BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

楽しくサーフィンしたいならリスク管理も抜かりなく|サーフィンの基本

楽しい一日を台無しにする、クルマの盗難やビーチでの怪我。あとで後悔しないために、リスク管理を徹底しておこう。
◎出典:サーファーになる本 改訂版 ◎photo: Kenyu

セキュリティボックスを活用しよう!

サーフィンを満喫して、いい気分で海から上がったら忽然とクルマが消えていた……。残念ながら、海ではそんな物騒な事件も少なからずある。車両盗難や車上荒らしを未然に防ぐためには、鍵の管理が何よりも重要だ。一昔前はタイヤ周りなどに鍵を隠すサーファーも多かったが、これでは「盗ってください」と言っているようなもの。泥棒たちは獲物を陰からチェックしているのだ。

では、どうすればいいか。アナログキーなら身に着けて海に入ることもできるが、リモコンキーやスマートキーの場合は難しい。今、サーファーたちの間で主流になっているのは、クルマのドアノブなどに固定できるセキュリティボックスだ。仲間と暗唱番号をシェアしておけば、先に上がった人が開錠できるという利点もある。ただし、暗証番号の設定には注意したい。サーファーはつい“1173”を設定しがちだが、常習犯の泥棒には見破られる可能性があるので気をつけよう。

鍵を安全な場所に保管したら、いよいよ海へ。この時、ビーサンは海の近くまで履いていくべし。真夏の砂浜は火傷しそうなほど熱いし、ガラスの破片など鋭利なものが落ちている可能性もある。履いてきたビーサンは、潮が満ちても波にさらわれない場所を選び、砂に立てておくとあとで探しやすい。
▲セキュリティボックスの使い方は簡単。中に鍵を入れ、クルマのドアノブなどに固定し、暗証番号をセットすればOK!

アナログキーは身に着けて海へ

ウエット素材のキーケースも市販されている。首から下げ、上にウエットやラッシュガードなどを着ると安心だ。

タイヤ周りに隠すのは危険!

鍵を隠すだけでは安全とはいえない。隠すところを泥棒に見られている可能性があり、車両盗難や車上荒しに遭う危険性も。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load