BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第19ステージ|クナーウアナスンが今大会2勝目。ポイント賞争いはベネットがリードを広げる

ツール・ド・フランス2020第19ステージが9月18日、ブール=カン=ブレスからシャンパニョルまでの166.5kmのコースで行われ、セーアン・クナーウアナスン(サンウェブ)が終盤の16kmを単独で逃げ切って第14ステージ以来の今大会2勝目を挙げた。この日はポイント賞を巡る争いも激化したが、スプリントポイントやフィニッシュ地点でサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)がライバルたちに先着し、さらにリードを広げた。

TTフランスチャンピオンのカヴァニャが独走で逃げる

ツール・ド・フランス2020もこの日を入れて残すところあと3ステージ。第19ステージは、カテゴリー山脈が4級山岳ひとつのみというどちらかと言えばスプリンター向けのステージだが、獲得標高は2000mに及ぶ。翌日には個人TTステージ、その翌日は最終ステージのため、ポイント賞2位に着けるペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)にとっては首位を独走するベネットとの差を詰める数少ないチャンスになる。一方、個人総合上位陣は平穏に走りきり、マイヨジョーヌ争いを事実上決する翌日の個人TTに備えたいところだ。

レースはスタート直後から逃げを試みるアタックが断続的に発生したが、4km地点でレミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が単独で飛び出すことに成功した。カヴァニャは今年のフランス選手権の個人TTで優勝しており、素晴らしい独走力でハイペースを維持する。

メイン集団からはギヨーム・マルタン(コフィディス)ら5選手が追走のために飛び出した。しかし、快調に飛ばすカヴァニャをとらえることはできず、後にボーラ・ハンスグローエが牽引するメイン集団に吸収された。

その後もカヴァニャはメイン集団から3分前後のリードを保ち、82km地点の4級山岳シャトー・シャロン峠(距離4.3km、平均勾配4.7%)を先頭で通過。メイン集団は特に大きな動きはなく、一団となったまま峠を越えた。

逃げ続けるカヴァニャ、ポイント賞争いはベネットが着実にリードを拡大

4級山岳シャトー・シャロン峠をクリアし、全行程の半分ほどが過ぎたあたりで、カヴァニャとメイン集団との差は2分弱となった。117.5km地点のスプリントポイントが近づくと、ピエール・ロラン(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)、ブノワ・コヌフロワ(AG2Rラモンディアール)がメイン集団を飛び出した。これにルーク・ロウ(イネオス・グレナディアス)も合流し、3人でカヴァニャを追走した。

スプリントポイントはカヴァニャが先頭通過。続いてコヌフロワら3人が通過し、メイン集団はベネット、サガン、マッテオ・トレンティン(CCCチーム)の順でポイント賞トップ3が通過した。ベネットはサガンやトレンティンとのポイント差をさらに拡大した。

コヌフロワら追走グループはカヴァニャをとらえたものの、残り36km地点でペースアップしたメイン集団に吸収され、レースは振り出しに戻った。

クラーウアナスンがVサインで2勝目を誇示するようにフィニッシュ

逃げが吸収されると、丘陵地帯のアップダウンを利用したアタック合戦が集団前方で勃発。残り30km地点付近で、ベネット、サガン、トレンティンのポイント賞トップ3や第14ステージで逃げ切り勝利を果たしたクラーウアナスンらを含む12人の新たな逃げグループができた。メイン集団は追走の動きを見せたものの、逃げグループはリードを拡大し、このグループ内でステージ優勝を争うことが濃厚になった。

ポイント賞争いのトップ3がライバルを振り落とそうとアタックや牽制を繰り返す隙を突いて、残り16km地点でクラーウアナスンがアタック。牽制し合う逃げグループの選手たちを尻目に、一気にリードを拡大した。

クラーウアナスンはその後も単独で逃げ続け、第14ステージ以来の今大会2勝目を誇示するかのようにVサインを高々と掲げながらフィニッシュ。53秒遅れて追走集団が現れ、ルカ・メズゲッツが集団トップでフィニッシュした。

このグループ内にいたポイント賞トップ3は、ベネット、サガン、トレンティンの順でフィニッシュ。ベネットがさらに2人とのポイント差を拡大した。

この結果、各賞ジャージのリーダーに変動はなかった。個人総合と山岳賞争いの決着は第20ステージの個人TTに持ち越しとなった。一方、ポイント賞争いの最終決着は最終第21ステージに持ち込まれたが、ベネット優位と言えそうだ。

敢闘賞は4km地点からレース終盤まで逃げ続けたカヴァニャが選ばれている。

動画 ラスト1㎞

 

ツール・ド・フランス2020 第19ステージ結果

ステージ順位

1 セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)
2 ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)
3 ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
4 グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)
5 オリバー・ナーセン(ベルギー、AG2Rラモンディアール)
6 ニキアス・アルント(ドイツ、サンウェブ)

 
マイヨジョーヌ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+57秒
3 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)+1分27秒
4 リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)+3分6秒
5 ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)+3分28秒
6 エンリク・マス(スペイン、モビスター)+4分19秒

マイヨヴェール(ポイント賞)

サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)

マイヨアポワ(山岳賞)

リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)

 

マイヨブラン(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

敢闘賞

レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

モビスター

動画 ダイジェスト版

第19ステージのルート

 

ツール・ドフランス出場選手リストはコチラから。

「ツール・ドフランス出場選手リスト」

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load