BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|スプリント前の“場外乱闘”でベネット降着。アッカーマンが繰り上げ勝利|第9ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は29日、第9ステージがカストリーリョ・デル・バルからアギラル・デ・カンポーまでの157.7kmのコースで行われ、パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)がブエルタでは自身初のステージ優勝を果たした。先頭でフィニッシュしたサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)は、スプリント前に他選手への妨害を行ったため、レース後に降着となった。

カテゴリー山岳なし。スプリンターのための1日

第9ステージはカテゴリー山岳がひとつもない平坦ステージ。第4ステージ以来のスプリンター向けのステージと言えそうだ。

レースはローリングスタート直後にアリツ・バグエス(カハルラル・セグロスRGA)とフアン・オソリオ(ブルゴスBH)が2人で集団を飛び出した。メイン集団はこれを容認し、2人はメイン集団とのタイム差を5分ほどにまで拡大した。

メイン集団では残り120kmを切ったあたりで落車があり、アッカーマンやエクトル・サエス(カハルラル・セグロスRGA)らが巻き込まれたが後に2人とも集団復帰を果たした。残り100kmを切ってからも別のクラッシュが発生した。

中間スプリント地点はバグエスが先頭で通過。メイン集団ではポイント賞トップのプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)はここでは動かず、ディラン・ファンバーレ(イネオス・グレナディアス)が先頭で通過した。

終盤は各チームのトレインが激しい位置取り争いを展開

残り50kmを切るとメイン集団は逃げる2人をとらえるためにペースアップ。一気に差を縮めていく。残り35kmでいったんフィニッシュ地点を通り、周回コースに入るころには逃げ2人とメイン集団は40秒程度のタイム差に。最終的に逃げていた2人は残り22km地点で集団に吸収された。

残り13km地点で、個人総合2位のログリッチが前輪をパンク。しかしすぐにバイクを交換して集団復帰し、事なきを得た。

その後は早くもステージ優勝を狙うチームが集団前方でトレインを組んで位置取り争いを展開。ステージ優勝を狙えるスプリンターを擁するボーラ・ハンスグローエ、ロット・スーダルなどが前方を固めて主導権を握ろうとした。残り5km以降の鋭角コーナーが続く市街地エリアでは、ボーラ・ハンスグローエがうまい位置取りを見せ先頭を固めた。

位置取り争いの中でベネットが“場外乱闘”。1着入線も降着

残り1kmを切ってからの位置取り争いでもボーラ・ハンスグローエ勢は先頭を固め、優位にレースを展開。一方、第4ステージ以来の今大会2勝目を狙うベネットが、位置取り争いの中で隣を走るエミルス・リエピンス(トレック・セガフレード)を肩で何度か押す場面もあった。

最後の直線では、位置取り争いを終始優位に進めたボーラ・ハンスグローエのトレインから満を持してアッカーマンが発射された。ベストの形で飛び出したかに見えたが、向かって左側からベネットが伸びてきて一気に抜き去ると、そのままトップでフィニッシュラインを通過した。

しかしベネットは残り1kmを切ってからエミルス・リエピンス(トレック・セガフレード)を肩で押したことが妨害行為として審議対象になり、最終的には降着と裁定された。この結果、2番目に入線したアッカーマンが繰り上げでステージ優勝となった。

個人総合や各賞トップの顔ぶれには変動がなかった。

大会公式動画をチェックするとゴール前でリエピンス(左)を肩で数回押し出すベネットの様子が空撮されている PHOTO:La Vuelta公式動画より

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第9ステージ 結果

ステージ結果

1 パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)
2 ヘルベン・タイッセン(ロット・スーダル)
3 マックス・カンター(サンウェブ)
4 ジャスパー・フィリプセン(UAEチームエミレーツ)
5 ヤコブ・マレツコ(CCCチーム)
6 アレクシー・ルナール(イスラエル・スタートアップネイション)
※1着入線のサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)は妨害行為により降着

マイヨロホ(個人総合成績)

1 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)
2 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) +13秒
3 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +28秒
4 ヒュー・カーシー(イギリス、EFプロサイクリング) +44秒
5 エンリク・マス(モビスター) +1分54秒
6 フェリックス・グロスチャートナー(ボーラ・ハンスグローエ) +3分28秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

モビスター

敢闘賞
スタン・デウルフ(ロット・スーダル)

第9ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load