BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

RIDLEY・FENIX【ニューモデルインプレッション】

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は、エンデュランスロードに求められる剛性と快適性の両立に磨きをかけた、RIDLEY・FENIXに管洋介が乗ってみた。

空力性能を高めたエンデュランスレーサー

1997年の創業と歴史こそ短いものの、ベルギーを代表するブランドとなったリドレー。そのラインナップのなかでフェニックスはエンデュランスとして確かな存在感を放つモデルだ。
そのルーツは2003年にダイヤモンドシェイプチューブを採用したフラッグシップであるダモクレスまでさかのぼる。
ダモクレスは、軽量のヘリウムとエアロのノアという、レーシングの2大巨頭が登場したことでセカンドモデルとして位置づけられるが、2010年モデルでバイクを供給していたカチューシャに在籍していたフィリップ・ポッツァートが、好んで使用するなどリドレーの歴史とともに歩んできた。
現在ダモクレスの名こそ使われなくなってしまったが、象徴ともいえるダイヤモンドシェイプ、つまりダモクレスの血統を受け継いでいるのがフェニックスなのだ。
2021年モデルで大きく進化したフェニックス。エンデュランスロードに求められる剛性と快適性の両立に磨きをかけただけでなく、ノアファストで培ったテクノロジーを生かしてケーブルの完全内装化をはじめとした空気抵抗の軽減を達成した。
ロードバイクに求められるすべての要素をバランスよく備え、エンデュランスの枠を超えたオールラウンドモデルとして登場。プロのクラシックレースからロングライドまで幅広く対応するバイクだ。

ケーブルを完全内装するFステアラーの採用は、空気抵抗を軽減するほか優れたハンドリング性能にも貢献する。

名車ダモクレスから受け継ぐダイヤモンドシェイプチューブはダウンチューブとトップチューブに採用。BBまわりの剛性も向上。

細身ながら高剛性のフロントフォークが的確なハンドリングを可能とした。

シートポストクランプは内蔵され乱気流の発生を抑制。細身のシートステーとシートポストで振動吸収性を高めた。

リドレー
フェニックス

価格:28万円(フレームセット/税抜)
フレーム:30T/24T HMカーボン
フォーク:フルカーボン
コンポーネント:シマノ・アルテグラ
ホイール:ウルサス・ミウラTC37ディスク
ハンドル/ステム:専用ファスト
シートポスト:フォルツァ・シラスプロ
サイズ:XS、S、M
カラー:ブラック×ホワイト×レッド
完成車重量:7.9kg(XS/ペダルレス)
※パーツは試乗車のスペック

IMPRESSION

反応性と安定感を両立したエンデュランスの理想型

高剛性かつ高弾性のカーボン素材の適材適所への配置で反応のいい駆動力と、巡航性能に優れたハイスタビリティを見事に両立している。少し高めのBBハイトはペダリングで生まれるウィップを生かしやすい。後傾のシート角によってポジションの許容範囲が広く、幅広いユーザーに軽快な走りを約束する。
ヘッドまわりの剛性とストレートフォークがシャープなハンドリングを演出し、コーナーの進入でズバッと切り込んでいけるレーシーな乗り味に仕上がっている。それでいてリアバックが落ち着いて追従してくれるためコーナーで車体を倒していても安定感は失われずコントロールできるのが特徴だ。アップダウンとコーナーが続く山道などが得意とするシーンだ。
ロードバイクとしてクライミングから巡航までハイレベルでこなせる基本性能こそがリドレーがエンデュランスに求めたもの。そう感じさせるバイクに仕上がっている。

IMPRESSION RIDER/管洋介

競技歴24年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168cm。

充実のパッケージングが魅力の
アルミエンデュランスモデル「FENIX SLA DISC」

フェニックスシリーズの末弟でスポーツロードバイクの魅力を手ごろな価格で体感できるのがフェニックスSLAディスクだ。耐久性に優れたトリプルバテッド6061アルミフレームには、剛性を最適化する伝統のダイヤモンドシェイプチューブを採用する。振動吸収性に優れ軽量なカーボンフォークの採用によって、シャープなハンドリングも実現した。

フェニックスSLAディスク

価格:20万円(完成車/税抜)
フレーム:トリプルバテッド6061‐T6アルミニウム
コンポ:シマノ・ティアグラ
ハンドル:フォルツァ・ストラトス
ステム・フォルツァ・ストラトス
サイズ:XXS、XS、S、M
カラー:レッド×ブラック
重量:9.6㎏(S/ペダルレス)

グラベルのラインナップがさらに充実!

エアロのノアファストディスクから速く走るための技術をフォードバックしたグラベルロードのラインナップが完成。カンゾースピードは未舗装路を含むツーリングのほか、ロードレース以外の目的を幅広くカバーする。カンゾーアドベンチャーは650Bホイールでエアボリュームの大きなタイヤが使用可能。キャリアやフェンダーの台座も設け、アドベンチャー志向のライドが可能なモデル。そして平日は通勤通学、週末はトレイルを快適に走る仕様としたのがアルミのカンゾーAだ。

カンゾースピード

価格:35万円(完成車/税抜)

カンゾーA

価格:21万円(完成車/税抜)

カンゾーファスト

価格:33万円(フレームセット/税抜)

カンゾーアドベンチャー

価格:34万円(完成車/税抜)

 

問:ミズタニ自転車
https://ridley-bikes.jp

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load