BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

キャンプにおすすめの靴38選|防水モデルやサンダルもご紹介!

美しく雄大な自然と、こだわりのギアに囲まれて過ごすキャンプは最高ですよね。テントやタープ、焚き火台など、道具選びからワクワクする人は多いはず…。

しかしながら、足元の安全と快適性を担保する「キャンプの靴」については、どうお考えですか?スニーカーでもOKなのですが、専用の靴があれば、キャンプはもっと充実します。この機会にぜひ、キャンプの靴にまつわる見識を深めましょう!

  • キャンプに適した種類の靴
  • キャンプで履く靴の人気ブランド
  • キャンプの靴の選び方
  • シーン別のおすすめキャンプ靴38選

キャンプに行く際の靴選びに迷っている方、これからキャンプを始める方にとって、この記事は最適な靴選びの参考になるはず。キャンプもおしゃれも、靴選びは重要。少しでも安全・快適で楽しいキャンプを過ごしたい方は、どうぞ最後までお読みください!

キャンプの靴は全5種類

キャンプの靴選びの前に、まずはアウトドアに適した靴の種類をチェックしましょう。ここでは、5つのアウトドア用の靴を紹介します。

アウトドアブーツ

アウトドアブーツは足首や膝下を覆う形で、防水性と保温性に優れています。雨の日や寒い日に履くのに適しているでしょう。

レザー素材などを用いているものは耐久性が高いため、長く履けるものが多くなっています。ただし重さがあるので、長く歩くキャンプには不向きかもしれません。また普段使いできる、ファッショナブルなモデルもありますよ。

トレッキングシューズ

トレッキングシューズは、アウトドアブーツと比べて圧倒的に軽く、山歩きなどのアクティブな活動に最適。足首までを覆う形のモデルが多く、足をくじきにくい安心感があります。

またソールのグリップ力が強いものが多く、さまざまな地形で安定して歩けます。ただし、一部のモデルは防水性に劣ることも。日常で履く靴と同じ形状のものもあり、普段使いできるモデルも多くあります。

モックシューズ

モックシューズの最大の魅力は、簡単に脱ぎ履きできること。グラウンドシートへ上がったり、テントの中に入ったりする場面が多いときは、とても便利です。

金具や紐で縛られる圧迫感がないので、リラックスして過ごしたい方におすすめ。履き心地が軽いモデルが多く、長く履いても疲れにくくなっています。

ただし保温性は期待できないため、天候や活動内容によっては別タイプの靴を選びましょう。防水性や難燃性に特化したモデルなど幅広いラインナップもあり、気軽に履けるので、普段使いもしやすいですよ。

スポーツサンダル

海や川、夏のキャンプには、通気性と快適さを兼ね備えたスポーツサンダルがおすすめ。なぜなら、湿度の高い環境でも足元を爽やかに保てるからです。

水辺で活動するときは、水を吸わずに歩行感覚が変わらない靴が重宝されます。一般的なサンダルより歩きやすくて、水に濡れても滑りにくいグリップ力のあるソールは、スポーツサンダルならではの魅力。また速乾性の高いモデルは、不快な感覚も軽減できます。

ただし、山道や草原での長時間の歩行には向いていません。スポーツサンダルは足がむき出しになるため岩場などでのケガに注意してください。また、虫除け対策も必要です。

ウィンターシューズ・スノーブーツ

寒い季節にキャンプを楽しむなら、足元の保温は重要。厳しい寒さの中で、指先まで温かく保てないと、耐え難いキャンプになってしまいます。

ウィンターシューズやスノーブーツは、足を凍傷から守り、体温を保温するために開発されました。また雪や氷の上を歩いても、滑りにくいソールを備えています。厳しい寒さの冬キャンプで、保温性と安全性を重視したい方は、選択肢の1つに入れるべきでしょう。

キャンプの靴に迷ったらこれ!人気ブランド5選

キャンプの足元は、安全・快適であるべきです。靴選びに迷う人は、信頼できるブランドを選ぶのもアリです。ここでは、キャンプ靴のおすすめブランドを5つ紹介します。

MERRELL(メレル)

