BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

レディース向けスノーシューズおすすめ10選!【機能性やデザイン性も◎】

雪道でも快適な歩行をサポートしてくれるスノーシューズは、寒い時期に大活躍してくれるアイテムです。1足持っていれば突然の降雪があっても、安心して外に出かけられます。しかし、いざ用意しようと思っても初めて買う場合はどれを選んだらいいのか迷われる方は多いでしょう。

そこで今回の記事では、スノーシューズ初心者の女性向けに選び方を解説します。

  • 丈によるスノーシューズの違い
  • スノーシューズの豊富な機能性
  • サイズ選びの注意点

おすすめのレディース向けスノーシューズも紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

スノーシューズ選びのポイント

スノーシューズは雪道だけでなく、転倒のおそれがある凍結した路面でも便利な製品です。機能性が高いものなら極寒地でも使用できます。雪が多い寒冷地に住む人はもちろん、雪のある場所にレジャーへ行く方など多くの人に持っていてほしいシューズです。ここでは、スノーシューズの選び方を詳しく説明します。

ブーツの丈

スノーシューズはウィンターブーツとも呼ばれています。ブーツの丈は製品によってさまざまですが、主に3つの種類があります。使用環境によっておすすめの丈は変わるので、特徴などをしっかりと把握しておきましょう。

ショート丈

ショート丈はくるぶしが隠れる程度の長さです。足首が自由となるので動きやすく、アクティブなレジャーをする際にもおすすめです。履くのも脱ぐのも簡単にできるため、ストレスフリーな使い心地となっています。すっきりとした足元になり、ファッションコーデもしやすいです。

しかし、雪や水がスノーシューズ内に入りやすいため、降雪が多いときには不便な丈でもあります。特に積雪量の多い場所にお住まいの方は注意してください。

ミドル丈

ショートとロングの間に位置しているのがミドル丈です。ふくらはぎの中間まで覆ってくれるので、積雪がある場所で使いやすいです。足首を暖めてくれるおかげで、寒い時期の防寒具としても役立ちます。ブーツコーデとしてファッショナブルに着こなすこともできるでしょう。

ただし、大きな降雪がある地域では、ミドル丈だと機能が不足する場合があります。また、ロング丈より脱ぎ履きしやすいけれど、ショート丈より動きやすさが劣る面もあります。

ロング丈

雪深い地域で使う場合はロング丈がおすすめです。ロング丈はヒザ下まで長さがあるので、履き口から水や雪が入る可能性が他のタイプよりも低くなります。履き口をコードなどで絞れるタイプなら、降雪する雪からも足を守ってくれます。

ロング丈のデメリットは足首が固定されることによる動きにくさです。重さもあるので女性にはより動きにくく感じるでしょう。着脱もしにくいので、両手がふさがっているときは不便に感じる可能性があります。

防水性や防寒性などの機能

雪の中で使用する場合は、防水性を謳う製品を選ぶことが大切です。長時間雪の中で活動していると、じわじわと雪の水分がシューズ内に染みこんでくる場合があります。完全防水のスノーシューズなら長時間の活動でも快適に動けますよ。撥水機能をもっている製品も短時間なら雪を弾いてくれます。

また、防寒性があると足元がより快適になります。例えば、ライナーにボアやフリースが使われている製品は保温機能が高い場合が多いです。保温能力が高いソールなら、地面から伝わる冷気もシャットアウトしてくれます。寒冷地にお住まいの方は保温限界の温度が記載されているかもチェックするといいでしょう。

他にも、透湿性の記載があれば汗蒸れを軽減してくれる効果が期待でき、屈曲性があるものなら動きやすさも変わってきます。メーカー独自機能を搭載していることがあるので、素材や構造などはしっかりと調べておきましょう。

滑りにくいソールかチェック

降雪した地面や、凍結した路面は転倒しやすいため、滑りにくいソールを選ぶ必要があります。おすすめのソール素材はグリップ力が高いラバー系です。ラバー系は耐久性にも優れているので、1足を大切に履く方にもおすすめの素材です。

また、ソールの溝の深さもグリップ力に関わってきます。凸凹が深いものや、溝のパターンが不規則なものは滑りにくいものが多いです。また、スパイクピンが付属している製品なら、ピンが地面に食いこむことで転倒の危険性を減らしてくれます。

