BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

憧れの白馬バックカントリー|グレイトフル・デイズ

初めてバックカントリーを滑ったのは、スノーボードを始めて3シーズン目。白馬の山だった。まだだれも滑っていないまっさらなスロープを求めて、再び白馬の山へスノートリップ。

スノーボードを始めたすぐのころから、気がつけば柔らかいパウダーが好きだった。雪が降れば非圧雪コースのパウダーへ果敢に突っ込み、転がり、雪まみれになりながら滑っていた。そして山をやっていた僕は、スキー場の奥に見える真っ白な山を見ながら「あそこを滑ってみたい」と、バックカントリー(BC)を滑ることに強くあこがれていた。そしてスノーボードを始めて3シーズン目、ついにそれを実現したのが白馬の山だったのだ。

今回の白馬へのスノートリップはカラースポーツクラブのクラブハウスを拠点にした。 山も近くて居心地のいい空間だ。

今回、これ以上にない滑り出しでカタさんも僕もいい気分だった。白馬に入った初日は、肩ならしのはずの岩岳スキー場がまさかのドパウ(ドパウダー=深雪)。2日目に滑り仲間と入った栂池BCでもいい雪を当てていた。しかも小1時間のハイクで1本目に滑った斜面は、僕にとって初めての場所で、地形も刺激的でおもしろかった。

朝一に除雪車が出動していたら、まずはパウダー確定だ!その日どこを滑るのかは、しっかりと状況を見極め、安全に楽しみたい。

白馬というエリアは、ある意味で山と街の境界線が存在しない。3000m級の北アルプスの連なりが、麓の街から絵を眺めるような感覚で見渡せる。こういう環境だからこそ、白馬岳に北アルプス初の山小屋が誕生し、村全体に山の文化が根付いたのだろう。BCエリアにアクセスするにしても、リフトを利用すればハイクが30分で済んでしまう場所があるのも、白馬の特徴であり魅力だ。

テント生活しながら山に入るという当時のトネさん のスタイルは、僕に多大な影響を与えた。おかげで初BCのときも迷わずテント泊だった。

「明日は山の上どうですか?」「そうね。雪はいいとして、あとは風次第かな〜」。天気とコンディションが気になる僕らは、カラースポーツクラブのクラブハウスでトネさんにアドバイスを求めていた。

カラースポーツクラブ代表の舎川さん(トネさん)は、白馬BCのパイオニア的存在である。僕がBCを滑り初めたころ、トネさんは冬の間に白馬の麓でテント生活をしながら、山に登り次々とルートを開拓していったという、僕にとって憧れの人だ。

平日朝一のリーゼングラート前。すでにリフト運行待ちの人たちがいた。

雪の降り方や風の吹き方などの、そのエリア特有の気象条件と、斜面の向きや日照時間などの複雑な条件がからむ山の現況は、その地に住んで山に入っている人に聞くのが最善の方法だ。その条件次第で、いかにその日楽しい斜面を滑れるかだけでなく、雪崩や滑落などのリスクも大きく変わってくる。それらを基に自分で最終判断するのが難しければ、カラースポーツクラブも開催しているようなガイドツアーに入るのが一番である。

大雪が降ったときは、スキー場のリフトまわしで滑るのが賢い選択だ。

八方尾根スキー場のトップに向かうリーゼングラートのリフト上で、僕らは風に大きく揺られていた。昨晩、暖かいクラブハウス内で想像していた風は、それ以上のものだった。八方池山荘で登山届を提出し、すぐにハイクを開始。まだ山のてっぺんはガスで覆われたままだ。

滑る斜面を思いながらハイク する時間もまた楽しい。

しばらく黙々と歩き、下ノ樺(しものかんば)に到着。ダケカンバが生え、この尾根上で唯一、少しだけ風を避けられるこの場所で小休止を入れる。いつものチョコレートを口にしながら「風止むかな〜!?」と、ひとり言のようにつぶやくと、カタさんは上部を見つめてポツリ、「まだまだ強そうだね」とだけ言った。

森のなかは風の影響が少なく、パウダーが積もりやすい。視界が悪い日のBC滑走はツリーランにかぎる。

その見つめる先にある2361といわれるピークに目をやると、すごい勢いで雪煙が巻きあがっていた。急にやせ細った尾根を登りながら、北東からの強烈な風で体ごと吹き飛ばされそうになった。四つん這いで斜面にへばりつきながらなんとか進む。ふっと風が止んで後ろを振り返ると、同じように斜面にへばりついているカタさんと、下ノ樺あたりで滑走準備をしている別グループが見えた。

唐松岳方面を望む。厳冬期の北アルプスはそう簡単ではない。タイミングを見計らってまたチャレンジしたい。

この日は昼から急速に風が止み、天候も回復する予報だ。この時点で11時。僕らが目指す斜面はまだずっと上の方で、最低でもあと3時間は必要である。帰りや斜面を滑る上でのリスクを考え、斜面へドロップするタイムリミットを14時と決めていた。

2361をすぎ、丸山ケルンにやっとの思いでたどりつくと、この短い距離を進むのに30分もかかっていた。ついに姿を現した唐松岳は、雪煙で稜線が少しかすんで見えるほど風が吹き荒れているようだ。

白馬は食事も楽しめる。肉好きの僕は、白馬に来たら必ず炭火焼肉「深山」へ。

「今日は厳しそうっすね」。少しも弱まる気配のない風に、14時にはとても間に合わないと思った。おそらく2361あたりで気づいていたはずのカタさんも、「また今度だね」と言って、僕らは2361まで歩いて戻ることにした。

思えば初めての白馬BCもそうだった。栂池高原の雪原に張ったテントで1週間チャンスをうかがい、滑れたのはたった1日のみ。近そうに見えていた白馬の山の厳しさを思い知り、山が遠い存在に感じたのだった。

どこのラインをどういうふうに滑るかは、滑り手次第。あらゆる選択肢からオリジナルのラインを描く。

氷化していない安全な斜面で滑る準備を整えると、ふたりともしばらく斜面を見つめ、だれも滑っていないまっさらなスロープに自分だけのラインを見出す。

「それじゃあ、あの小さい尾根の上でね」。そう言ってカタさんが先にドロップインした。風で少しパックされた雪はそれほど大きなスプレーは上がらないが、スピードに乗って気持ちよさそうにターンをつないで滑っていく。小さくなっていくカタさんが尾根の手前でひときわ大きなターンをしたとき、少し間をおいて、風の合間にはずんだ声が聞こえたような気がした。

たとえ目的の場所まで行けなくとも、山から無事に降りて来られたらいい1日だったといえる。

出典

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load