BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

ステンレスダッチオーブンは使用後のお手入れも簡単で使いやすい!

「焼く」「炒める」「煮る」「蒸す」「揚げる」「燻す」など、さまざまな調理ができるダッチオーブン。一度使うと手放せなくなるキャンプギアです。しかし鋳鉄製のダッチオーブンは、重くて手入れに手間が掛かるので、「なかなか手を出しにくい!」という方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、ステンレス製のダッチオーブン。ステンレスダッチオーブンは、鉄製に比べ軽量でメンテナンスが格段に簡単です。もちろん鋳鉄製同様、さまざまな調理法が可能な優れものの調理器具です。

今回はステンレスダッチオーブンについて、以下のような内容で詳しく紹介します。

  • ステンレスダッチオーブンの特長
  • ステンレスダッチオーブンの選び方
  • おすすめのステンレスダッチオーブン
  • ステンレスダッチオーブンにプラスしたい便利アイテム

「ダッチオーブンは使ってみたいけど手間が掛かるのは苦手」「家でもダッチオーブンを使いたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

ステンレスダッチオーブンの魅力とは

ステンレスダッチオーブンの魅力は、何といっても扱いやすさです。鋳鉄製や黒皮鉄板製などの鉄製ダッチオーブンは、シーズニングやメンテナンスが必要で、何かと手間が掛かります。対してステンレス製は、鉄製のような手間がほとんど掛かりません。しかも鉄製ダッチオーブン同様、蓋に炭や薪を置いて上からの加熱が可能で、さまざまな調理法で美味しい料理が作れます。その他にもメリットは多数。ここではステンレスダッチオーブンの特長を、詳しく紹介していきます。

ステンレスダッチオーブンの特長

ステンレスダッチオーブンの特長は、以下の6点が挙げられます。

  • 使用後の手入れが簡単
  • 錆びにくい
  • 耐久性がある
  • 保温性が高い
  • シーズニングが不要
  • IHでも使用可能

それぞれ詳しく解説していきます。

使用後の手入れが簡単

ステンレスダッチオーブンは、通常の調理器具と同様、洗剤やスポンジを使って洗浄します。焦げ付いた時も、クレンザーを付けて金属タワシでゴシゴシ擦っても問題ありません。

錆びにくい

鉄製のダッチオーブンは、水分に触れるとたちまち錆びてしまいます。そのため使用後は直ぐ洗浄し、加熱して水分を飛ばし、油を塗りメンテナンスする必要があります。中でも鋳鉄製ダッチオーブンは、せっかくできた被膜を残すため、洗浄に洗剤や金属タワシも使えません。また調理後に料理を入れたままにしていると、錆びが浮いてくるので、料理の保存にも向きません。

ステンレスダッチオーブンは、錆びにくいので、洗浄後に特にメンテナンスは要りません。また料理を入れて置いても錆びないので、料理の保存にも向いています。そのまま料理を温めなおせるので、余計な洗い物が増えず便利です。

耐久性がある

ダッチオーブンの魅力は、蓋の上に炭や薪を置いて、上下からオーブンのように加熱できること。耐久性の高いステンレスダッチオーブンも、もちろん蓋に炭や薪を置いて、上下からの加熱が可能です。

鋳鉄製のダッチオーブンは衝撃や急激な温度変化に弱く、割れてしまうことがあります。そのため落下や、洗浄の際に熱いダッチオーブンに水を入れるのはタブーとされています。ステンレスダッチオーブンは、衝撃や温度変化に強いので割れる心配はありません。

また傷が付きにくいので、焦げ付いてしまった際も、金属タワシとクレンザーでゴシゴシこすって落とせます。

保温性が高い

ステンレスは熱伝導率が低く、加熱してもなかなか温まりにくい特性があります。
しかし、一度温まったら料理が冷めにくいため、完成から食事まで時間があっても料理は温かいままなのもうれしいポイント。

シーズニングが不要

鋳鉄製や黒皮鉄板製などの鉄製ダッチオーブンは、購入後一度シーズニングが必要です。シーズニングとは、錆防止に塗られているクリアラッカーを焼き切る作業です。

しかしステンレスは錆びにくい素材なので、もともとクリアラッカーは塗られていません。そのためステンレスダッチオーブンは一度洗浄したら、シーズニング無しで直ぐ使えます。

IHでも使用可能

ステンレスは、IH調理器が使用可能な素材です。もちろん、ステンレスダッチオーブンもIHが使えます。手入れの手間も掛からないので、気軽に家庭で使いやすいダッチオーブンです。

