BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【サーフボードの選び方】自分の乗り方(=スタイル)・技量に合ったものを!

サーフボードは長さ、形状、ディテールなど千差万別。乗り心地も大きく変わるので理解しておこう。
◎出典: サーファーになる本 改訂版

自分がどのような乗り方をしたいかで決まってくる!

サーフボードは「長さ」、「幅」、「厚み」をベースにノーズ、テール、フィン、ボトム、レールの形状からクロスの巻き方、素材など様々だ。サーフボードによってその乗り味はもちろんのこと乗り方=〝スタイル〟が変わってくる。ユーザー自身の身長、体重にその時のサーフィンレベルを割り出しつつ、どのような乗り方をしたいかによってサーフボードをチョイスしよう。

「ゆくゆくはアグレッシブに波を攻めたい!」のであればパフォーマンス重視のショートボード、「いやいや、のんびりと波をクルーズしたい!」のであれば優雅に楽しめるロングボードを。とはいえ、いきなり初心者が浮力の少ない薄いショートボードに乗ろうとしてもなかなか乗れず挫折するだけなので、ショートボードとロングボードの中間の「ファンボード」という選択肢もある。

また、波のサイズや波質によってもチョイスするサーフボードは変わる。小波やメローな波だったら浮力のあるショートボードやロングボードを。また、大きな波や掘れた波だったらロッカーの反ったボードを。「ガン」と呼ばれるビッグウェーブ用のサーフボードも存在する。

長いサーフィン人生を1本のサーフボードで終始することはまずない。ステップアップするごとに乗り換えるのもサーフィンの醍醐味なのだ。

サーフボードは恋人のように扱うべし

▲ステップアップするごとに乗り換えるのもサーフィンの醍醐味なのだ。サーファーにとって、ボードは恋人と等しく大切な存在だ。海上がりには必ず真水を浴びせるなど、ハートを込めてガラスを触るように扱いたい。

サーフボードの種類

① パフォーマンスショート

【Spec : 5’9”×19 1/2”×2 3/8”】
コンペティションでも多く使用されるようなショートボードのスタンダードなタイプ。アグレッシブなサーフィンスタイルに向いている。

② ミニボード

【Spec : 5’7”×19 3/4”×2 3/8”】
パフォーマンス系よりテイク・オフが早くて安定する。コンペ志向ではなく楽しむことに重きを置くモデル。近年のショートの主流である。

③ ニュージェネレーションボード

【Spec : 5’3”×22”×2 3/4”】
ミニシモンズとパフォーマンス系のハイブリッドタイプ。昔と今のデザイン要素がミックスされた、次世代のサーフボードといえる。

④ フィッシュ

【Spec : 5’6”×21 1/2”×2 1/2”】
80年代から長く愛される不変のデザイン。グライド感(浮遊感)が特徴。簡単なボードとはいえないが、乗りこなせるとスタイリッシュ。

⑤ ミッドレングスシングルフィン

【Spec : 6’6”×22”×2 7/8”】
シングルフィンはサーフボードのルーツといえる。レールトゥレールで、シンプルなサーフィン向き。基礎を学ぶのにもおススメだ。

⑥ ファンボード

【Spec : 8’2”×21 1/16”×3 3/16”】
レベルに関係なくサーフィンの基礎が学べる。ビギナーが一番エントリーしやすく、イージー・テイク・オフで波を捕まえることに特化する。

⑦ ロングボード

【Spec : 9’6”×23”×3”】
長さがあり、直進安定性に優れる。テイク・オフしやすくビギナーに最適。ショートが乗れない小波でも遊べる。1本持っていると便利。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load