MERRELL(メレル)は、1981年にアメリカ・ミシガンで設立されたアウトドアブランド。アウトドア用の靴は、その快適さと優れたパフォーマンスで知られています。

メレルの多くのシューズは、創業時のハイキングブーツをルーツに持ち、耐久性と快適性を兼ね備えています。これは同社の特許技術である「M-Select DRY」という防水技術や「Vibram」ソールのおかげです。長く履いても快適で、タフな地形でも安定した歩行をサポートします。

KEEN(キーン)

KEEN(キーン)は、2003年にアメリカ・カリフォルニア州で設立されたアウトドアブランド。革新的なデザインは、ファッション業界にも影響を与えています。キャンプ用の靴としては、スポーツサンダルや防水性の高いシューズが注目されてきました。

キーンのシューズは、足の保護を第一に考えて設計されています。この思想は、ブランドのシグネチャーである「トゥ・プロテクション(つま先保護)」に表れています。これは靴のつま先部分を強化し、岩や他の障害物から足を保護します。

Columbia(コロンビア)

Columbia(コロンビア)は、1938年にアメリカ・オレゴン州で創立された老舗アウトドアファッションブランドで、長年にわたりアウトドア愛好家から支持を受けてきました。特に、キャンプ用の靴はその耐久性と機能性で知られています。

コロンビアの多くのシューズは、防水透湿性のある素材を使用しており、雨や湿った環境でも足元をカラッとキープすることが可能。これは同社が開発した、独自の防水透湿技術「Omni-Tech」のおかげです。さらに「Omni-Grip」という技術により、様々な地形で優れたグリップ力を発揮します。

HI-TEC(ハイテック)

HI-TEC(ハイテック)は、1974年にイギリスで設立されたアウトドアシューズのブランドです。1978年に軽量ハイキングシューズの開発で一躍有名となり、これまで多くの先進的テクノロジーと機能性を持つアウトドアシューズを提供してきました。

サポート性と履き心地のよさを実現するEVAフォームや、防水透湿性と優れたクッション性を持つインソールなど、さまざまな製造技術を持っているメーカーです。独自の断熱素材は、足の保温性を高める効果を実証済み。

WORKMAN(ワークマン)

WORKMAN(ワークマン)は、1982年に日本で設立されたワークウェアのブランド。その高い技術は、アウトドア用品の製造に活かされ、多くの方が注目しています。コスパの高さは驚異的で、キャンプ用品にワークマンのアイテムを選択する人も増えています。

優れたグリップ力を提供する靴底の開発を筆頭に、ワークウェアのブランドならではの困難に対処する機能性が強み。手頃な価格で高品質な靴を求める方にとって、とても魅力的な選択肢となります。

キャンプの靴の選び方【注目すべき3つのポイント】

キャンプで履く靴を選ぶときは、3つのポイントに注目すればOK。以下のポイントを押さえてしまえば、失敗することはないでしょう。キャンプの足元を安全・快適にするために、しっかりチェックしましょう!

  1. さまざなシーンに対応する性能
  2. 靴のカットの高さ
  3. 気候や天気との相性

1.さまざまなシーンに対応する性能

キャンプの靴選びで最も重要なポイントは、あなたのニーズを満たす性能があることです。シーンごとに大切なポイントを解説するので、しっかりチェックしてください。

水辺で過ごすなら防水性をチェック

水辺で過ごす際には、防水性の高い靴を選ぶことが重要。防水性が高いと、靴の内部まで水が入らないので、心地よさが保たれます。

たとえば、防水素材の「GORE-TEX」を採用した靴はおすすめ。降雨による濡れに強く、通気性も高いので、靴の内部が蒸れません。

水の中に靴のまま入るシーンを想定するなら、水遊びに適したスポーツサンダルを履くのもいいでしょう。荷物は増えますが、スポーツサンダルとキャンプ靴の二刀流もアリですよ。

山の中を歩くならソールをチェック

山の中を歩くキャンプの場合は、靴のソール部分をチェックしましょう。ソールに厚みがあると、疲労の軽減が可能。またソールにグリップ力があると、岩場や水たまりで、滑って転倒するリスクを抑えられます。