「鉄」と「ステンレス」ダッチオーブンの違い

鋳鉄製や黒皮鉄板製など「鉄製ダッチオーブン」は、錆びやすいためシーズニングやメンテナンスが必要です。特に鋳鉄製は衝撃や温度変化にも弱く、手間が掛かるといえるでしょう。しかし鉄製ダッチオーブンは、メンテナンスを続けることで、「ブラックポット」と呼ばれる黒光りする状態に変化します。この変化を楽しむため、手間を惜しまず鉄製ダッチオーブン選択する人も多数です。

ステンレスダッチオーブンは、錆びにくいのでシーズニングやメンテナンスが不要です。洗浄の際も特に留意点はなく、洗剤や金属タワシの使用が可能。手の掛からないダッチオーブンです。ただしメンテナンスが不要なので、育てる楽しみが無いともいえるでしょう。鉄製よりも軽量なので、女性でも扱いやすい点はメリットです。

どちらも「焼く」「炒める」「煮る」「蒸す」「揚げる」「燻す」とさまざまな調理ができます。もちろん蓋の上に炭や薪を置いて、上下からの加熱が可能です。

ステンレスダッチオーブンはどんな人向き?

ステンレスダッチオーブンの魅力は、軽量で手入れの手間が掛からない扱いやすさ。手入れに時間をかけたくない人、キャンプで設営や撤収に時間がかかる初心者にもおすすめです。

また、IH調理器も使えるので、キャンプだけでなく家庭でも使いたい人にもぴったりです。

ステンレスダッチオーブンの選び方

ステンレスダッチオーブンを選ぶ際に、悩んでしまうのがサイズではないでしょうか。ダッチオーブンは、通常8インチ、10インチ、12インチがサイズ展開されています。また数は少ないですが、ソロキャンプ用の6インチを販売しているブランドも。ここからはキャンプスタイルごとに、おすすめサイズとおすすめステンレスダッチオーブンを紹介します。

ツーリングキャンプにおすすめの6インチ

かなり小さめサイズの6インチは、ソロキャンプに適しています。特に荷物を小さくしたい、ツーリングキャンプにおすすめです。

おすすめのダッチオーブン【6インチ】

■TSBBQ(ティーエスビービーキュー) ライトステンレスダッチオーブン 6インチ

世界で初めてステンレス三層鋼を採用したTSBBQの「ライトステンレスダッチオーブン」。ステンレスにアルミニウムを挟み込み、鉄製より30%、オールステンレス製より20%の軽量化に成功しました。こちらの6インチは横幅約22㎝で、重さは2kg以下。ツーリングキャンプにも持っていけるダッチオーブンです。

  • メーカー参考価格:14,300円
  • サイズ:横幅21.8×高さ11.2cm(ハンドル・蓋含む)
  • 重量:1.67kg
  • 満水容量:1L
  • 素材:ステンレス三層鋼(SUS304+アルミ+SUS430)
  • IH可否:可

公式サイトでみる

自宅でも使用するなら8インチ

ソロキャンプやデュオキャンプにおすすめなのが、8インチ(20.32cm)です。小ぶりでそれほど重くないので、日常的に自宅でも使いやすいサイズです。通常の鍋より蓋が重く密閉性が高いので、煮込み料理が美味しくできます。

おすすめのダッチオーブン【8インチ】

気軽に自宅でも使いやすい8インチ。ステンレスダッチオーブンの各ブランドが揃って展開しています。

■SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン 8インチ

シングルバーナーなど、アウトドア用燃料器具が人気の「ソト」。ダッチオーブンも「ステンレスダッチオーブンといえばソト!」といわれるほど、定番人気となっています。底網が付属しているので、買い足すことなく蒸し料理や燻製料理が楽しめます。

  • メーカー参考価格:20,000円
  • サイズ:31×22.6×高さ12.5cm
  • 重量:3.5kg
  • 満水容量:2.6L
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:底網
  • IH可否:可

公式サイトでみる

■TSBBQ(ティーエスビービーキュー) ライトステンレスダッチオーブン 8インチ

新潟県燕市のアウトドア用品オンラインストア「村の鍛冶屋」が作った、スタイリッシュなバーベキューのためのブランド「TSBBQ」。金属加工の盛んな地域の強みを生かした、高品質な調理器具が人気です。軽量さが魅力の、ステンレス三層鋼のライトステンレスダッチオーブン。頻繁に使う家庭でこそ、軽さが嬉しいポイントになります。