厚手の靴下を履くことも想定して少し大きめのサイズを

冬季の靴下は他のシーズンのものより厚いものが多いです。靴下の厚さを考慮して、スノーシューズはワンサイズ大きいものを選びましょう。冬季以外のシーズンで使っている靴よりも0.5〜1.0cm程度大きいものがおすすめです。靴下とシューズのサイズがジャストだと、窮屈に感じる場合があるので注意してください。

ただし、ゆとりを持たせすぎるとシューズの中で足が動いてしまい、歩きにくく感じてしまいます。メーカーごとにサイズ感も変わってくるので、自信がない方はワイドサイズを謳う製品を選ぶと安心です。

レディース向けおすすめスノーシューズ10選

冬季の足元を飾るスノーシューズは、さまざまなデザインが販売されています。機能性もスノーシューズごとに変わってくるため、自分に合う製品を選ぶのも楽しみの1つです。おすすめのレディース向けスノーシューズを紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてください。

KEEN(キーン) フッドロメオ ウォータープルーフ

キーン独自の技術で作られた素材を使用し、防水性を高めながら透湿性にも優れているスノーシューズです。環境にやさしいリサイクル素材を使用した保温素材によって、防寒性も向上しています。耐水性や耐久性をアップさせるパーツが使われており、長く愛用したい人にもおすすめです。

甲部分には、フィット感を向上させるストラップも付属しています。ホールド感を維持しながら着脱も簡単にできる仕様となっています。ヒールをサポートする構造や、軽量性に優れた素材によって歩きやすくなっているミドル丈の製品です。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • サイズ:22~26.5cm
  • 重量:354.9 g
  • カラー:ブラック、オリーブ、サファリ

公式サイトでみる

Columbia(コロンビア) スピンリールブーツ ツー アドバンス ウォータープルーフ オムニヒートインフィニティ

最先端技術で作られたコンロビア独自の保温機能は、体温を効率よく反射させることでシューズ内を暖かく保ちます。アウトドアレジャーにも便利な軽量性や、衝撃を和らげるクッション性により動きやすさもサポートしてくれます。防滑性を向上させるアウトソールによって雪道も安定して歩けるようになります。

履き口には手袋をつけたままでも操作しやすいコードが付属し、コードを引き締めることで雪がシューズ内に侵入しにくくなっています。撥水加工と防水フィルムにより、耐水性もアップしています。

  • メーカー参考価格:15,950円
  • サイズ:23~29cm
  • 重量:364g(24.0cm)
  • カラー:ブラック、ウォールナット、ダークモス

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス) スパイクレインブーツ

キャンプロゴス(CAMP LOGOS)
¥8,900 (2024/06/23 23:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

スパイクピンがソールに付属し、凍結した路面でも滑りにくさを発揮してくれます。ロング丈のデメリットである着脱のしにくさを、ヒールに独自のパーツを組みこむことで片足を使って脱げるように改善しています。履き口を絞れるドローコードによって舞い散る雪から足を守ってくれます。ユニセックスサイズなので、足が大きめの女性でもゆとりをもって履けますよ。

  • メーカー参考価格:8,900円
  • サイズ:22.5~28cm
  • カラー:ネイビー、サンド、カーキ

公式サイトでみる

moonstar(ムーンスター) イヴ FGL094

ガラス繊維が配合された特殊なラバー素材のアウトソールは、前後左右に掘られたエッジも加わって防滑性が高められています。ソールの外側にある波状設計により、雪によって目詰まりするのを防いでくれます。接地面から4cm、4時間ほど防水効果を発揮する耐水性により長時間履いていても安心です。

足幅が広めのワイド設計なので、大きめサイズの方にもおすすめできます。ボディの外側にはファスナーが付属し、脱ぎ履きがしやすくなっています。シューズ内には水分を吸収し拡散させる素材が使われており、汗蒸れを軽減してくれます。低反発ウレタンを採用した中敷によってクッション性もアップしていますよ。

  • メーカー参考価格:7,590円
  • サイズ:22~25cm
  • カラー:ワイン、ネイビー、ブラック、グレイ

公式サイトでみる

HUNTER(ハンター) イントレピッド インシュレイティド トール スノー ブーツ

リサイクル素材をふんだんに使い、地球環境を考えて製造されたロング丈のスノーシューズです。伸縮性のあるパーツを採用し、フィット感に優れた快適な履き心地となっています。断熱性の高いフリースライナーが使われ、マイナス20度の環境下でも使用できるため、寒冷地にお住まいの方や冬のアクティビティにも便利な製品です。