安全で快適な登山キャンプを楽しむためには、トレッキングシューズやアウトドアブーツを選びましょう。耐久性の高さはもちろん、急な降雨に耐えられる防水性の高さを兼ね備えたモデルが豊富です。

焚き火をするなら難燃性をチェック

キャンプで焚き火をする場合は、靴の難燃性(燃えにくさ)が重要。もし火花が靴に飛んでも、燃えにくい素材なら、火傷の心配がありません。

アウトドアブーツは、レザーなどの燃えにくい素材を使用しているため、焚き火の火の粉に強くなっています。また特殊な加工で、難燃性が高められた繊維を採用している靴もあるので、素材には注目しましょう。

脱ぎ履きが多いなら着脱しやすさをチェック

キャンプでは設営や撤収のときに、テントの出入りなどで、何度も靴を脱ぎ履きするシーンがあります。そんなときは、着脱が容易な靴がとても便利!

テントに荷物を運び入れたり、ちょっと何かを取りに入ったりするときに、靴が脱ぎにくいと結構ストレスになります。脱ぎ履きが多いシチュエーションには、モックシューズやスポーツサンダルが最適でしょう。

また2足を履き分けるのも、大いにアリです。設営のときはモックシューズを履いて、テントの外で長く過ごすときはアウトドアブーツを履くという感じで、シーンごとに靴を変えることも可能です。

2.靴のカットの高さ

カットの高さも、キャンプに合う靴を選ぶ上では重要なポイントの1つ。アウトドア用の靴にも、一般的な靴と同じように「ロー」「ミドル」「ハイ」の3つのカットがあります。それぞれの特徴を以下で、チェックしましょう。

  • ローカット:軽い・歩きやすい・脱ぎ履きしやすい
  • ミドルカット:捻挫しにくい・砂や砂利が入りにくい
  • ハイカット:捻挫しにくい・生地が硬く耐久性が高い

足首の下(くるぶし)までの高さの靴がローカット、ちょうど足首を覆う高さがミドルカット、足首とすねの辺りまでの高さがハイカットです。

3.季節や天気との相性

季節や天気によって、キャンプに最適な靴は変わります。夏と冬は気温が違いますし、晴れと雨では、足元の状況も変わりますよね。気候や天候ごとに最優先すべきポイントは、以下のとおりです。

  • 寒冷地でのキャンプ:保温性の高い靴
  • 青天で暑い日のキャンプ:通気性の良い靴
  • 雨天時のキャンプ:防水性・速乾性が高い靴

冬の寒さが厳しいキャンプでは、足の指先まで冷えて、ひどい場合には凍傷になるリスクも…。厳しい寒さに対しては、雪が溶けても水が染み込まない防水性の高さや、保温性の高さが大事です。一方で夏は、長く履いても蒸れにくい通気性の高さが大事。水に靴のまま入るときは、速乾性が高ければ不快感が軽減されます。

雨が降っても大丈夫!防水キャンプ靴7選

雨天時でもキャンプを楽しむためには、防水性が高いキャンプ靴の選択が重要です。ここでは、そうした靴を7つ紹介します。

Columbia(コロンビア) スティーンズピーク アウトドライ【メンズ】

あらゆる条件に対応する、防水のトレッキングシューズです。独自の防水透湿機能「アウトドライ」により、シューズ内は快適さをキープ。耐久性はもちろん、濡れた地面でも高いグリップ性を発揮します。クッション性・通気性に優れている点も、魅力的なポイント。

  • メーカー参考価格:17,380円
  • サイズ:25〜30cm
  • 重量:512g(27cm)

公式サイトをみる

MERRELL (メレル) カメレオン8ストームゴアテックス【メンズ】

メレルの歴史的名作である「初代カメレオン」が誕生したのは、なんと2001年。20年以上経った今も、そのデザイン性と機能性が高く評価され、根強いファンに親しまれてきました。性能も進化し続けており、さまざまなアウトドアシーンの足元を支えてくれます。

