BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【小熊海ノ介】この一本が自分を成長させてくれた

『マジックボード』。それは、外見上のアウトラインやロッカー、さらにデータ上の数値といったものでは計り知れないような、特別なフィーリングを伴ったサーファーとサーフボードとの一期一会の出合いである。そして時に、自分や自分の周りの者達の人生までをも一変させてしまうような、強烈な体験となるのだ。そこで、著名なサーファー達が経験した『マジックボード』との出合いやストーリーに耳を傾けてみた。

今回、話を聞いたのは、昨年に本誌のカバーを最年少で飾った小熊海ノ介。年齢や世代を超えても、サーファーにとっては、マジックボードは特別な存在だ。弱冠16才のアップカマーにとっての“マジック”とは。
◎出典: NALU(ナルー)no.121_2021年7月号

自分を成長させてくれる一本。それがマジックボード。

――小熊海ノ介。この名前を耳にしたことがある読者はまだまだ少ないはずだ。だが、そう遠くない将来、このサーファーは日本、いや世界のサーフシーンを騒がせているかもしれない。

この冬まで中学生、春から高校生になったばかりの16才。サーフィンを始めたのは、たった4年前。だが、サーファーとしてのポテンシャルは相当なもの。ここ最近、その評判は地元の湘南・鵠沼だけでなく、他のエリアにも届くようになった。そして昨年、本誌のカバーを最年少で飾ったという、いく末恐ろしいサーファーだ。

そんな神童のマジックボードとは。

「今乗っている板です。スケートパーク前で初めて乗ったのですが、板がフレックスして、カットバックの時にグニューンとなったのが、気持ちよかったです。テイクオフも早くて、ノーズもターンもできてという板だったので、すごく感動しました」

果たして、そのボードの正体とは。「僕が削りました」と手を上げるのは、新城譲だ。自身がプロデュースするボード「TRANSISTORBRAND」に海ノ介の両親が乗った関係で、息子も面倒見ることになったのである。

新城曰く、「ショップのメンバー用のレンタルボードとして、女の子も乗れるようなサイズ感をダウンしたボードを削っていたんです。たまたま、海ノ介が来て、この時の体のフォルムと板のサイズ感がリンクして。『これ乗りなよ』って渡したんです」

▲お気に入りのマジックボードとともに自宅にて。海の上とは対照的に、プライベートではまだあどけなさを感じさせる

育ち盛りの海ノ介だが体重は若干48キロ。ボードのボリューム感とウエイトが絶妙にフィットしたのだろう。

「自分はシェイプ歴も浅いし、正直、奇麗なシェイプでもないし『絶対、調子悪いでしょ?』て聞いたら、『調子、いいっす』と。そんなやりとりが結構続いたんです。最初はお世辞時かなと考えていたんですが、『マジに今まで乗った板の中で一番調子いいっす』と」

サーフィン歴は4年ながらも、これまで所有したボードは15本以上と経験値は高い。その中でもベストな一本というのだから、よほど調子がいいのだろう。実際に海ノ介のライディングを目にした新城は「えっ、あの板あんなに走るの!?」と驚いたと言う。「なぜか僕もわからないんです」と苦笑い。

だが、海ノ介は、この一本は自分を成長させてくれたと語る。

「NALUでトリップに行ったりカバーになったりと、このボードのおかげで、いろんな意味で成長してできたと感じています」

▲先輩サーファーである新城からはさまざまなアドバイスをもらっている。年齢を超えてのタイトなリレーションシップを築いている

これからどんどん成長を遂げていく海ノ介。その将来に先輩の新城も大きな期待を抱く。

「すごいですよ。トリックもできるしバックヒール、ハングヒール、とノーズは何でもできますね。すごく上手いし、スタイリッシュです。体ができたら、今活躍しているプロサーファーも『ヤバいな』と思うかもしれないです」

目標とするサーファーやスタイルは特にないと言う海ノ介。

「サーファーとしてもっと世界に出て行けて、トッシュ(注:ジョエル・チューダーの息子)とか同じくらいの年齢のヤツと仲よくサーフィンしたり、時には戦ったりしてみたいですね。みんなに『海ノ介、ヤバいよね』って言われるようになりたいです」

マジックボーとともに海ノ介は未来に向かって成長していく。

Profile

2005年、北海道生まれ。中学生の時に、両親とともに湘南・鵠沼に移住。それまではスノーボード一辺倒だったが、サーファーの両親の影響もあり、海の近くに暮らしたのをきっかけにサーフィンを始める。両親が新城譲がプロデュースする「TRANSISTOR BRAND」のボードに乗ったを機に、海ノ介も新城と交流を持つようになる。プロもうならせる将来が楽しみなアップカマーである。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load