BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【SurfShop】サーフィンを次世代に繋ぐ、南相馬市の老舗サーフショップを訪問!

南相馬市初のサーフショップとしてオープンした「サンマリン・サーフショップ」は今年で37周年を迎える老舗店。オーナーはこのエリアで初めて波乗りをした一人でもある鈴木康二さん。現在67歳の彼は生まれも育ちも南相馬市。20歳でサーフィンに出会い、30歳でサーフショップをオープンした。

「1970年代はちょうど第2次サーフィンブームの頃。友達が始めたのをきっかけに僕もサーフィンにハマりました。当時は福島県内すべてを含めて、20人くらいしかサーファーがいませんでした」と当時を振り返る。

サーフィンに必要なものがすべて揃う場所

ほぼ手作業で完成させたという店内は、ウッディな雰囲気を纏う温かみのある空間。エリック・アラカワやMSPのサーフボード他、ウエットスーツやリーシュコード、リペア道具など、サーフィンに必要なアイテムはすべて揃っている。ビーチに似合うウエア類も販売しており、サーフカルチャーをたっぷりと感じられるショップだ。

今も変わらず、朝起きたらまずは北泉海岸へ向かい、波をチェックする。周辺のポイントもリサーチしながら、その日一番いいポイントでサーフィンをする毎日。そこで撮影した写真をお客さん専門LINEで共有するなど、波情報的な役割も果たしている。

「最近はサーファーが増えているなと感じています。特に今年は若い世代のサーファーをよく見かけますね。女性も多いですよ」

日本国内はもちろん、海外のサーフポイントも多く訪れてきた鈴木さんが好きなものだけを飾った店内。ハワイやカリフォルニアを思わせるような小物がディスプレイされており、この町の古くからのサーフカルチャーを感じさせる写真もいっぱいだ。

リニューアルオープンに至るまでの決意

「以前は右田海岸のすぐ前に自宅兼ショップを構えていたんですが、津波で店が流されてしまったんです。だからこの場所に移転して再スタートを切りました」

震災後、わずか数ヶ月でショップオープンの準備に取り掛かった鈴木さん。しばらくは海に行くこともなかったため、その時間を活かして内装や棚作りなどを自身の手で行った。ショップ主催のサーフィン大会なども33年前から開催していた彼にとって、サーフィンは人生そのもの。たとえ辛いことがあったとしても、手放すことはできなかった。

「最初は悩みました。でも僕は南相馬市に初のサーファーが誕生した頃から、ずっとサーフィンで食べさせてもらっている。そんな僕がすぐに諦めてはいけない。サーフィンに恩返しをしないと! そんな思いで、震災後の海にもいち早く戻りました」

ショップではサーフギアの販売ほか、ボードリペアも受け付けているそう。ショップのサーフィン大会は残念ながら今年で終了するが、サーフスクールなども積極的に開催している。

「もう僕もいい年齢なんでね。大会は終わりますが、のんびりとサーフショップは続けていきますよ」と笑顔を見せる。

南相馬市は日本屈指のサーフタウン!

サーフィンを始めた頃から愛読する多くのサーフィン雑誌が店内には今も並んでいる。その発行年は1970年代と古いものもあり、古き良きサーフカルチャーを感じられるものばかり。海外のサーファーが南相馬市をサーフトリップに訪れた記事や、右田浜で開催された「全日本サーフィン選手権大会」のリポートなど、地元に馴染みのあるストーリーは、鈴木さんにとって思い出深い宝物だ。

「若い頃はカリフォルニアやハワイ、バリ島など、さまざまな場所へサーフトリップに行きました。日本は九州から青森まで、ほぼすべてのサーフポイントを訪れたと思います。国内はサーフトリップというよりはコンテストに出場するためって感じですけど」

そんな鈴木さんにとって、全国を広く見渡しても南相馬市の海は断然魅力的に映る。

「とにかくここは波がいいですよね。サイズもパワーもあって、サーファーを満足させてくれます。北泉海岸を含め、この町の波はベストだと思います」

メディアでも取り上げられることが増え、多くのサーファーに知られる場所となった北泉海岸。しばらくは土地開発もないため、地形が安定。素晴らしい波が守られているのだ。

「サーファーが誰もいない時代からこの海を知っている僕にとって、どんどんと盛り上がっていく姿を見るのは嬉しいことでもありますね」

<ショップデータ>
SUNMARINE SURF SHOP
福島県南相馬市鹿島区鹿島字下舘29
TEL:0244-26-6554

営業時間:10:00〜18:00
定休日:元旦のみ(臨時休業などはあり)

 

再会の海~北泉の波が呼んでいる~

サーフィンの街・南相馬市が辿る希望への歩みに、サーフィン専門メディアNALUがさまざまなコンテンツで迫る。

はじめてのサーフィン

“いつか子供と一緒にサーフィンしたい”と夢見る子育て世代のお父さんサーファーの願いをカタチにするべく、震災からの復活を歩む福島県南相馬市の北泉海岸を舞台に、あるプロジェクトが動き出しました。子供たちのサーフィン初体験物語を、「Def Tech」のMicroが結成した新ユニット「WST(ダブスト)」の楽曲にのせてお届けします。

RESTART -北泉海岸 再始動したサーフツーリズム-

“リスタート”をテーマに、福島県南相馬市・北泉海岸の「サーフツーリズム」プロジェクトに密着したドキュメンタリー。震災から11年。ローカルとビジター、サーフィンをする人としない人、みんなにやさしくてひらかれたビーチを目指して奮闘する人々の声を、サーファー・坂口憲二さんのナレーションと共にお届けします。

 

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load