  • メーカー参考価格:19,800円
  • サイズ:22〜30cm
  • 重量:480g(27cm)

公式サイトをみる

Columbia(コロンビア) セイバー5ロウアウトドライ【レディース】

グリップ力やクッション性に優れた、ローカットの防水トレッキングシューズ。防水透湿性能が高く、快適な履き心地が続きます。軽くて耐久性も高いので、キャンプのさまざまなシーンに対応可能。砂や小石が入りにくい、細かいメッシュも採用されています。

  • メーカー参考価格:13,970円
  • サイズ:22.5〜26cm
  • 重量:334g(24.0cm)

公式サイトをみる

MERRELL(メレル) ジャングル モック【レディース】

ジャングルモックは、メレルの代名詞である最高の逸品。1度履いたら忘れられない履き心地に、世界中のユーザーが魅了され、累計販売数は1,700万足以上を誇るほど。近年は90年代から変わらぬ品として、レトロなデザインに注目が集まっています。

  • メーカー参考価格:13,200円
  • サイズ:22.5〜25cm
  • 重量:310g(24.0cm)

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ネクシス エクスプローラー ミッド【レディース】

高いクッション性のソールとKEENの技術が詰め込まれた、高スペックなトレッキングブーツ。しなやかで耐久性もある防水素材を採用し、さまざまなアウトドアで活躍すること間違いなし。ファッション性にも妥協がない、おしゃれな1足です。

  • メーカー参考価格:22,000円
  • サイズ:22.5〜29cm
  • 重量:310g(24.0cm)

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ビッグキッズ ジャスパー ツー KEEN × NEW ACOUSTIC CAMP スニーカー【キッズ】

キーン シューズ キッズ ジャスパー ツー KEEN YOUTH JASPER II NACFIELD KEE1027184

「New Acoustic Camp」とKEENがコラボした、お子さまの足元を堅実にサポートするアウトドアシューズ。「野原」にインスパイアされたカラーが、キャンプに自然に溶け込む、落ち着いたデザイン。親子でお揃いのモデルを揃えるのは、いかがでしょうか?

  • サイズ:20〜25.5cm
  • 重量:225g

水辺や夏のキャンプにおすすめの靴・サンダル7選

水辺で過ごす場合や、暑い夏のキャンプでは、涼しさを重視した靴が最適です。通気性や速乾性の高い靴やサンダルを7つご紹介します。

KEEN(キーン) ニューポート サンダル【メンズ】

KEEN(キーン)
¥17,069 (2024/02/25 18:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

KEENの創業モデルとなっている、定番スポーツサンダル。靴下と組み合わせれば、1年中快適に履けます。ソールの細かな切れ込みにより、グリップ力が高くなっているため、水辺のアクティビティでも安心して履けますよ。

  • メーカー参考価格:15,400円
  • 展開サイズ:25〜35cm
  • 重量:401g

公式サイトをみる

MERRELL(メレル) ハイドロ モック【メンズ】

オリジナリティあふれるデザインと快適な履き心地で、多くの人を魅了するモックシューズ。もちろんアウトドアに必要な性能もバッチリで、水陸両用として使えます。水辺のアクティビティが伴うキャンプなどで、活躍する1足になるでしょう。

  • メーカー参考価格:7,700円
  • 展開サイズ:25〜30cm
  • 重量:約210g (27.0cm/片足)

公式サイトをみる

HI-TEC(ハイテック)スキッパー【メンズ】

スキッパーは、グリップ性とクッション性を備えたソールを持つサンダル。Z型のベルトは、フィット感と耐久性の向上に貢献。ソール部分は、ラバー仕様で濡れた地面でも滑らないグリップ力を発揮します。

  • メーカー参考価格:7,150円
  • 展開サイズ:23〜30cm

公式サイトをみる

KEEN(キーン) エル ストラッピー サンダル【レディース】

3つのストラップにより、フィット感があるため、安定した歩行が可能なサンダルです。またストラップは、デザインのアクセントにも。リサイクルできる素材を採用した、環境にやさしいモデルです。速乾性も高いので、水辺のアクティビティに最適。

