BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|ナルバエスが今大会2人目のエクアドル人勝者に。各賞に変動なし|第12ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第12ステージが15日、イタリア・アドリア海沿岸の町チェゼナティコを発着点とする204kmの周回コースで行われ、ジョナタン・ナルバエス(イネオス・グレナディアス)が冷たい雨の中を独走で逃げ切ってステージ優勝を果たした。個人総合をはじめ、各賞の上位の顔ぶれに変動はなかった。

山岳王・パンターニの出身地がこの日の舞台

第12ステージの発着点、チェゼナティコは、山岳王の異名を持つ故マルコ・パンターニの出身地。ここから3つの3級山岳と2つの4級山岳を越え、再びチェゼナティコに戻る204kmの周回コースがこの日の戦いの舞台だ。カテゴリー山岳を含めてそれほど標高が高いところはないが、序盤と終盤を除いてノコギリの歯のように細かい上りと下りを交互に繰り返すため、難度は☆4つに設定されている。

中盤以降にうまく飛び出せば逃げ切りも狙えるステージとあって、この日も逃げグループを形成しようという選手たちがレース開始早々アタック合戦を繰り広げた。20kmほど経過したところで、ナルバエスやサイモン・クラーク(EFプロサイクリング)ら13人の逃げグループが形成され、後に単独で1人ブリッジして14人になった。

この中で個人総合の最上位はタイムで44分近く遅れているナルバエスで、その他の選手も50分以上遅れている。このため、メイン集団はこの逃げを容認し、一気に13分近く両者のタイム差が付くことになった。

山岳地帯では冷たい雨が選手を苦しめる

レース中盤の山岳地帯に入ると、メイン集団の先頭にはNTTプロサイクリング勢が集まり、ペースアップを図った。さらに雨が降り風も吹くなど天候が悪化したこともあり、4つ目の3級山岳マドンナ・ディ・プリアーノ(距離9.1km、平均勾配5.9%)を下り終えた残り50km地点ではメイン集団は20人ほどに人数を減らしていた。最大13分以上あった逃げグループとのタイム差も、4分30秒ほどに縮まった。

山間部では気温が10度前後に下がるところもあり、選手たちはレインジャケットを着て雨や寒さをしのぎながら走った。手に息を吹きかけながら走る選手や、寒さのあまり震えが止まらない選手も見られた。

同じころ、逃げグループでもステージ優勝をかけた駆け引きが展開されていた。3級山岳マドンナ・ディ・プリアーノの下りでナルバエスとマーク・パデュン(バーレーン・マクラーレン)が2人で飛び出し、最後の4級山岳サンジョバンニ・イン・ガリレア(距離4.7km、平均勾配5.6%)を先頭でクリアした。メイン集団が一時ペースを緩めたため、2人とメイン集団とのタイム差はこの時点で6分ほどに広がった。

パデュンのパンクで単独になったナルバエスが逃げ切りV

ナルバエスとパデュンは2人で逃げ切るかと思われたが、残り24km地点でパデュンが前輪をパンクし、ナルバエスが単独で逃げる状態に。パデュンはスペアバイクに乗り換えて追走したが、最後まで追いつくことはできなかった。

雨の降りしきるチェゼナティコの町に最初に現れたナルバエスは、自身のジロ初勝利を示すかのように天に人差し指を掲げながらフィニッシュ。今大会で2人目のエクアドル人勝者になった。

ナルバエスと逃げていたがパンクによって後退したパデュンは、1分以上遅れて単独でフィニッシュ。個人総合上位陣はメイン集団で先頭から8分以上遅れてフィニッシュした。新城幸也は先頭から30分以上遅れて完走した。

この結果、個人総合を含む各賞のトップに変動はなかった。

ジロ・デ・イタリア2020 第12ステージ結果

ステージ順位

1 ジョナタン・ナルバエス(イネオス・グレナディアス)
2 マーク・パデュン(バーレーン・マクラーレン)+1分8秒
3 サイモン・クラーク(EFプロサイクリング)+6分50秒
4 ジョセフ・ロスコフ(CCCチーム)+7分30秒
5 シモン・ペロー(アンドローニジョカトリ・シデルメク)+7分43秒
6 ブランドン・マクナルティ(UAEチームエミレーツ)+8分25秒
101 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+30分31秒

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)+34秒
3 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)+43秒
4 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(NTTプロサイクリング)+57秒
5 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)+1分1秒
6 パトリック・コンラッド(ボーラ・ハンスグローエ)+1分15秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

アルノー・デマール(グルパマFDJ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ルーベン・ゲレイロ(EFプロサイクリング)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

イネオス・グレナディアス

第12ステージのルート

 

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load