BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|ログリッチがチームメートのリタイアを吹き飛ばす今大会2勝目! 個人総合2位に浮上|第8ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は28日、第8ステージがログローニョからアルト・デ・モンカルビリョまでの164kmのコースで行われ、プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)が個人総合トップのリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)に13秒差を付けてステージ優勝を果たした。個人総合2位にログリッチが浮上し、首位カラパスとのタイム差も13秒に縮小した。

ユンボ・ヴィズマのダブルエースの一角・デュムランがリタイア

第8ステージは前半はほぼ平坦で、後半は113.8km地点の2級山岳ラサ峠(距離9.8km、平均勾配5.3%)を越え、1級山岳モンカルビリョ(距離8.3km、平均勾配9.2%)の山頂フィニッシュ。獲得標高3800mの山岳ステージだ。1級山岳の後半は勾配が10%を超える険しさで、個人総合争いに変動があるかが注目される。

レース前にはトム・デュムラン(ユンボ・ヴィズマ)が連戦による蓄積疲労からくるひどい倦怠感のためブエルタを去るというニュースが飛び込んできた。デュムランは今大会にログリッチとともにダブルエースの一角として参戦したが、序盤から大きくタイムを失い、明らかに本調子からはほど遠いコンディションだった。今回のリタイアは来シーズンも視野に入れたものといい、本人とスタッフも同意しているという。

7人の逃げグループが2級山岳を先頭通過

レースは序盤からアタック合戦が繰り広げられ、連日積極的な走りを見せる元世界チャンピオンのルイ・コスタ(UAEチームエミレーツ)やレミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ)ら7人の逃げグループが形成され、イネオス・グレナディアスがコントロールするメイン集団がこれを追走した。

レース中盤にはメイン集団との差は5分程度に落ち着いた。2級山岳ラサ峠は逃げグループの中からカヴァニャが先頭で通過した。

メイン集団は2級山岳に入るとモビスター勢が集団のペースアップを図り、逃げグループとの差は縮小傾向に。この動きでメイン集団の人数も絞られていった。この動きは1級山岳モンカルビリョの上りまで続いた。

逃げグループではベンジャミン・ダイボール(NTTプロサイクリング)とスタン・デウルフ(ロット・スーダル)が最後まで粘っていたが、1級山岳の上りに入ってすぐに吸収された。

最後の1級山岳での死闘をログリッチが制する

1級山岳に入ってもモビスターが先頭集団のペースを作る状況は変わらなかったが、メイン集団の人数は30人ほどにまで絞られた。フィニッシュ地点が近づくにつれて少しずつ集団内の動きが活性化していく。

口火を切ったのはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)。この動きはユンボ・ヴィズマが牽引する集団に吸収された。

残り5kmで前日ステージ優勝を果たしたマイケル・ウッズ(EFプロサイクリング)が総合2位のヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)を引き連れてアタック。さらに残り4kmを切ったところでカーシーがアタックを仕掛けると、セップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)がこれに反応し、2人で飛び出した。

これを追う追走グループは、個人総合首位のカラパス、同3位のダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション)、同4位ログリッチ、同5位エンリク・マス(モビスター)、アレクサンドル・ウラソフ(アスタナ)の5人。残り3kmを切ったところで先行する2人に追いついた。

続けざまにカラパスがアタックするとマスが脱落。残り1.5kmでウラソフがアタックし、独走に持ち込むが、残り1kmのアーチをくぐったところでログリッチが追走のためペースアップ。ウラソフに追いつくと再びカラパスがアタック。これにログリッチが反応してカウンターアタックを仕掛け、一気にカラパスとの差を広げた。

ログリッチはカラパスに13秒のタイム差を付けて先頭でフィニッシュ。前年優勝の証・ゼッケン1を着けるディフェンディングチャンピオンが今大会2勝目を挙げ、個人総合でも2位にランクアップ。首位カラパスとのタイム差を13秒差にまで縮めた。

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第8ステージ 結果

ステージ結果

1 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
2 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス) +13秒
3 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +19秒
4 アレクサンドル・ウラソフ(アスタナ) +25秒
5 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +33秒
6 ワウト・プールス(バーレーン・マクラーレン) +35秒

マイヨロホ(個人総合成績)

1 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)
2 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) +13秒
3 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +28秒
4 ヒュー・カーシー(イギリス、EFプロサイクリング) +44秒
5 エンリク・マス(モビスター) +1分54秒
6 フェリックス・グロスチャートナー(ボーラ・ハンスグローエ) +3分28秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

モビスター

敢闘賞
スタン・デウルフ(ロット・スーダル)

第8ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load