手作業によって作られたラバーパーツは軽量性にも優れ、歩きやすさをサポートしてくれます。シューズ内をドライな環境に維持してくれる防水素材は耐水性も向上させています。

  • メーカー参考価格:27,500円
  • サイズ:22~28cm
  • カラー:ブラック、ホワイト

公式サイトでみる

SOREL(ソレル) ティボリIV WP

防水機能をそなえたスエード生地に、汗を外へ逃がす透湿性にも優れた製品です。足元が悪い場所でもグリップ力を高めるアウトソールの特殊形状により、高い防滑性を発揮してくれます。屈曲性にも優れており、アクティブな動きにも追従してくれます。

クッション性を向上させたインソールは、歩行時の衝撃を拡散してくれます。ミッドソールには冷気を遮断する素材を採用し、足元を快適に暖めてくれます。コーデを選ばないデザイン性の高さも魅力的なスノーシューズです。

  • メーカー参考価格:19,800円
  • サイズ:22.5~26cm
  • 重量:551g(24cm)
  • カラー:カレー、ブラック、クアリー

公式サイトでみる

MERRELL(メレル) ジャングル ミッド ジップ ポーラー ウォータープルーフ アイスプラス

販売数1,700万足を誇るシリーズのスノーシューズモデルです。アッパー部分には、撥水性のあるスエードレザーに加え、100%リサイクル素材で作られた生地を採用しています。メレルが独自開発した素材により、透湿性と防水性も発揮しています。着脱をサポートするジッパーが付属しているのも便利ですね。

ライナーには保温機能があるやわらかなファーを使用し、軽量な断熱素材によってシューズ内を冷気から守ってくれます。ポリウレタン素材のインソールと、エアークッションによって歩行時の披露を軽減します。

  • メーカー参考価格:20,350円
  • サイズ:22.5~30cm
  • 重量:約460g (27.0cm)
  • カラー:ブラック、コヨーテ、ガンスモーク、オリーブ

公式サイトでみる

DANNER(ダナー) フレッド ロー アウトドアシューズ MS

独自の防水素材と撥水性のある素材を組み合わせ、高い耐水性をほこるショート丈のスノーシューズです。高品質な中綿を採用することで、優れた保温能力と高い断熱性があります。止水ジッパーによりシューズの脱ぎ履きもしやすくなっています。低温時でも形状を維持するアウトソールは左右非対称の不規則構造により、雪面でも滑りにくくなっています。

  • メーカー参考価格:17,600円
  • サイズ:23cm~29cm
  • カラー:ブラック、ネイビー、モスグリーン

公式サイトでみる

MOZ(モズ) 防水ナイロン ダウン調ブーツ

側面のエルク柄が愛らしいスノーシューズです。接地面から4cmは防水加工が施され、積雪のある場所を歩くときも安心です。シューズ内のファーと履き口のドローコードにより、保温機能も向上しています。インソールは取り外し可能なので、メンテナンスも簡単にできますよ。

  • サイズ:19~25cm
  • カラー:キャメル、ブラック

SIXSPACE スノーブーツ

フリース素材が使われた裏地は、やわらかく暖かな履き心地となっています。凹凸の効いたアウトソールにより防滑性も実現しています。撥水性のあるアッパー素材は水を弾きますが、完全防水ではないので撥水スプレーと併用するのがおすすめです。つま先には衝突から足を保護する軽量キャップが付属しています。

  • サイズ:23~28cm
  • カラー:ブルー、ブラック、ネイビー、ワイン

レディース向けスノーシューズで冬を快適でおしゃれに過ごそう

スノーシューズの選び方や、レディース向けのおすすめ商品を紹介しました。

  • おしゃれなものならタウンユースでもOK
  • 汗蒸れを軽減する素材ならドライな足元に
  • 男女兼用モデルならゆとりのあるサイズ選びができる

スノーシューズは雪道を力強くサポートしてくれます。1足あれば積雪がある地面でも安心して歩けますよ。便利なスノーシューズを用意して、この冬を楽しみましょう!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load