自転車乗りなら、つい足が向く。多摩川沿いのサイクルカフェ

尾根幹や多摩川沿いを走るサイクリストの新たな聖地「クロスコーヒー」。サイクリングの待ち合わせやゴールに最適なロケーションのほかにも、このカフェには自転車乗りがついつい立ち寄りたくなる魅力がたくさんあるという。それをこの目で確かめるべく、代表の棈木(あべき)亮二さんとカウンターを仕切る中村由加里さんを訪ねてみた。

「クロスコーヒー」の名に込められた思い

20190301_1_01

「尾根幹(おねかん)」といえば、東京・神奈川エリアのサイクリストにはおなじみの人気ルート。その起点、JR南武線矢野口駅そばにカフェ「クロスコーヒー」は店を構える。2017年8月のオープン以来、たちまち人気となったこのお店、じつはウエアブランド「チャンピオンシステムジャパン」が運営するものだ。

「もっとサイクリストとの接点をもちたい」との思いから、この地への出店を決めたと語る棈木さん。「よくクロスはシクロクロスの意味でしょうと言われるんですが、単純に交差点という意味です。サイクリストどうしで交流してもらう、という意味もあります」と、店名の「クロスコーヒー」に込めた願いを教えてくれた。

店内にもメニューにもこだわりが満載!

アメリカを思わせる倉庫を改造したような店をイメージし、店舗デザインも自ら手がけたという棈木さん。「テーブルも古材を使ったものだったり、ひとつひとつ違う椅子はアンティークだったりと、じつは凝ってます(笑)」と胸を張る。

20190301_1_02

そんな棈木さんの妥協のない姿勢はメニューにも表れている。「エスプレッソマシンはカリフォルニアのシネッソというのを使っています。サンドイッチのパンもフランスのバゲットサンドイッチの味を再現しました」というだけに、その味わいは本格的だ。

20190301_1_03

さらに、店内に並ぶチャンピオンズシステムのウエアやレイクのシューズなどはすべて試着・購入可能で、快適な試着室もあり至れり尽くせり。壁の手書きボードには楽しいライドイベント情報がびっしりと書き込まれ、サイクリストたちの仲間づくりに一役買っている。

店の前には手作りのサイクルラックが並び、休日ともなればジャージ姿のサイクリストで大賑わい! ぜひ自転車で訪れて、その熱気を感じてみたい。

【DATA】
●CROSS COFFEE chocolate&sandwiches
住所:東京都稲城市矢野口227-1 グランツドルフ1階
TEL:042-401-6126
営業時間:7:00 ~ 18:00
定休日:年末年始
席数:38、サイクルラック:21台分
公式サイト:http://cross.coffee

(出典:『BiCYCLE CLUB 2019年4月号』

(エイサイト編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load