  • メーカー参考価格:17,600円
  • サイズ:横幅29.6×高さ12.8cm(ハンドル・蓋含む)
  • 重量:2.76kg
  • 満水容量:L
  • 素材:ステンレス三層鋼(SUS304+アルミ+SUS430)
  • IH可否:可

公式サイトでみる

■belmont(ベルモント) ステンレスダッチオーブン 8インチ

Belmont(ベルモント)
¥14,035 (2022/12/04 16:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

釣り具なども手掛ける、アウトドア用金属製品のメーカー「ベルモント」。ベルモントのステンレスダッチオーブンは、蓋をスキレットとしても使えます。蒸し料理や燻製料理ができる底網と、スキレットの取っ手にもなるリフター付き。このセット1つあれば、かなり調理のバリエーションが広がります。3点セットで15,000円以下。リーズナブルなステンレスダッチオーブンを探している方におすすめです。

  • メーカー参考価格:14,300円
  • サイズ:本体/直径20.4×9.5cm、蓋:直径21.1×36cm
  • 重量:全体/約2.52kg(リフター/約195g、底網/約125g)
  • 満水容量:2.87L
  • 素材:本体・底網/ステンレス、リフター/アルミニウム
  • 付属品:底網、リフター
  • IH可否:可

公式サイトでみる

ファミリー(4人程度)なら10インチ

4人のファミリーキャンプにピッタリなのが、10インチ(25.4cm)です。このサイズは、ハーフタイプなど、チョイスの幅が広がります。

おすすめのダッチオーブン【10インチ】

10インチは、特にソトのダッチオーブンのバリエーションが豊富です。どんな使い方をしたいかを考えてから、好みのタイプを選ぶと良いでしょう。

■SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン 10インチ 

ソト(SOTO)
¥18,900 (2022/12/04 16:58:30時点 Amazon調べ-詳細)

ソトのスタンダードな10インチサイズ。4mm厚のステンレスが使われており、蓄熱性が高く料理が冷めにくいのが魅力です。またソトのダッチオーブンの特徴の1つは、取っ手が十字になっている点。1つの焚き火台で、複数のダッチオーブンを重ねて加熱しやすくなっています。

  • メーカー参考価格:22,800円
  • サイズ:36.5×28×高さ16cm
  • 重量:5kg
  • 満水容量:4.8L
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:底網
  • IH可否:可

公式サイトでみる

■SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン 10インチ ハーフ

ソトの10インチ、ハーフタイプです。深さをスタンダードタイプよりも3.7㎝浅くし、蓋に薪や炭を置いて上からの加熱をより効率良くしています。ピザやパン、ケーキなど、主にオーブンとして使いたい方におすすめです。蓋はスキレットとしても使用可能です。

  • メーカー参考価格:21,500円
  • サイズ:36.5×33×高さ10.5cm
  • 重量:5kg
  • 満水容量:3.5L
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:底網
  • IH可否:可

公式サイトでみる

■SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン 10インチ デュアル

ソトの10インチ、デュアルタイプ。蓋をひっくり返しても使える、変わり種ダッチオーブンです。肉の塊など、高さのある食材の調理ではそのまま、ピザなど上から効率よく加熱したい調理ではひっくり返して使います。蓋は単体で、スキレットとしても使えます。

  • メーカー参考価格:23,500円
  • サイズ:32×27.5××高さ12.4cm
  • 重量:5.3kg
  • 満水容量:3.5L
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:底網
  • IH可否:可

公式サイトでみる

■TSBBQ(ティーエスビービーキュー) ライトステンレスダッチオーブン 10インチ

熱伝導率が低いステンレスダッチオーブンは、食材が温まるのに時間が掛かります。ライトステンレスダッチオーブンはアルミニウムを挟み込んだ、ステンレス三層鋼なので、通常のステンレスより熱伝導率が高くなっています。食材を沢山入れる10インチでも、早く食材を加熱できるのが嬉しいポイントです。

  • メーカー参考価格:20,900円
  • サイズ:36.5×25.5×高さ15cm
  • 重量:4.18kg
  • 満水容量:5.4L
  • 素材:ステンレス三層鋼(SUS304+アルミ+SUS430)
  • IH可否:可

