BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

海松貝〈ミルガイ〉|料理を愛する人のための魚図鑑

水管部分に旨さが詰まった貝の王様

二枚貝の中で最高峰に位置するのがミル貝だ。市場では「ミル」、「本ミル」などと呼ばれ、水管にミル(海松海草)をつけ、水管が引き込まれるときにそれを食べているように見える姿から“ミルクイ”とも呼ばれる。

貝類の王様とも称されているが、最近では漁獲高の減少とともに手に入りにくくなっている。白ミルと呼ばれるナミ貝が、ミル貝の代わりに市場に出回っている。

おすすめの料理

刺身、塩焼き、バター焼きなど

さばき方

殻を開けて、身をはずす。水管の皮は剥き、ヒモ、貝柱、ワタの部位に切り分ける。一番美味しいのは水管だが、ヒモや貝柱、ワタの部分も食べられる。

「貝むき」をAmazon.co.jpで見る

DATA

分類

マルスダレガイ目 バカガイ科

学名

Tresus keenae

英名

Trough Shell

産地

水揚げ量の少ない高級貝。兵庫県の播磨灘や愛知県の三河湾、山口県の周防灘、東京湾などが有名。

秋から冬にかけて産卵するため、春先から初夏にかけてが旬とされるが、冬場も極上。

目利きのポイント

  • 殻からはずされた状態で売られている場合は、指で触ってピクッと動くものがあれば新鮮。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load