BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第18ステージ|クフィアトコフスキ優勝、2位のカラパスが山岳賞リーダーへ。イネオス勢ワンツーで存在感を示す

ツール・ド・フランス2020第18ステージが9月17日、メリベルからラ・ロシュ=シュル=フォロンに至る175kmのコースで行われ、ミハウ・クフィアトコフスキとリチャル・カラパスのイネオス・グレナディアス勢がワンツーフィニッシュを決めた。カラパスは山岳賞トップに躍り出てマイヨアポアを獲得。個人総合トップを走るプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)はタイム差を縮められることなくマイヨジョーヌをキープしている。

序盤のスプリントポイントでのバトルを経て19人が逃げ集団形成

1級山岳2つ、2級山岳と3級山岳が1つずつ、最後に超級山岳を越えてフィニッシュとなる第18ステージ。5つのカテゴリー山岳が設けられたアルプス山岳ステージは、獲得標高4000m、超級山岳プラトー・デ・グリエール(距離6km、平均勾配11.2%)の直後には1800mの未舗装区間も登場する厳しいコースだ。

レースは序盤の14km地点に設けられたスプリントポイントに向けてスタート直後から活性化。ポイント賞のトップ3、サム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、マッテオ・トレンティン(CCCチーム)を含む32人が逃げ集団を形成した。スプリントポイントが近づくと、ポイント賞トップ3の選手たちがスプリントを開始。ベネット、トレンティン、サガンの順でポイントラインを通過し、ベネットがポイント差を拡大することに成功した。

逃げ集団はメイン集団とのリードを2分ほどに広げ、最初の1級山岳ロズラン峠(距離18.6km、平均勾配6.1%)へ。ここでスプリンターたちは脱落した。

一方、メイン集団からはピエール・ロラン(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)やジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、レナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)らが飛び出し、逃げ集団に加わろうとする動きを見せる。しかし、逃げ集団に合流できたのはダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・マクラーレン)だけで、最終的に逃げ集団は19人になった。

ヒルシとカラパスの山岳賞を巡る争いが激化

ロズラン峠の山岳賞ポイントを巡って、逃げ集団から第12ステージで勝利したマルク・ヒルシ(サンウェブ)と、このところ積極的に逃げ続けるリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)の2人が飛び出した。山頂をトップ通過したのはヒルシで、カラパスがこれに続いた。

峠の下りでクフィアトコフスキとペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)、ニコラ・エデ(コフィディス)が合流し、先頭グループは5人になった。14人の追走集団が30秒差、ユンボ・ヴィズマが牽引するメイン集団が3分差でこれを追う。

このメンバーで67.5km地点の3級山岳ラ・ルート・デ・ヴィル(距離3.2km、平均勾配6.6%)にさしかかり、ここでもヒルシが先頭、続いてカラパスの順で山頂をクリア。続く91km地点の2級山岳セジー峠(距離14.6km、平均勾配6.4%)でエデが遅れ、逃げグループは4人に。ここもヒルシが先頭で山頂を通過し、今大会2勝目と山岳賞ジャージ獲得を視野に入れたに思われたが、この峠の下りで単独落車し、集団から脱落してしまった。逃げグループはカラパス、クフィアトコフスキのイネオス勢2人とビルバオの3人になった。ヒルシは集団を単独で追いかけたものの、復帰することはできなかった。

イネオス勢が2人で抜け出し、ワンツー態勢を固める

3人になった逃げグループは、117.5km地点の1級山岳アラヴィ峠(距離6.7km、平均勾配7%)へ。先頭通過したのはカラパスで、山岳賞ポイントを上積みした。

続く超級山岳プラトー・デ・グリエール(距離6km、平均勾配11.2%)の上りでビルバオが集団から遅れ、逃げグループはイネオス勢の2人のみとなった。ボーナスポイントのかかるこの山岳もカラパスが先頭通過し、山岳賞のポイント争いでトップに躍り出た。カラパスとクフィアトコフスキはこの後の未舗装区間もクリアし、2人でフィニッシュ地点まで逃げ切りを目指した。

これを追うメイン集団では、超級山岳の上りで総合順位を上げたいミケル・ランダ(バーレーン・マクラーレン)がチームメートのワウト・プールスとともにアタック。これによって集団のペースも上がり、アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)と総合6位リゴベルト・ウラン(EFプロサイクリング)ら総合上位の選手がメイン集団から脱落した。さらに、未舗装区間でリッチー・ポート(トレック・セガフレード)がパンクで集団から遅れてしまったものの、集団復帰を果たしている。

クフィアトコフスキとカラパスが逃げ切り、肩を組んでフィニッシュ

クフィアトコフスキとカラパスはフィニッシュ地点までの27kmを逃げ切ることに成功。フィニッシュ地点前で勝利を確信すると、互いの健闘をたたえ合うように肩を組んでフィニッシュ。クフィアトコフスキーが1位、2位のカラパスが山岳賞トップに躍り出た。

メイン集団がフィニッシュ地点に現れたのはそのおよそ2分後。3位にワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィズマ)が入り、フィニッシュ地点でライバルチームの選手がボーナスタイムを獲得するのを阻止。4位にログリッチ、5位にタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)が入った。

この結果、個人総合トップの座はログリッチが2位ポガチャルと57秒差でキープ。山岳賞はカラパスが首位となり、マイヨアポワに袖を通した。ポイント賞、ヤングライダー賞はそれぞれベネットとポガチャルがトップの座を守っている。

敢闘賞には、5つのカテゴリー山岳のうち3つを先頭通過し、落車後も単独で先頭を多い続けたヒルシが選ばれた。ヒルシのステージ敢闘賞は今大会3度目だ。

ツール・ド・フランス2020 第18ステージ結果

ステージ順位

1 ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド)
2 リチャル・カラパス(エクアドル)
3 ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)
4 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
5 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
6 リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)

 
マイヨジョーヌ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+57秒
3 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)+1分27秒
4 リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)+3分6秒
5 ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)+3分28秒
6 エンリク・マス(スペイン、モビスター)+4分19秒

マイヨヴェール(ポイント賞)

サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)

マイヨアポワ(山岳賞)

リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)

 

マイヨブラン(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

敢闘賞

マルク・ヒルシ(スイス、チームサンウェブ)

チーム総合成績

モビスター

動画 ダイジェスト版

第18ステージのルート

 

ツール・ドフランス出場選手リストはコチラから。

「ツール・ドフランス出場選手リスト」

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load