公式サイトでみる

大人数のグループキャンプなら12インチ

6人以上の大人数のグループキャンプに適しているのが、12インチ(30.48cm)です。鶏を丸々使ったローストチキンを作りたい方も、12インチサイズのチョイスを。

おすすめのダッチオーブン【12インチ】

大きめサイズの12インチこそ、鉄製よりも軽量で取り扱いやすいステンレス製がおすすめです。

■SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン 12インチ

ソト(SOTO)
¥24,750 (2022/12/04 09:32:28時点 Amazon調べ-詳細)

12インチサイズなら、ローストチキンやローストビーフ、ピザなど豪快なキャンプ料理も作れます。グループキャンプが盛り上がりますよ。底網を使って、肉まんも一気に蒸かせます。

  • メーカー参考価格:27,500円
  • サイズ:30.6×深さ13cm(内寸)、41.5×32.6×高さ16.5cm(外形)
  • 重量:6.9kg
  • 満水容量:8.2L
  • 素材:ステンレス
  • 付属品:底網
  • IH可否:可

公式サイトでみる

ステンレスダッチオーブンにプラスしたい便利アイテム

ステンレスダッチオーブンとオプションのアイテムを一緒に使うと、快適に調理できたり、レシピのバリエーションが広がったりします。ここではダッチオーブンと一緒に使いたい、おすすめアイテムを紹介します。

底網(ロストル)

底網(ロストル)は、ダッチオーブンの底に敷いて使います。水を入れて加熱すれば蒸し料理が、燻製チップを入れて加熱すると燻製料理が楽しめます。

TSBBQ(ティーエスビービーキュー) 8インチ用ステンレス丸網

美味しい燻製料理が作れる、ステンレス丸網です。ゆで卵やベーコンを燻製チップで燻せば、おつまみがあっという間に出来上がります。

  • メーカー参考価格:1,320円
  • サイズ:直径16.5×高さ1.5cm
  • 重量:125g
  • 素材:ステンレス

公式サイトでみる

リッドリフター

ステンレスダッチオーブンは、加熱すれば取っ手まで熱くなります。蓋を開ける際は、グローブやリッドリフターが必要です。

SOTO(ソト) リッドリフター ST-900

ソト(SOTO)
¥3,850 (2022/12/04 16:58:33時点 Amazon調べ-詳細)

いちいちグローブを付けたり外したりする必要が無い、便利なリッドリフター。グリップ部分は熱くならないシリコン製なので、安心して使えます。

  • メーカー参考価格:3,850円
  • サイズ:37×4×3cm
  • 重量:245g
  • 素材:本体/ステンレス、グリップ/シリコン樹脂

公式サイトでみる

ダッチスタンド

直接薪や炭の中にダッチオーブンを置く際、またテーブルの上に熱いダッチオーブンを置く際など、いろいろ使えるのがダッチスタンドです。

UNIFRAME(ユニフレーム) ダッチスタンド

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,500 (2022/12/04 16:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクトに収納可能な、ユニフレームのダッチスタンド。広げると大きめサイズ。安定感があるので、重ねてダッチオーブンを加熱する際も使えます。

  • メーカー参考価格:2,500円
  • 収納サイズ:21×7cm
  • 重量:290g
  • 素材:ステンレス鋼

公式サイトでみる

ステンレスダッチオーブンで外ごはんをもっと楽しもう

さまざまな調理ができて、扱いやすいステンレスダッチオーブン。鉄製に躊躇している方でも、手が出しやすいダッチオーブンです。

今回はステンレスダッチオーブンについて、以下の内容について詳しく紹介しました。

  • ステンレスダッチオーブンの特長
  • ステンレスダッチオーブンの選び方
  • おすすめのステンレスダッチオーブン
  • ステンレスダッチオーブンにプラスしたい便利アイテム

ステンレスダッチオーブンをキャンプに連れて行けば、キャンプ料理のバリエーションがグンと広がります。ぜひお気に入りのステンレスダッチオーブンを見つけて、外ごはんをもっと楽しいものにしてくださいね。

編集部おすすめのミニダッチオーブン

「ステンレスダッチオーブンも気になるけど、やはり鉄製も気になる!」という方にご紹介したいのが、PEAKS 2021年9月号増刊の特別付録「クラムシェル・ミニダッチ」!。付録ですが鋳鉄製の本格派。スキレットとしても使える、ソロ用ダッチオーブンです。鋳鉄製も一度試してみたいという方は、お手頃価格の「クラムシェル・ミニダッチ」をぜひチェックしてみてください。

クラムシェル・ミニダッチ

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x