BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|逃げ職人のウェレンスが今大会2勝目。個人総合上位陣は同一集団フィニッシュ|第14ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は4日、第14ステージがルーゴからオーレンセまでの204.7kmのコースで行われ、ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)が逃げグループ内でのスプリントを制して今大会2勝目を挙げた。個人総合上位陣は同一集団内でフィニッシュし、順位やタイム差に変動はなかった。

50kmを過ぎてようやく7人の強力な逃げグループができる

第14ステージは204.7kmという長距離で行われた。前半は細かい起伏が連続し、中盤以降3つの3級山岳が立て続けに現れる。フィニッシュ地点付近は上り基調かつコーナーの連続でコース幅も狭い。逃げが決まりやすいコースと言えそうだが、終盤まで複数人でもつれる展開になった場合は、仕掛けるタイミングや位置取りの巧拙が勝負の明暗を分けることになりそうだ。

レースは序盤から逃げを試みる選手が次々と現れるものの、決定的な動きがなかなか決まらず、レース開始1時間の平均速度は49.1km/hとかなりのハイペースで推移した。

50km地点付近でようやく今大会第5ステージ勝者のウェレンスやマルク・ソレル(モビスター)、マイケル・ウッズ(EFプロサイクリング)、ゼネク・スティバル(ドゥクーニンク・クイックステップ)らがメイン集団から抜け出し、さらにテイメン・アレンスマン(サンウェブ)らが合流して7人の逃げグループが形成された。

7人とメイン集団とのタイム差は、レース中盤の98km地点で5分30秒ほどに拡大。ウェレンスやソレルなどの逃げ巧者が乗ったグループだけに、逃げ切りでの勝利も考えられる展開だ。

メイン集団が逃げグループを追走するもタイム差を詰め切れず

中盤の3連続の3級山岳は、最初がペリション、2つめをウェレンス、3つめをウッズがそれぞれ先頭通過。山岳賞のポイント争いはギヨーム・マルタン(コフィディス)が大きなリードを保っている。

その後、メイン集団はアスタナやボーラ・ハンスグローエの牽引でペースアップ。続いてトタル・ディレクトエネルジーも牽引に加わって逃げグループとのタイム差を縮めていく。最後の3級山岳の上り口までに逃げグループとの差を2分ほどにまで縮めたが、そこからタイム差が縮まらず、最後の3級山岳のKOMを過ぎたあたりでペースを緩めた。この結果、逃げグループからステージ優勝者が出る可能性が濃厚になった。

ウェレンスが上りスプリントを制してステージ優勝

その頃、逃げグループ内でもステージ優勝に向けた動きが活性化し始めた。最後の3級山岳の下りでソレルとスティバルが先行し、これにウェレンスがついて3人が先行。しばらく先頭グループ3人、追走グループ、メイン集団という構図が続いた。

残り2kmを切ったあたりからステージ勝利を意識した先頭グループの3人が互いに牽制を始めたことでペースダウンすると、追走グループが残り1.5kmを切ったところで追いつき、先頭グループは6人に。勝負は振り出しに戻った。

先頭集団内で膠着状態が続く中、残り500m付近で集団後方からウェレンスが一気に加速して先頭に立つとウッズとスティバルがこれに食らいつき、ソレルが外側から一気に並びかけた。しかし、ウェレンスは先頭を保ったまま踏み続け、猛追するウッズに対して狭いコース幅で連続するコーナーのインを抑えて最短距離で駆け抜け、ウッズに並ばせることなくフィニッシュラインを先頭で駆け抜けた。これでウェレンスは第5ステージに続いて今大会2勝目をマークした。

一方、個人総合の上位陣は、先頭から3分44秒遅れの同一集団内でフィニッシュ。順位やタイム差の変動はなかった。

ブエルタは残すところ4ステージ。今大会最長の230.8kmを走る第15ステージ、1級山岳と2級山岳を含む第16ステージ、カテゴリー山岳が6つ登場し最後は超級山岳フィニッシュの第17ステージと、厳しい山岳ステージが残っている。個人総合争いもこれからが正念場だ。

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第14ステージ 結果

ステージ結果

1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル)
2 マイケル・ウッズ(EFプロサイクリング)
3 ゼネク・スティバル(ドゥクーニンク・クイックステップ)
4 ディラン・ファンバーレ(イネオス・グレナディアス)
5 マルク・ソレル(モビスター) +11秒
6 テイメン・アレンスマン(サンウェブ) +13秒

マイヨロホ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
2 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス) +39秒
3 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +47秒
4 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +1分42秒
5 エンリク・マス(モビスター) +3分23秒
6 ワウト・プールス(バーレーン・マクラーレン) +6分15秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

モビスター

敢闘賞

マルク・ソレル(モビスター)

第14ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load