BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|デマールが爆発的なスプリント勝利、サガンがスプリントジャージ失う|第6ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第6ステージが8日、イタリア南部のカストロヴィッラリからマテーラまでの188kmのコースで行われ、アルノー・デマール(グルパマFDJ)が圧倒的なスプリントでライバルをねじ伏せ、今大会ステージ2勝目を挙げ、スプリント賞ジャージ、マリアチクラミーナを手に入れた。いっぽうペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)はマリアチクラミーナを1日で手放すことになった。個人総合トップの座はホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が守っている。

序盤は4人の逃げグループが大きくリード

前半が山岳地帯、中盤以降は平坦基調ながら終盤に3級山岳ガッレリア・ミロッタ(距離4.9km、平均勾配6.3%)が待ち構え、最後は上りフィニッシュという第6ステージ。平坦に強いピュアスプリンターというよりは上りもこなせるスプリンターかパンチャー向けのコースと言え、サガンや第4ステージを制したデマール向けと言えそうだ。

アクチュアルスタート後、まもなくジェームス・フェラン(EFエデュケーションファースト)ら4人の逃げグループができた。マリアローザを着るホアン・アルメイダを擁するクイックステップが牽引するメイン集団がこれを追う展開になったが、この日は山岳ステージではなく、順当に行けば個人総合には大きな変動はないことが予想されたため、メイン集団はリラックスしたムードで進行。40km経過したあたりで逃げグループとのタイム差は9分程度にまで拡大した。

62.1km地点の第1スプリントラインは4人の逃げグループが先行し、9分以上遅れてメイン集団がやってきた。マリアチクラミーノを着るポイント賞トップのペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)はチームメートのリードアウトから飛び出したが、ここはデマールが先行してポイントを稼いだ。

圧倒的なスプリントを見せたデマールが完勝

第1スプリントラインを通過し、中盤の平坦区間に入ると、メイン集団はボーラ・ハンスグローエの牽引で逃げグループ4人との差を縮めにかかる。最大9分ほどあったタイム差は、残り70kmを切ったあたりで4分ほどに縮まった。

3級山岳ガッレリア・ミロッタの上りに入ると、逃げグループのフェランが独走に持ち込んだ。フェランはそのままKOMをトップで通過した。一方、メイン集団ではこの上りでスプリンターがふるいにかけられ、エリア・ヴィヴィアーニ(コフィディス)が集団から脱落した。

3級山岳を過ぎ、残り14kmを切ったあたりでメイン集団は逃げていたフェランを吸収。残り10kmを切ると次第に集団戦闘でのポジション争いが激しくなってきた。残り5kmを切り、道が狭くなった区間では、ステージ2勝を挙げているフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)が先頭を引いた。残り1kmを切ると個人総合5位に着けるヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)がアタックを開始。その後ヤコブ・フルサン(アスタナ)が先頭で最終コーナーを通過し、勝負はゴールスプリントに持ち込まれた。

ストレートに入ると、デマールが一気に加速し、集団から完全に抜け出してフィニッシュ。今大会2勝目を挙げた。サガンは集団内に沈み、ポイント賞トップの証・マリアチクラミーノはデマールに渡った。

個人総合、山岳賞、ヤングライダー賞に変動はなかった。

ジロ・デ・イタリア2020 第6ステージ結果

ステージ順位

1 アルノー・デマール(グルパマFDJ)
2 マイケル・マシューズ(サンウェブ)
3 ファビオ・フェリーネ(アスタナ)
4 フアン・モラノ(UAEチームエミレーツ)
5 ダヴィデ・チモライ(イスラエル・スタートアップネイション)
6 アンドレア・ヴェンドラーメ(AG2Rラモンディアール)
80 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+1分32秒

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)+43秒
3 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)+48秒
4 ハーム・ファンフック(ベルギー、ロット・スーダル)+59秒
5 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)+1分1秒
6 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(NTTプロサイクリング)+1分5秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

アルノー・デマール(グルパマFDJ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

ドゥクーニンク・クイックステップ

第6ステージのルート

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load