BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サーファーズハウスで暮らしたい! 海沿い移住計画

サーファーの移住先として人気の「湘南」と「千葉北」。それぞれどんな魅力があるのかチェックしてみよう。
◎出典: サーファーになる本 改訂版 

サーファー移住者が増え続けている湘南・千葉北エリア

サーフィンの上達スピードを速めたいなら、一日でも多く海に通って練習を重ねるのが一番。手っ取り早いのは海の近くに住むことだ。都心で働くビジネスマンの場合、移住先として現実的なのは「湘南」もしくは「千葉北」だろう。現に、どちらのエリアもサーファーの移住者が増え続けている。

湘南エリアは、どこかカリフォルニアのような洗練された雰囲気が漂うサーフタウン。東京まで電車で1時間圏内なので、がんばって早起きすれば朝イチで海に入ってから通勤することもできる。ただし、鎌倉を含む湘南エリア全域は波がない日も多く、毎日練習できるかどうかは微妙なところ。少しでも可能性を高めたいなら、小波でもブレイクする鵠沼辺りがお勧めといえる。

千葉北エリアは、自然に囲まれて暮らしながらガッツリサーフィンしたい人にはお勧めのエリア。一宮駅からJR外房線の特急「わかしお」を利用すれば東京駅まで約1時間でアクセスでき、十分通勤圏内といえる。終電が早いというデメリットはあるが、何よりコンスタントに波があり、練習できる確率が高いのが魅力。また、湘南エリアに比べて家賃相場がリーズナブルなのもうれしい。

それぞれのよさがある「湘南」と「千葉北」。求めるサーフィンライフに合わせて選択してみては。

人気の湘南エリアには魅力的な物件が豊富!【湘南】

ガーデニングや家庭菜園を楽しめる広めの庭がある物件やサーファーを意識した物件が豊富。都心のような便利さと潮風吹き抜ける海辺の生活を同時に!
photo: Kenyu 

湘南移住の相談は・・・

【ティーズ・ハウジング(株)】
住所:神奈川県藤沢市辻堂東海岸4-2-18
Tel:0120-073-134
URL:http://tsujidou.com
営業:10:00〜18:00
休み:火・水

ハイサーフエリアで波と共にビーチライフを【千葉北】

海を眺めながらバーベキューできるテラスや、外シャワー完備の物件多数。房総半島ならではのカントリー感も大きな魅力だ。新築物件も続々増えている!
photo: Mitsuteru Kamio 

千葉移住の相談は・・・

【(株)アーゴプロジェクト】
住所:千葉県長生郡一宮町東浪見5-1
Tel:0475-42-6800
URL:www.ago-project.com
営業:9:30〜18:00
休み:水・土

2大人気エリアの条件比較

湘南

【家賃相場】:一人暮らし7~10万円、ファミリー10~15万円
【分譲戸建て相場】:3,500〜4,500万円
【サーファーにおすすめの居住エリア】:辻堂近辺エリア
【近くのスーパー・商業施設】:テラスモール湘南、湘南T-SITE、湘南モールフィル、なぎさモール辻堂など
【最寄高速or有料道路インター】:圏央道・茅ヶ崎海岸
【最寄駅&東京駅までの所要時間】:JR東海道線辻堂駅/約50〜60分

千葉

【家賃相場】:一人暮らし3.2万~5万円、ファミリー4.3~14.3万円
【分譲戸建て相場】:2,500〜3,000万円
【サーファーにおすすめの居住エリア】:大東・一宮エリア
【近くのスーパー・商業施設】:スーパーレオなどローカル店からBeisia、SENDOなどの大型店まで
【最寄高速or有料道路インター】:九十九里有料道路・一宮料金所
【最寄駅&東京駅までの所要時間】:JR外房線上総一ノ宮駅/約60分(特急使用)

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load