BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

RICCAL・アルミ サイクルスタンド Sタイプ【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は従来のスタンドよりも「もっと手軽に、もっと便利に」をテーマに開発された進化型スタンド、RICCAL・アルミ サイクルスタンド Sタイプを編集部・ハマダがテスト!

軽量で簡単に組み立てられるスポーツサイクルスタンド

アルミ製で重量わずか5㎏。それでいて非常にコンパクトに収納できる。さらに工具不要で、横幅を延ばし3〜5台まで対応

理研軽金属工業は企業や建設、家庭内で役立つアルミ製パーツを生み出す、アルミの総合メーカー。そんなアルミのスペシャリストが生み出したのが、リッカルのサイクルスタンド。従来のスタンドよりも「もっと手軽に、もっと便利に」をテーマにした進化型だ。
アルミの特性を生かした軽さに加え、耐久性もあり、耐荷重はなんと100㎏。上部の横棒は伸縮可能で、全体の横幅を3段階に変えられる。ロード、クロス、MTBどの組み合わせでも最大5台まで対応可能だ。その使い心地をさっそくチェック。

これを超えるスタンドある?「現場」を想定した優良モデル

脚のパーツを外側に展開。そして展開した脚先を広げて、接地する2点にする
もう片方も同様に。不慣れな場合は片脚を接地させながらやるとラク
これだけの工程でスタンドが完成。ゆっくりやっても約30秒の作業だ。前後互い違いに最大5台自転車をかけられる
各屈曲部にあるボタンを押して、固定を完了する。収納時の順番も本体に書かれているのがうれしい

 

RICCAL・アルミ サイクルスタンド Sタイプ

2万2000円(シルバー/税抜)、2万4000円(ブラック/税抜)
●材質:アルミ ●カラー:シルバー、ブラック ●展開時サイズ:W1150/1450/1700×H1080㎜ ●収納時サイズ:W1150×D150×H60㎜ ●重量:5㎏ ●耐荷重:100㎏ ●Fタイプ(伸縮なし/1万6800円)も展開

伸縮式でも分離式じゃない便利スタンド

持ってみて、まずその軽さに驚く。5㎏の重量で5台もの自転車を支えられるとは。そして一番感動したのは「パーツごとにバラバラと分離しないこと」だ。展開時にも持ち運び時にもこれが一番ありがたい。
さて肝心の組み立てやすさにおいて。工具なし、一人でも約20秒で組み立てられると宣伝されているが、なるほど初回に2分かけた後は、「20秒組み立て」も可能になる。パーツがバラバラにならないことで可動部の動きがすぐ覚えられ、「見て、触ればすぐわかる」構造だということに気づく!
これはモノ作りにおいて非常に重要な要素だ。
そして安定感についても合格だ。本体の軽さに不安があったが、使用時は自転車の荷重が上からかかることで安定。足元のグリップも効いている。3台分の幅を4台分、5台分にしても本体はたわまない。
レース現場やイベント会場に持っていくことをきちんと想定したスタンド。価格も無理がなくていい感じ。かなり使いやすいので、チームでひとつ持っておきたい!

TESTER/ハマダ

以前自転車の車載についての取材時、「サイクルスタンドを持っていくのが、いちばんめんどうくさい」と多くの人からコメントを得ていた。「でもこのスタンドなら、そのめんどうくささのほとんどを解消しているかも?」と使ってみて感じた

問:リッカルサポートセンター
TEL:0120-319-614
https://www.rikenkeikinzoku.co.jp

 

その他のTEST MEの記事はコチラから。

「TEST ME」一覧

出典

SHARE

PROFILE

ハマダ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ハマダ

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

No more pages to load