  • メーカー参考価格:9,900円
  • 展開サイズ:22〜28cm

公式サイトをみる

Teva(テバ) フラットフォーム ユニバーサル【レディース】

4.5cmの超厚底サンダルは、衝撃を緩和するEVAフォームの軽量素材をソールに採用しています。長く履いても疲れない、快適な履き心地が魅力です。そのまま履いても、ソックスと合わせても、足元はおしゃれに。コーディネートの幅が広がる、うれしい1足。

  • メーカー参考価格:10,230円
  • 展開サイズ:22〜25cm
  • 重量:約210 g (片足)

公式サイトをみる

CROCS(クロックス) ライトライド 360 クロッグ【レディース】

世界中で愛される快適な履き心地のクロックスから、驚きの履き心地が味わえる1足が登場。ふわふわの独自フォームを採用したインソールが、安定した歩行とクッション性を実現しています。もちろん、水辺や夏に必要な通気性も抜群。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • 展開サイズ:25〜35cm
  • 重量:310g(27cm)

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ビッグキッズ ニューポート エイチツー サンダ【キッズ】

KEENのキッズ用サンダルで、圧倒的な人気を誇る定番モデルです。普段使いはもちろん、アウトドアに最適な作りになっています。水辺でも滑りにくい独自のラバー素材があるので、安心して履かせられます。靴下を履けば、3シーズン対応可能。

  • メーカー参考価格:7,150円
  • 展開サイズ:20〜25.5cm
  • 重量:210g

公式サイトをみる

KEEN(キーン)のサンダルは、スポーツサンダルの中でも特におすすめ!さまざまなデザインや機能性のモデルを知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

キーンのサンダルおすすめ22選!アウトドアでも街中でも大活躍

キーンのサンダルおすすめ22選!アウトドアでも街中でも大活躍

2023年06月29日

冬でも足元が暖かいキャンプ靴7選

冬のキャンプでは、足元が冷えないように保温性の高い靴を選びましょう。以下に、そうした靴を7つご紹介します。

MERRELL(メレル) サーモ オーバールック 2 ミッド ウォータープルーフ【メンズ】

メンズ専用のハイスペックなウィンターブーツ。耐久性に優れたレザーが足をしっかり保護し、防水シェル構造が水の侵入を防ぎます。メレルの高い技術力により、厳しい寒さに負けないギミックが、ふんだんに搭載されたモデルです。

  • メーカー参考価格:27,500円
  • 展開サイズ:25〜30cm
  • 重量:約590g (27.0cm/片足)

公式サイトをみる

Columbia(コロンビア) バガブーツ セルシウス ワイド BI9458【メンズ】

伝統的なブーツをコロンビア独自の最新テクノロジーでアップデートした、無骨な見た目のウィンターブーツです。保温性や防水透湿性が高いため、冬でも温かく蒸れないのが強み。

長く履いても型崩れしにくく、寒い時期のキャンプに最適な1足です。

  • 展開サイズ:25〜29cm
  • 重量:665g(27cm/片足)

GERRY(ジェリー)難燃加工モックシューズ GR6550【メンズ】

難燃性の高い加工が施されているから、焚き火の火の粉による、やけども損傷も心配しなくてOK。気軽に普段から履けるデザインと、カカトを踏んでも大丈夫な設計になっています。キャンプでの、靴の脱ぎ履きが煩わしい人にもおすすめです。

  • 展開サイズ:25〜28cm(S〜LL)
  • 重量:約158g(Mサイズ/片足)

KEEN(キーン)フッドロメオ ウォータープルーフ【レディース】

フィット感が高く、快適な履き心地が味わえる、KEENの技術の結晶。楽にはけるスリッポンでありながら、ストラップの締め付けで驚異のフィット感が生まれる仕組みになっています。キャンプや日常使いまで、幅広く活躍するでしょう。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • 展開サイズ:22〜28cm
  • 重量:360g

