BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|TT世界チャンプのガンナが独走で勝利。ステージ3位のアルメイダが個人総合トップを守る|第5ステージ

ジロ・デ・イタリア2020の第5ステージは10月7日、イタリア南部のミレートからカミリアテッロシラノまでの225kmのコースで行われ、1級山岳の上りで独走に持ち込んだフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)がステージ優勝を果たした。トップから34秒遅れの3位に入ったホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が個人総合トップの証・マリアローザを守った。

第1ステージを制したガンナらイネオス勢が逃げグループを形成

この日、ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が初めてマリアチクラミーノ(スプリント賞)を着てレースを走った。

ジロ・デ・イタリア2020のプロトンは、第5ステージでいよいよイタリア本土に上陸した。第5ステージのコースは、前半からアップダウンの連続で、中盤に2つの3級山岳が続き、終盤に1級山岳ヴァリコ・ディ・モンテスクーロ(距離24.2km・平均勾配5.6%)を越え、いったん下ってから緩斜面の上りでフィニッシュ地点のカミリアテッロシラノに至る。距離225km、難易度4つ星で、個人総合に動きが見られる可能性もある。

レースは序盤からイネオス・グレナディアス勢が何度かアタックを試みるもなかなか決まらず、40kmを過ぎたあたりでようやく第1ステージを制したガンナとサルバトーレ・プッチョ(イネオス・グレナディアス)を含む4人が飛び出した。序盤の50kmは1時間程度で走りきるハイペースで推移した。

逃げグループにヴァレリオ・コンティ(UAEチームエミレーツ)、エクトル・カレテロ(モビスター)さらに4人が合流して8人が逃げグループを形成した。8人になった逃げ集団は、メイン集団との差を3分に広げた。

逃げ集団からTT世界チャンピオンガンナがアタック

逃げグループは第1スプリントラインを通過し、最初の3級山岳にさしかかるころにはドゥクーニンク・クイックステップが牽引するメイン集団との差を4分に拡大した。2つめの3級山岳にさしかかるころにはタイム差は4分30秒、残り100km地点では5分以上のタイム差が開いた。

メイン集団はその後、ユンボ・ヴィズマやバーレーン・マクラーレンの牽引で逃げグループとのタイム差を縮めにかかる。1級山岳ヴァリコ・ディ・モンテスクーロにさしかかるころには逃げグループのリードは3分を切った。

逃げグループでは残り33km地点でのカレテロのアタックをきっかけに集団が少しずつ崩壊していく。残り16kmでガンナがアタックし、力強い走りで逃げグループとのリードを広げていく。第1ステージのタイムトライアルを制したガンナは、1級山岳を先頭で通過。その後もリードを守り、独走でフィニッシュラインを越えた。ガンナは山岳賞争いでもトップに立ち、マリアアッズーラに袖を通した。

個人総合トップはアルメイダが守ったが、個人総合2位で山岳賞トップのマリアアッズーラを着るヨナタン・カイセド(EFプロサイクリング)は、レース終盤にトラブルで遅れ、個人総合ベスト10圏外へ脱落し、山岳賞も失った。

ポイント賞はサガンが、ヤングライダー賞はアルメイダがそれぞれキープしている。

ジロ・デ・イタリア2020 第5ステージ結果

ステージ順位

1 フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)
2 パトリック・コンラッド(ボーラ・ハンスグローエ)+34秒
3 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
4 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)
5 ルーカス・ハミルトン(ミッチェルトン・スコット)
6 ジェイ・ヒンドレー(サンウェブ)
71 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)+43秒
3 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)+48秒
4 ハーム・ファンフック(ロット・スーダル)+59秒
5 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)+1分1秒
6 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(NTTプロサイクリング)+1分5秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

ドゥクーニンク・クイックステップ

第5ステージのルート

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load