BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【Event Report】北泉海岸に、「Surf in MUSIC」がやって来た!

2023年9月16日、ついにその日がやってきた。

NALUで度々紹介してきた福島県南相馬市の北泉海浜総合公園に、「Surf in MUSIC in北泉」がやってきたのだ。

「Surf in MUSIC in北泉」とは、「NALU」と千葉のラジオ放送局である「bayfm」という2つのメディアがコラボレーションして展開するプロジェクトで、音楽でサーフィンを盛り上げ応援することを目的とし、Surf in MUSIC=“音楽で波乗りしよう”を合言葉に、より大きなサーフムーブメントの創出と、ビーチカルチャーの定着を目指している音楽イベント。

サーフ系ミュージシャンが集結するプロジェクトライブが行われた訳だが、今回のメンバーは、「宮 武弘」、「ChiyoTia」、「KEISON」、「東田トモヒロ」、そして「GAKU-MC」と、豪華ミュージシャンが勢揃いし、夏の終わりの北泉に華麗なメロディーで彩った。

▲当日は多少の雨が降ったものの、北泉海岸が「Surf in MUSIC in北泉」を歓迎するかのように、大きな虹が出迎えてくれ、そこからLiveがスタート!
▲左上から時計回りに「宮 武弘」、「ChiyoTia」、「東田トモヒロ」、「KEISON」。 皆、このプロジェクトを理解し、福島県への想いを歌に込めた。東田トモヒロ氏は、南相馬市の保育園に自身がベースにしている熊本の野菜や果物・穀物を届けるなど、ソーシャルワークの取り組みにも積極的だ。
▲福島県内外から多くのファンが詰めかけた。
▲ステージを楽しむファンの中には、毎日幼稚園に行くクルマで出演アーティストの楽曲を聴き、この日を待ちわびていたという、ちびっ子も。
▲トリを飾ったのは「GAKU-MC」のパフォーマンス!

 

今回の会場となった『北泉海浜総合公園』のポテンシャルを、再確認!

もう一つの報告としてお伝えしたいのが、いままでNALUでは北泉の波のポテンシャルについて紹介していきたが、今回の会場となった『北泉海浜総合公園』について少しだけ補足させてほしい。

実は、『北泉海浜総合公園』のすぐ隣には広々としたキャンプサイトがあり、サーフィンや「Surf in MUSIC in北泉」を楽しみながらテント泊をしている方々も多いのだ。

そう、ここはSurf&Campを最大限に楽しめる場所で、自然が大好きなサーファーにとっても、この上ない環境なのである。

サーフMusicを聴きながらお酒を飲み、テントに傾れ込み、翌日は目が覚めたら海に入って1ラウンド。そんな夢のような時間がここにはまっている。

▲海岸側から見た『北泉海浜総合公園』。この広場の奥側(陸側)にテントサイトが広がる。
▲メイン会場の広場。気持ちのいい芝生と、広い空が印象的だ。
▲海からすぐの立地で、これだけ整ったテントサイトも珍しい。  来年もまたこの場所でイベントが開催されるのが今から楽しみだ。
▲「えぶなみ北泉」では、北泉海岸の情報を随時更新中!

北泉海岸サーフ情報サイト|えぶなみ北泉

波がある確率365/365日の北泉海岸の魅力とは?サーファー必見の最新イベント・グルメ・宿泊、アクセス情報なども掲載。

今後のイベント情報もこのサイトで発信されるので、要ブックマーク!

 

再会の海~北泉の波が呼んでいる~

サーフィンの街・南相馬市が辿る希望への歩みに、サーフィン専門メディアNALUがさまざまなコンテンツで迫る。

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load