公式サイトをみる

MERRELL(メレル) アントラ スニーカー ブーツ ウォータープルーフ【レディース】

スニーカーのような軽さが感じられる、履き心地が抜群のウインターブーツです。同時にトレッキングシューズのような安定性と機能性も兼ね備えています。冬の寒さに強い独自のアウトソールは、秋冬のキャンプでこそ、真価を発揮することでしょう。

  • 展開サイズ:22.5〜25cm
  • 重量:約310g (24.0cm/片足)

MOZ(モズ)ファーブーツ【レディース】

足のつま先までふわふわのファーが敷き詰められ、真冬でもポカポカ暖かく過ごせるショートブーツ。かかと部分には、mozの象徴である「エルク」のキュートなイラストも。冬コーデに映えるデザインと確かな性能を併せ持つ1足です。

  • 展開サイズ:22〜25cm(S〜LL)
  • 重量:約240g

Columbia(コロンビア) チルドレンズ パウダーバグ フォーティ【キッズ】

保温性が高く、冬の寒い時期でも快適なアウトドア時間が過ごせるスノーブーツです。水洗いも可能なので、いつでも清潔に履くことが可能。履き口のドローコードやマジックテープにより、簡単にフィット感が調節できるので、お子さまが履きやすい1足です。

  • 展開サイズ:13〜25cm
  • 重量:400g

楽に履けて脱げる!キャンプ靴7選

キャンプでは靴の着脱が重要です。楽に履けて脱げる靴を選ぶことで、キャンプがより快適になります。ここでは、そのようなキャンプ靴を7つ選んでご紹介します。

MERRELL(メレル) ジャングルモック【メンズ】

「ジャングル モック」は、世界で累計1,700万足以上も売れた、メレルのフラッグシップモデル。快適な履き心地だけでなく、レトロなデザインにも注目が集まります。かかと部分のループで、楽に脱ぎ履きができる「モックシューズの元祖」といえるモデルの最新版です。

  • メーカー参考価格:13,200円
  • 展開サイズ:25〜30cm
  • 重量:約370g (27.0cm/片足)

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ヨギ アーツ サンダル【メンズ】

つま先から甲を覆う、クロッグ型のサンダルです。ソール部分は、耐摩耗性とグリップ性に優れています。キャンプはもちろん、さまざまなシーンに合うので、オフィスや庭で履くのもアリでしょう。

  • メーカー参考価格:9,680円
  • 展開サイズ:25〜32cm
  • 重量:210g

公式サイトをみる

NIKE(ナイキ) ACG モック【メンズ】

ナイキが提供するACG(オール・コンディションズ・ギア)シリーズは、普段から履けることはもちろん、天気の荒れたキャンプ場でも快適に履ける機能性を有しています。ナイキならではのデザイン性の高さにより、大自然の景色の中でもおしゃれに過ごせますよ。

  • 展開サイズ:24〜30cm

KEEN(キーン) ヨギ サンダル【レディーズ】

キーン独自のデザインが、おしゃれなクロッグ型サンダル。足を包み込むアッパーは、ソフトな履き心地を提供しています。普段から履ける気軽さと、アウトドアにも通用する機能性を兼ね備えた1足です。

  • メーカー参考価格:8,580円
  • 展開サイズ:22〜28cm

公式サイトをみる

Teva(テバ) リエンバーテレイン【レディース】

超軽量のレディース用のモックシューズ。暖かな履き心地はもちろん、高いグリップ性のあるソールにより、安定した歩行を可能にしています。アッパー部分には、水を弾く加工も施されています。バックパックに引っ掛けられるストラップがあるのも、うれしいポイント。

  • メーカー参考価格:14,300円
  • 展開サイズ:22〜25cm

公式サイトをみる

Columbia(コロンビア) チャドウィックカフェ【レディース】

アッパーに上質なレザーやスエードを採用し、高級感のある仕上がりになっている1足です。ソール部分には、クッション性と通気性に優れた素材を採用し、快適な履き心地となっています。サンダル感覚で気軽に履けるので、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

  • 展開サイズ:23〜29cm
  • 重量:260g(24.0cm)

