BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サーフィン初心者が上達に欠かせないテクニックポイントって?【Part 4】

せっかくはじめたサーフィン。でも、途中で挫折せず長く続けていくことが実は一番難しい! そこで、初心者~中級者が陥りやすい壁を挙げ、それを乗り越えるためのポイントを4回に分けてお届け。今回が最後のレッスンで、テーマは「ターン」。小さなターンを繰り返して、アップス&ダウンスを完成させよう。
◎出典: SurfStyle 2021

体をバネのように使ってアップス&ダウンス

サーフィンは波という自然相手のアクティビティなので、自然が作り出す条件にサーファーが合わせていかなければならない。それは波に乗ったときも同様で、波のブレイクが速い場合などには、自らでライディングのスピードをつけて、ブレイクの速いセクションを抜けていく必要がある。

ライディングスピードをアップさせる方法は、ターンをすることだ。それも比較的小さなターンを繰り返し行って、波のフェイスを上下に行ったり来たりするアップス&ダウンスというテクニックが有効。これはサーフィンのコンペティションにおいてマニューバとしてスコアにつながるテクニックではないものの、プロサーファーでもブレイクに合わせて利用するテクニックだ。つまり、最初に覚えておくべきターンでありテクニックであるということ。

それには体の傾きを切り替えながら、レールを海面に入れたり抜いたりする必要がある。そのとき、体をバネのように伸縮させることがポイントの1つだ。

【1】体を縮めながらボトムへ降りる

横へ向かってテイクオフしたら、体を小さくするようにして波のボトムへ降りていく。ちょうどバネを縮めるようなイメージだ。

【2】体を伸ばしながらトップへ上がる

波のボトムで体を小さくしたときに溜め込んだパワーを解放するようにして、波のトップを目指す。そのとき体を伸ばすようにする。

【3】再び体を縮める準備を行う

波のトップに上がってきたら、次は再び波のボトムを目指していく。そのとき、後ろの腕を前方に移動させて、体を縮める準備をする。

【4】腕を下げながらボトムへ向かう

伸びた体を再び縮ませるときに、腕を下げるようにしてきっかけを作る。そうすると膝も自然と曲がっていき、次のターンにつながっていく。

【5】膝を深く曲げてパワーを溜める

目線は進行方向に向けながら、膝をさらに深く曲げていく。これが次のターンするときのパワーにつながり、加速できるようになる。

【6】体を傾けてレールを入れる

波のボトムに到達したら、体を傾けて波側のレールを海面に食い込ませる。これら一連の流れを繰り返すとアップス&ダウンスが完成する。

サーフィン初心者が上達に欠かせないテクニックポイントって?|【Part 1】はこちら>>>

サーフィン初心者が上達に欠かせないテクニックポイントって?【Part 1】

サーフィン初心者が上達に欠かせないテクニックポイントって?【Part 1】

2021年08月26日

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load