BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|ゲイガンハートがグランツール初勝利!総合争いも白熱|第15ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第15ステージが18日、イタリア北部のバーゼアエレアリヴォルトからピアンカヴァッロまでの185kmのコースで行われ、テイオ・ゲイガンハート(イネオス・グレナディアス)が個人総合2位のウィルコ・ケルデルマンらサンウェブ勢を振り切ってグランツール勝利を遂げた。ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)は個人総合トップを守ったが、2位ケルデルマンとの差は15秒に縮まった。

スタート前にフレッチェ・トリコローリのアクロバット飛行も

この日のスタート地点は、フランス空軍のアクロバット飛行チーム、フレッチェ・トリコローリが拠点を置く空軍基地。スタート前のセレモニーでは、スタートラインに着く選手たちの前でフレッチェー・トリコローニのアクロバット飛行が披露された。

この日のコースは、2級山岳3つを経て1級山岳ピアンカヴァッロ(距離14.5km、平均勾配7.8%)の山頂フィニッシュというレイアウト。個人総合トップの証・マリアローザをかけた戦いが激しくなることが予想された。

前日のTT2位のデニスら12人が逃げグループを形成

レースがスタートすると、早々に12人のライダーが逃げグループを形成。この中には過去にグランツールで何度もステージ優勝しているトーマス・デヘント(ロット・スーダル)や前日の個人TTで2位に入ったローハン・デニス(イネオス・グレナディアス)、山岳賞争い2位のジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ヴィーニザブKTM)らの姿もあった。

最初の2級山岳キアンズタン(距離10.6km、平均勾配5.4%)の上りはじめで、逃げグループとメイン集団との差は7分程度にまで拡大。KOMはヴィスコンティが先頭で通過し、この時点で山岳賞争いのトップに立った。続く2級山岳フォルチェッラ・ディ・モンテレスト(距離7.4km、平均勾配7.5%)もヴィスコンティが先頭で通過し、ポイントの上積みに成功した。

一方、メイン集団は逃げグループとの差をコントロールしながら追走。105km地点の2級山岳フォルチェッラ・ディ・モンテレストのKOMでは5分ほどのタイム差だったが、そこから少しずつ差を詰めていき、逃げグループを吸収しにかかった。

総合系のチームがアシストを削り合う消耗戦に

残り60kmとなったあたりでメイン集団とのタイム差が3分ほどにまで縮まった逃げグループでは、デヘントやデニスら4人が逃げ切りを図るために飛び出した。4人はそのまま先頭集団を形成し、第2スプリント地点を通過した。さらに2級山岳フォルチェッラ・ディ・パーラマルザーナ(距離13.3km、平均勾配4.4%)の上りでデニスがアタック。デヘントがこれに追随するが、デニスは独走に持ち込み、KOMを先頭で通過した。

一方、メイングループではサンウェブが先頭集団の吸収を図るとともに、個人総合2位のケルデルマンの個人総合争いをアシストするため、集団の先頭に立ってペースアップを図る。さらにこの動きにアスタナも加勢し、個人総合の有力選手を抱えるチームはアシストの人数を減らしていく消耗戦となった。

この動きでメイン集団がペースアップしたことにより、デニスは最後の1級山岳ピアンカヴァッロへの上りでメイン集団に吸収されてしまった。

最後はサンウェブの2人をゲイガンハートが下す

メイン集団ではアシストが力尽き、丸腰になった総合上位の選手が続々と集団から脱落。個人総合4位のブランドン・マクナルティ(UAEチームエミレーツ)や同5位のヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガフレード)、ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(NTTプロサイクリング)らが集団から次々と遅れていった。

残り7kmでサンウェブのケルデルマンとジェイ・ヒンドレーがペースアップ。これにゲイガンハートはついて行けたが、個人総合トップのアルメイダまでもついに遅れてしまった。ステージ優勝争いは、ケルデルマンとヒンドレーのサンウェブ勢2人とゲイガンハートの3人に絞られた。

フィニッシュ手前の勾配が緩んだところで、ゲイガンハートがサンウェブ勢2人にアタックを仕掛け、一気にリードを拡大。そのまま天を指さしながらフィニッシュゲートを通過した。2位にはケルデルマンが入り、ボーナスタイムを獲得。個人総合トップのアルメイダは4位と粘ったが、先頭から37秒遅れてフィニッシュした。

この結果、アルメイダは個人総合リーダーの座を死守したが、2位ケルデルマンとのリードは一気に15秒差に縮まった。この日3位に入ったヒンドレーは、個人総合でも3位にジャンプアップした。また、山岳賞は、この日大きくポイントを稼いだヴィスコンティの手に渡った。

ジロ・デ・イタリア2020第15ステージ 結果

ステージ結果

1 テイオ・ゲイガンハート(イネオス・グレナディアス)
2 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ) +2秒
3 ジェイ・ヒンドレー(サンウェブ) +4秒
4 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ) +37秒
5 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ) +1分22秒
6 パトリック・コンラッド(ボーラ・ハンスグローエ) +1分29秒
83 新城幸也(バーレーン・マクラーレン)+32分2秒

マリアローザ(個人総合成績)

1 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 ウィルコ・ケルデルマン(サンウェブ) +15秒
3 ジェイ・ヒンドレー(サンウェブ) +2分56秒
4 テイオ・ゲイガンハート(イネオス・グレナディアス) +2分57秒
5 ペリョ・ビルバオ(バーレーン・マクラーレン) +3分10秒
6 ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ) +3分18秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

アルノー・デマール(グルパマFDJ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(ヴィーニザブKTM)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

チーム総合成績

イネオス・グレナディアス

第15ステージのルート

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load