MERRELL(メレル) ジャングル モック【キッズ】

大人気の「ジャングル モック」のキッズモデル。「伸縮バンド」と「かかとのプルストラップ」で、子どもでも楽に脱ぎ履きが可能です。アッパーには汚れに強いスエードレザーを採用しているので、思いっきり親子で野山を走り回れますよ。

  • メーカー参考価格:7,480円
  • 展開サイズ:16〜22cm
  • 重量:約230g (19.0cm/片足)

公式サイトをみる

街でも履ける!おしゃれなキャンプ靴7選

キャンプだけでなく、普段使いもできるおしゃれなキャンプ靴も多く存在します。そのような靴を選べば、街中でもアウトドアの雰囲気を楽しむことができます。ここでは、そうした靴を7つご紹介します。

NIKE(ナイキ) ACG エア ズーム ガイアドーム GORE-TEX【メンズ】

ナイキのACGシリーズが提供する、一言で言えば「タフでかっこいい1足」。GORE-TEXテクノロジーの素材を採用しており、耐久性がとても高くなっています。どんなアウトドアにも対応できる性能の高さと、ナイキのデザイン性を兼ね備えたモデルです。

  • メーカー参考価格:28,050円
  • 展開サイズ:24〜30cm

公式サイトをみる

Danner(ダナー) MOUNTAIN 600 4.5インチ ブート【メンズ】

Danner(ダナー)
¥40,966 (2024/02/25 09:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

2016年にアメリカで数々の賞を獲得した、ダナーの「マウンテン600」は、その履き心地や汎用性が超優秀。アウトドアに必要な耐久性や防水性を持ちながらも、普段からはけるデザイン性の高さが人気のポイントです。

  • メーカー参考価格:22,000円
  • 展開サイズ:25〜33cm
  • 重量:約1kg(両足)

公式サイトをみる

HOKA(ホカ) カハ 2 ロー GTX【メンズ】

先進的なシルエットの同モデルには、評価の高い軽量レザー、そして環境に配慮したリサイクル素材を使用した「GORE-TEXフットウェアファブリック」が採用されています。ソール部分のグリップ力も、アウトドアには十分なレベル。

  • メーカー参考価格:31,900円
  • 展開サイズ:25〜30cm
  • 重量:475g

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ユニーク【レディース】

ユニークはサンダルというより、2本のコードと1枚のソールから作られた、次世代のスニーカー。その独特な構造により、抜群の通気性を誇ります。接地面から水を押し出すアウトソールは、優れたグリップ性も確保しています。

  • メーカー参考価格:14,300円
  • 展開サイズ:22〜28cm
  • 重量:300g

公式サイトをみる

Columbia(コロンビア) ホーソンレイン アドバンス スリー オムニテック【レディース】

独自の防水透湿素材「オムニテック」により、足元の快適さをキープ可能。耐久性の高いコーデュラ生地や、クッション性と通気性に優れたオーソライトを採用した贅沢な1足。日常でもキャンプでも、おしゃれを楽しみたい人におすすめのアイテムです。

  • メーカー参考価格:13,750円
  • 展開サイズ:23〜29cm
  • 重量:221g(24.0cm)

公式サイトをみる

adidas(アディダス) テレックス AX4 GORE-TEX ハイキング【レディース】

どんなシーンにも対応できる、防水性の高いトレイルシューズ。ランニングシューズのような軽さと、トレッキングシューズの安定性を両立した優れものです。悪天候でもグリップ力を発揮する独自ラバーを採用しており、足元を心配せずに行動ができます。

  • 展開サイズ:22〜26.5cm

HI-TEC(ハイテック)アカリス【キッズ】

レトロな色合いが目を引く、キッズ用のアウトドアスニーカー。ソール部分がしっかりとグリップ力を発揮するので、雨の日や足元が滑りやすいシーンでも安心して履けます。子どもでも、着脱しやすいバンド仕様なので、普段から重宝できますよ。

  • メーカー参考価格:4,950円
  • 展開サイズ:15〜21cm

公式サイトをみる

登山キャンプに適した靴4選

登山キャンプには、できるだけ登山に特化した靴が必要。地形に対応したソールや、高い防水性、保温性を持つ靴を選びましょう。以下に、登山キャンプに適した靴を4つ選んでご紹介します。

