚げて皮はサクサク、具はふっくらに仕上げた揚げ餃子はそのままでもおいしいが、レモンの風味が爽やかな甘酢あんをたっぷりかけることで、悶絶級のウマさに! あんはオーダーが入るごとに作るので、いつもとろ~り熱々。甘酢と餃子が織り成す味と食感のハーモニー、ぜひ堪能してほしい。

1200_DSC_4593

揚げ餃子(6個・550円)は夜のみのメニュー。ランチには、焼き餃子(6個・450円)と玉子チャーハン(650円)という王道のセット(980円)もおすすめだ。

DATA
兆徳(ちょうとく)

住所:東京都文京区向丘1-10-5
電話:03-5684-5650
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜23:30(土・日・祝日~22:00)
定休日:不定休

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load