BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|虹色の超特急・ガンナが個人TTでまた圧勝。今大会3勝目|第14ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第14ステージが17日、コネリアーノからヴァルドッビアーデネまでの34.1kmでの個人タイムトライアル形式で行われ、個人TT世界チャンピオンで今大会の第1ステージの個人TTも制しているフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)が2位に26秒差を付けて圧勝した。個人総合トップのホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)は6位と好走し、個人総合争いのリードを拡大した。

TTの世界チャンピオンやナショナルチャンピオンがしのぎを削る

第14ステージは、イタリア北東部のブドウ畑が広がる丘陵地帯を駆け抜ける今大会2度目の個人タイムトライアル。7km地点に4級山岳ムーロ・ディ・カ・デル・ポッジオ(距離1.1km、平均勾配12.3%)があり、終盤にも丘をひとつ越えて下り、最後も勾配5%の上りを越えてフィニッシュとなる。距離は34.1kmだが、主催者が示す難度は☆4つと山岳ステージ並みだ。

レースは個人総合の最下位の選手からスタート。出走選手の中には歴代のTT世界チャンピオンや各国の現TTナショナルチャンピオンも。チェコのTTナショナルチャンピオン、ヨセフ・チェルニー(CCCチーム)は43分56秒を記録。暫定1位のホットシートを獲得した。

その後、昨年の世界選手権個人TTチャンピオンのローハン・デニス(イネオス・グレナディアス)が43分6秒の好タイムをマークした。

現世界チャンピオンのガンナが圧倒的なタイムをたたき出す

このステージの優勝の最有力候補は、今大会第1ステージの個人TTを制し、すでにステージ2勝を挙げている個人TT現世界チャンピオンのガンナだろう。

ガンナは34.1kmのコースを平均時速47.9kmで駆け抜け、チームメイトのデニスの記録を26秒も上回る42分40秒という圧倒的な好タイムを記録。ホットシートを獲得した。

その後、個人総合の上位に着ける選手たちも出走したが、このタイムを上回る選手は現れず、ガンナは今大会3勝目、個人TTステージで2勝目を挙げた。2位にはチームメートのデニスが入り、イネオス・グレナディアスが強さを見せつけた。

1、2フィニッシュを決めたイネオス・グレナディアスのフィリッポ・ガンナとローハン・デニス。今年と去年の世界チャンピオンだ

総合上位陣ではアルメイダが好走、タイム差をさらに拡大

このステージでは個人総合上位陣の走りにも注目された。個人TTの走り次第でタイム差を挽回したりリードを失ってしまうからだ。

個人総合トップのアルメイダは、44分11秒のステージ6位。同2位のウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)は44分27秒とステージ9位となった。一方、同3位ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)や同5位ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)はタイムが伸びず、同4位のドメニコ・ポッツォヴィーヴォは大きく失速した。

ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)

ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)

ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)

この結果、アルメイダは個人総合のタイム差をこのステージで16秒拡大し、56秒差とした。個人総合トップ3の顔ぶれに変動はなかったが、この日ステージ3位と好走したブランドン・マクナルティ(UAEチームエミレーツ)が個人総合4位にジャンプアップした。

ジロ・デ・イタリア2020 第14ステージ結果

ステージ順位

1 フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス) 42分40秒
2 ローハン・デニス(イネオス・グレナディアス) +26秒
3 ブランドン・マクナルティ(UAEチームエミレーツ) +1分9秒
4 トーマス・デヘント(ロット・スーダル) +1分11秒
5 ヨセフ・チェルニー(CCCチーム) +1分16秒
6 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ) +1分31秒
72 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+5分39秒

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ)+56秒
3 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン)+2分11秒
4 ブランドン・マクナルティ(UAEチームエミレーツ)+2分23秒
5 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)+2分30秒
6 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)+2分33秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

アルノー・デマール(グルパマFDJ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ルーベン・ゲレイロ(EFプロサイクリング)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

イネオス・グレナディアス

第14ステージのルート

 

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load