MERRELL(メレル) モアブ3 シンセティック ミッド ゴアテックス【メンズ】

メレルの「モアブ」シリーズは、世界中のアウトドアファンの足を支え、進化を続けるトレッキングシューズの代表格。さまざまな技術と優れた素材を駆使して、より快適にあらゆるアウトドアに対応する高い機能性と快適さを実現しています。

  • メーカー参考価格:19,800円
  • 展開サイズ:25〜30cm
  • 重量:約480g (27.0cm/片足)

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ターギー ツー【メンズ】

キャンプ場から山の上まで、さまざまなシーンに対応できる、万能トレッキングシューズ。KEEN独自の防水透湿素材を採用し、雨が降るシーンでも快適な履き心地が続きます。抜群のグリップ力を有するソール、足首を保護するカットは、登山キャンプの強い味方です。

  • メーカー参考価格:17,600円
  • 展開サイズ:25〜35cm
  • 重量: 456g

公式サイトをみる

KEEN(キーン) ピレニーズ【レディース】

伝統的なオールレザーの軽量トレッキングシューズ。軽快な履き心地ながら、クッション性や安定性の高い作りになっており、山道を歩くのに最適な設計。独自素材の「KEEN.DRY」により、高い防水透湿性を保ち、天候に関係なく快適な履き心地をキープします。

  • メーカー参考価格:23,100円
  • 展開サイズ:22〜28cm
  • 重量:529g

公式サイトをみる

Teva(テバ) リッジビュー ミッド RP【レディース】

現代トレイルのためにデザインされたリッジビューは、どんなアウトドアシーンにも対応できるマルチなトレッキングシューズ。雨に強く、濡れた路面でも、そのグリップ力は衰えません。抗菌加工で足の臭いを緩和してくれる点も、魅力的なポイントの1つ。

  • メーカー参考価格:21,780円
  • 展開サイズ:22〜26cm

公式サイトをみる

キャンプは靴だけじゃなくて靴下・服装も大事!

キャンプでは靴だけでなく、靴下や服装も重要です。せっかく素敵な靴でも、靴下や服装がアウトドアに適してなければ、その性能もデザインも100%活かせません。適切な装備を選んで、キャンプをさらに楽しく・快適に過ごしましょう。

以下の記事では、適切な靴下の選び方や登山に適した靴下をご紹介。キャンプにも通じる内容なので、キャンプに適した靴だけでなく靴下選びも妥協したくない人は要チェックです!

登山用の靴下を選ぼう!おすすめモデル28選と選び方を紹介

登山用の靴下を選ぼう!おすすめモデル28選と選び方を紹介

2023年10月31日

キャンプの服装について詳しく知りたい方には、以下の3記事もおすすめ。どんな服装がよいのか、具体例も交えながら解説しています。キャンプのファッションを知れると、機能性だけでなく、おしゃれも追求できますよ!

女子キャンプに最適な服装とは?おすすめコーデ12選【季節別】

女子キャンプに最適な服装とは?おすすめコーデ12選【季節別】

2023年10月24日

冬キャンプの服装はこれで決まり!寒さ対策をしながらおしゃれしよう

冬キャンプの服装はこれで決まり!寒さ対策をしながらおしゃれしよう

2022年11月28日

夏キャンプの服装で困らないために!昼夜の気温差や雨対策の準備も!

夏キャンプの服装で困らないために!昼夜の気温差や雨対策の準備も!

2022年06月30日

お気に入りの靴を見つけてキャンプに行こう!

アウトドアに適した靴を選んだほうがいいのは、シーンに適した機能性を求めるからでしょう。しかしキャンプの靴選びは、おしゃれを楽しんでもOK!

まずはシチュエーションに合わせて、靴の種類や機能性をチェックすることが最優先。そのうえで好きなブランドやデザインから、お気に入りの1足を見つけてください!

この記事で紹介したブランドやおすすめの靴は、どれも素敵です。あなたのキャンプを豊かにすること間違いなしなので、この機会にぜひキャンプ用の靴をゲットしましょう!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load